機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー

登録日 :2011/06/30(木) 21:40:29
更新日 : 2017/07/05 Wed 17:22:10
所要時間 :約 5 分で読めます


タグ一覧
お父さん、そんなふしだらな真似許しませんよ! ごきげんよう ちょりーすw どうしてこうなった なんだよこの展開… やりたい放題 アデュー☆ アナザーストーリー カオス ガンダム ガンダム00 ジュテ~ム☆ ツッコミどころ満載 ドラマCD ネタが多すぎてタグに困る項目 ハブラレルヤ バック・ジャウアー ボコラレルヤ ボーナストラック 中の人が剥き出し 傷は深いぞ 公式が無法地帯 公式が病気 公式の悪ふざけ 収録が終わったら謝ります!作家が!土下座もさせて頂きます!作家が! 末吉くん 真面目に悪ふざけ 空白の四ヶ月 脚本家の悪意が見えるよ……←色々な意味で 腹筋崩壊 藤原啓治の分 運昇さんの分 遥ちゃん 黒田の暴走 黒田の本気


ちょりーっす!!!

転入生の刹那で〜す!よろしちょりーっすwwwwww





『機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー』とは、『機動戦士ガンダム00』のドラマCDシリーズである。

作風が非常に偏っており、片方は 公式が病気のコメディ 、もう片方は 本編を補足するシリアス なものとなっている。
前者は脚本の黒田洋介氏が暴走した結果であり、本編とはあまりに温度差のある内容に出演者達も困惑したという。



【シリーズ一覧】

MISSION 2306

シリーズ第1弾。
ヴェーダが設定した仮想ミッションに挑む刹那・F・セイエイの視点で描かれる。
ちょりーっすwwwwww 」やティエリアの女装、変態化したグラハム等、後に本編に多大な影響を与えたネタや二次創作を更に増幅させたネタが組み合わさり、
とんでもなくカオスな内容となっている。

ボーナストラック。ハレルヤがやりたい放題をやる話。
詳しくはリンク先を参照。


◆ROAD TO 2307

シリーズ第2弾。2話構成。

  • 天使降臨
ソレスタルビーイングにスカウトされたばかりの刹那を描く。1stシーズン終盤の回想を補足した内容。
暴走はスメラギ・李・ノリエガガンダムファイトレディゴー以外皆無。

ユニオンの次期主力モビルスーツの座を賭けた、フラッグとブラストのコンペティションと、その最中に起きた事件を描く。
ここでグラハムが「 上官殺し 」と揶揄される理由が判明する。
ブラストは後に『00N』でデザインが公開された。


◆COOPERATION 2312

シリーズ第3弾。
本編での時系列はアレルヤ奪還作戦の後。マイスター同士の連携の強化と団結力の向上を目的として行われた仮想ミッションが舞台。何故か刑事モノ。
ちょりーっすwwwwww 」再臨、公式ハブラレルヤ、ブシドー(グラハム)とリボンズの絡み等々、『MISSION 2306』を上回る暴走っぷりを見せた。


◆4 MONTH FOR 2312

シリーズ第4弾。
ブレイク・ピラー後の空白の4ヶ月間を描く。
「ソーマ・ピーリス」に戻ってしまったマリー・パーファシーに対するアレルヤの心配と困惑、ライルとアニュー・リターナーのフラグ確立等、本編では描写不足だった部分を補う場面が多い。
一部の音声はスペシャルエディションⅢ「リターン・ザ・ワールド」にも流用された。


【ブッ壊れたorネタが酷いキャラ】



「ちょりーーっすwwwwww」

潜入調査用の擬似人格タイプ:R-35により 中の人丸出しな ウザキャラに。
『COOPERATION 2312』では殆どの台詞がちょりーっすの変化系だったり語尾にちょりっすが付いたりした。金ジムプラモが出てない事までネタにした。


  • ニール・ディランディ
「お、お父さん、そんなふしだらな真似許しませんよ!」

まさかのお父さん宣言。
刹那をガチホモから引き離す為にハッテン場に加勢したりしたが、それ以外は本編と変わらない。

  • ライル・ディランディ
「黙れチョリス」

主に刹那と行動を共にした。
本編と違って全メンバーとは割と良好な仲。
刹那のメタ発言を止める役割で本編ニールとは別の意味で良いコンビ。



「脚本家の…悪ふざけ、いや…世界の悪意が、見えるようだよ……!」

ハブラレルヤがまさかまさかの公式化。
一人だけニックネームが無かったり、話を聞いて貰えなかったりと扱いが不遇どころの話ではない。
『ハレルヤの日』では……最早何も言うまい。


◆ハレルヤ


「ふゥ~たりィだかァらァ
 信じィ合えェるゥ~のォ
 離ァさァないでェッ!!」

『MISSION 2306』では催眠術により喧嘩番長に。沙慈・クロスロードルイス・ハレヴィに突っかかるも、グラハムにボコボコにやられた。
『ハレルヤの日』ではスメラギさんを 2秒で イかせる超絶テクを披露。
『COOPERATION 2312』では2ndシーズン後期EDを熱唱。またしてもグラハム(ブシドー)にフルボッコにされた。




「御機嫌よう」

『MISSION 2306』で女子学生として潜入する。しかし本編のような変声機は使わず、声優は神谷浩史のまま(しかも裏声)なので、聴いてる我々の腹筋が苦しくなる事この上ない。
『COOPERATION 2312』では対照的にボスとして威厳ある演技を見せた。




「しょ、しょしょしょしょしょ少年!」
「青年のような少年んん!!」

やはりというか当然というか、本物の変態ガチホモと化した。ハム彦だのバック・ジャウアーだの言われる。
潜入しているのに正体を隠そうともせず、性欲に任せて捜査を混乱させる非常に迷惑な存在。そのくせ美味しい所だけは持っていく。
BOSSに撃ち抜かれても死ななかったり、粘液は酸性だったりと『  色 々  』人間ではない事実が判明した。




「さぁ、カモォン」
「カモォ~ン……ジュテーム……☆」

まさかのホモ要員。グラハムとの濃厚なめくるめくひと時を披露した。大型新人自重しろ。




な、何だ…?この、理不尽な追記・修正は……。

フッ。これが…Wiki篭りの実力だよ……。

ッ…訳、分かんねぇ…ぞ……。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/