どこでも大砲

登録日 :2011/12/16 (金) 19:59:33
更新日 : 2017/05/02 Tue 07:51:43
所要時間 :約 5 分で読めます




いや、他にもっと何かあっただろう。

























どこでも大砲 (どこでも-たいほう)

ドラえもんのひみつ道具。

見た目は旧時代の「大砲」そのものである。


付属のモニターで目的地を定め、大砲に飛ばしたいモノを詰めてヒモを引くとその目的地に詰めたモノを飛ばせるというシロモノ。
ハイテクなんだかローテクなんだかよくわからない。
元ネタはサーカスでのパフォーマンス『人間大砲』と思われる。


飛ばすモノは人間でもよく(と言うか作中ではその用途が主)、小太りの中年男性でも使用できる。

撃ち出されたモノは上空最大(たぶん)12000フィートまでをふつうに放物線を描いて飛行しながら目的地に正確に飛んで行く。
目的地には高速で動いている乗り物や個人のデスクの上などかなり正確な指定が可能。

ただ、飛ばせる距離にはやはり限界があるらしく、発射地点が東京都練馬区だとすれば、外国までは飛ばすことはできない。
ということは、東京から発射しても沖縄には行けないということである(東京から韓国やロシアとの国境線は東京~沖縄間よりも近い)。

また、当たり前だが、 途中に障害物があるとぶち当たる。
『続ドラえもん全百科』では、ドラえもんが危険性を証明するために1階からのび太の部屋まで行こうとして
その石頭でドアをぶち抜いてしまい、「壁や扉がある所に行くのには 全く向いていない 」と断言していた。


2011年のアニメでは、新幹線に乗り遅れたパパを送るのに使われた他、のび太を空き地に、しずかのパパに弁当を、ジャイアンを動物園に、
銀行強盗 を交番(で 船のプラモを作っていた警官のデスクの真上 )に送り届けた。

銀行強盗は大砲によって逮捕されたのだ。




◆問題点

  • パパを 走行中の新幹線 に。

うん、 危険 だ。

ド「乗れてよかったね!」
の「涙流して喜んでる!」



  • のび太を空き地に。

着地に失敗 している。
近場のうえに木に当たってるため無事だったが、
長距離だと 危ないとか言うレベルではない。



  • しずかのパパに弁当を



  • ジャイアンを動物園に

なぜか ライオンのオリにダイレクトに。
目的地は綿密に設定しないとこう言うことが起こるのだろう。





◆そもそも、


どこでもドアひとつあれば こんなものいらない。




どこでもドア以外にもいろんなものをいろんな場所に届ける道具は山ほどある。

障害物に阻まれたり、着地に難があるコレをわざわざ使う意義はどこにあるのだろうか。

推測するにこの道具は、どこでもドアがない時代に作られたものだったり、
ジョークグッズの一種なのではなかろうか。

言うなれば、原作ではこれが登場するのは6巻にあたるため、
どこでもドア以外に移動手段となる道具があまりなかったと考えることはできる。

また、設定上ドラえもんのひみつ道具はセワシの子守の報酬として(それ以外にはのび太のママから)貰った小遣いで購入したりレンタルして賄ったものであり、
未来のひみつ道具の中には欠陥品としてリコールされたようなものも存在するので、そうした格安レンタルの欠陥品の類かもしれない。


砲弾をつめれば精密誘導弾として活用できる点はどこでもドアと差別化できる点ではある。
走行中の新幹線を狙撃できるゴルゴ真っ青の精度からして、多分この用途の方が正しい気がしなくもない。

もしくは実際に空を飛ぶのだから最高にハイ! な気分を味わえるのもこれだけである。発射時のG? 着地の衝撃? タケコプター? 知らん知らん。




追記・修正は人間大砲で発射されながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/