ビースト(ぼくらの)

登録日 :2012/02/05 (日) 11:43:57
更新日 : 2017/03/05 Sun 20:10:48
所要時間 :約 2 分で読めます




Beast

ぼくらの』のアニメ版にのみ登場する敵性怪獣。


スリット数:15
光点の数:12

2戦目の敵であり、ぼくらの子ども達が戦う最初の相手。
この時のジアースの操縦者はワクで、戦いは自然学校がある島近くの海上で行われた。 


見た目は黒く巨大なカマキリ。
腕と脚が二対ずつあり、前一対の腕はそれこそカマキリの鎌のような形をしている。

通常時の背丈はジアースの胸ほどまでしかないが、上体を伸ばすとジアースと同程度あり、二本足で立ち上がれば優に見下ろせるくらいの大きさはある。



●作中の活躍

海中から突如現れた四足歩行のジアースに先手を許してしまうが、
大した打撃力もないレーザーだったためビーストの装甲に弾かれ後方の山を丸々えぐっただけに留まる。


その攻撃を戦闘開始の合図と取ったビーストはジアースに接近をかけ、素早く上体を起こすとジアースにがっしりとしがみついた。

ゼロ距離でレーザーを撃たれようとビーストに効くはずがなく、
二本の大きな鎌、さらに上体から新たに出した一対の横顎状の腕でジアースを挟み込むとそのまま切断しようと力を込める。

だが黒くてデカくて硬いジアースを切断するのは一筋縄ではいかず、手こずっている隙を突かれて反撃を喰らってしまう。


上体を起こした事で露わになった、上半身と下半身を繋ぐ「節」を狙われて三度の膝蹴り。
さらなるジアース渾身の蹴りでついに節は粉々に吹っ飛び、逆にビーストが真っ二つにされてしまった。

勢いで掴んでいた腕も離してしまったビーストは海上に崩れ落ち、核を探すジアースの追撃をこれでもかと受けることになる。


間もなくして核が潰されると、残骸の中で顔のスリットから12個の光が消失。敵の頑強さを侮ったビーストの敗北が決定した。



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/