ジャンク・シンクロン(遊戯王OCG)

登録日 :2011/03/14(月) 20:11:27
更新日 : 2017/08/04 Fri 21:48:56
所要時間 :約 7 分で読めます




ジャンク・シンクロン

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/ATK 1300/DEF 500
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。



ジャンク・シンクロンはスターターデッキで登場したモンスター。

5D'sが始まった当初から扱いやすい効果と恵まれた属性と種族で活躍するチューナーモンスターの象徴とも言える。

自身の効果によりレベル5、4のシンクロモンスターになれる。
レベル5にはハイパーライブラリアンやA・O・J カタストルなど優秀なカードが揃っており、
自らを指定チューナーとするジャンク・ウォリアーも上手く扱えれば強力なモンスターになる。
更にサポートにも恵まれており戦士の生還やダークバーストなどで墓地から、増援や調律でデッキから加えられる。

自身の効果で呼び出したモンスターは効果が無効になる。
この効果では墓地発動は無効化されないのでジャイアントウイルスや見習い魔術師などのリクルーターを呼ぶのもいいだろう。


現在ジャンク・シンクロンを指定チューナーとするモンスターは5体存在する。
  1. ウォリアーシリーズ唯一の星5シンクロで、状況次第で社長の愛人をも軽く越える攻撃力になるジャンク・ウォリアー(レベル5)
  2. 守りにも攻めにも使えるジャンク・ガードナー(レベル6)
  3. 相手のモンスターを除外し確実に一撃を加えられるジャンク・アーチャー(レベル7)
  4. 守備表示モンスターを問答無用で破壊し戦闘にも滅法強いジャンク・バーサーカー(レベル7)
  5. 相手を選ばない万能な除去効果を備え持つジャンク・デストロイヤー(レベル8)


…とレベル5~8までバランス良く揃っている。


また、シンクロンと名の付くモンスターの中で唯一の戦士族。
戦士族サポートを共有したり、不死武士の蘇生の妨げにならず相性も良い。


【アニメの活躍】
アニメでは主人公不動遊星が多用するチューナーモンスターで、彼のデッキの顔。

記念すべき第一話で召喚され、エンジェルリフトにより復活したスピード・ウォリアーと共にジャンクウォリアーとなった。

これ以降ジャンクロン+スピード・ウォリアーは遊星の基本戦術になり、このコンビは過労死コンビと呼ばれた。

ジャンク・ウォリアーとジャンク・シンクロンでスターダスト・ドラゴンになったりと忙しかった。

そしてダークシグナー編終盤、クイック・シンクロンというもうひとつの相方が登場。

少しは出番が少なくなったがVSレクス・ゴドウィン戦ではジャンク・アーチャーになり、VSブレオ戦ではジャンク・デストロイヤーになり勝利に貢献した。

遊星がアクセルシンクロを習得した後は戦術がシューティング・スター・ドラゴンの高速召喚に変化したので出番がほとんどなくなり、
専らシューティングスターのバーサーカーソウルでめくられるだけになった。

そしてVSアンチノミー戦ではジャンク・バーサーカーになるが…。
しかし最終回にて再登場し、ジャンク・ウォリアーとなって遊星を勝利に導いた。


アニメ初期ではモンスター蘇生効果はなかった。

使うようになったのはVS牛尾(3戦目)からである。

ジャックのダーク・リゾネーター、クロウの疾風のゲイルとは闇属性で☆3かつATK1300という部分が共通している。


【相性のいいカード】
  • スピード・ウォリアー
相性というか遊星ファンなら定番の組み合わせ。

  • ボルト・ヘッジホッグ
自分の効果で蘇生するのもよし、ジャンクロンで吊り上げるのもよし。

  • ジャイアントウイルス・素早いモモンガ
自分でリクルートするので使い易く、ジャンクウォリアーの攻撃Upにも使える。

  • ライトロード・ハンター ライコウ
我らがお父さん。
リバースしたら1枚破壊&デッキから3枚落とす優秀な除去カード
使ったあとはジャンクロン共々カオス・ソーサラーのコストにでもしよう。

  • 見習い魔術師
前述の通り墓地で発動する効果は有効なので強制転移とコンボできる。
場と墓地にそれぞれ一体でもいればアーカナイトにもなれる。

  • シンクロフュージョニスト
実質アド0でシンクロできる。
更に墓地の状況にもよるが後続を維持することもできる。
デッキタイプに左右されるが非常に強力。
見習いとも相性がいい。

  • TG ワーウルフ
ジャンクロンの効果で釣り上げたら効果で更にワーウルフが手札から特殊召喚される。

  • ドッペル・ウォリアー
ワーウルフと同じくジャンクロンの釣り上げ後手札から特殊召喚できる星2非チューナー。
自身をシンクロ素材にするとレベル1のトークンを2体特殊召喚でき、ジャンク・ウォリアーの攻撃力上昇や更なるシンクロに繋ぐことができる。

  • ジャンク・サーバント
自分フィールド上にジャンクと名の付くモンスターがいるとき特殊召喚できる。
ジャンクロン+サーバント+星2でお手軽トリシューラ

アーチャーやバーサーカーにもなれる。


昔から遊星を支えてきたモンスター。
最終回と同様、ジャンク・ウォリアーに繋ぐのがベスト。


その他、ガエルガスタ等下級モンスターデッキにおいて、一定の価値があるチューナーであるといえる。


追記・修正よろシンクロン

この項目が面白かったなら……\ポチッと/