デュエル・マスターズ(アニメ)

登録日 :2012/09/16(日) 00:59:41
更新日 : 2017/05/25 Thu 17:01:42
所要時間 :約 5 分で読めます




コロコロコミックで連載されていた松本しげのぶ大先生の漫画デュエル・マスターズ原作、その作中で新たに登場したTCGを題材にしたテレビアニメ。


TCGの誕生に伴いアニメ化された。日本で2番目に放送されたカードゲームアニメであり、初めてクリーチャーの演出にCGが使われたアニメでもある。
遊戯王と共にカードゲームアニメの基礎固めをしたと言っても過言ではない。


しかし一話辺り約15分くらいと短く、他のカードゲームアニメよりもデュエル描写が要約される傾向が強く、基本ルール及びカードの能力を知っている事前提の作りである。
その為TCGを知らない人には楽しめない内容(つまり 初見お断り )になっている。
但し近年では放送時間が30分になったことによって改善されている。
また、「ビクトリー」以降は人物の入れ替えが激しく、「キャラの使い捨て」と非難されやすい。
これらの点については、「デュエル・マスターズVS」から改善が見られ始めたが、旧作設定と矛盾が生じるといった弊害も発生している。カードゲームアニメにはよくある事と言ってしまえばそれまでだが

なおDVD化は無印~チャージを除き今のところされていない。ゼロシリーズはTSUTAYAで期間限定レンタルしていたが、現在は終了。
したがって現時点では第3期以降の視聴が非常に困難になっている。
後に、ニコニコ動画やテレビドガッチ、バンダイチャンネル等の動画配信サイトにて無料で配信が行なわれる事がある(VSシリーズ各第1話は、常時配信中)ため、
この点についてもある程度は解消された。

声優陣にベテランを配する傾向がかなり強く、基本的にレギュラー陣は主演の経験がある声優、もしくはベテラン勢や実力のある声優で占められている。
そのため経験の少ない若手による棒読み演技でシリアスな笑いが発生する…という事がほとんど起こり得ない。劇場版第1作の北陽?知ら管
この傾向はVSシリーズ以降特に強くなり、更にアドリブ演技やメタ発言中の人ネタが行われる事も多くなった。

主人公はデュエル・マスターズ(無印)~クロスショックまでが切札勝舞、デュエル・マスターズ ビクトリー~VSRFまでは切札勝太、
デュエル・マスターズ(2017)からは切札ジョーとなっている。


各シリーズ


第1期「デュエル・マスターズ(無印)」

放送期間 2002/10/21~2003/4/4

記念すべき第一シリーズ。おはスタ内のコーナーの1つとして放送された。
開始当初に地方大会の話が展開され、その後原作の神殿編に突入する。
しかし第4stの黒城凶死郎戦の直前に地上波での放送が打ち切られてしまった。この続きはキッズステーションでの再放送で展開される事になった。
デュエル中にクリーチャーが召喚されたとき、クリーチャーの全身像を見せながら裏設定が説明される。
原作との主な相違点として、当然ながらMagic the Gatheringが存在しない事。勝舞の幼馴染みの真中紗雪が追加。NACがナイトさんに変更。


第2期「デュエル・マスターズチャージ」

放送期間 2004年4月~2006年3月

 前作の続編。原作のバトルアリーナ編~不亞城編のエピソードが展開される。
原作では語られなかった裏話(白凰ホワイトになる瞬間等)も描かれている。
そしてラストは鬱展開で締め括られ、この続きが放送される事はなかった………


第3期「新星紀デュエル・マスターズフラッシュ」

放送期間 2006/4/10~2007/3/26

今作は本編とは異なる近未来が舞台で、主人公は夢見テルになる。
後に別コロでコミカライズが連載される。
前作が鬱展開で終わってしまった事、そして当時のデュエマが「ボルバルマスターズ」とも呼ばれる暗黒時代真っ只中であった事で人気を得られなかった。
その後のシリーズでは、舞台が近未来という事もあって設定や登場人物について全く触れられず、古参ですらこのシリーズの存在を忘れている者が多い。
シリーズの主人公が「切札家」の人間であるため、最近ではこの作品を「外伝作品」として捉える向きもある。


第4期「ゼロ デュエル・マスターズ」

放送期間 2007/4/9~2007/9/28

主人公は勝舞に戻るが、ストーリーは完全オリジナルになりキャラも時系列や設定が前作の続きとは異なる。 海上都市で行われる大会に参加する話。
構築済みデッキがパッケージごと登場する等、宣伝色が更に強くなった。


第5期「デュエル・マスターズ ゼロ」

放送期間 2007/10/6~2008/3/29

前作の続編。勝舞達がプロフェッサーマーチと彼の手下とデュエル魂を巡って戦う話。
今作からおはコロ内の放送になり、5分だった放送時間が15分くらいに伸びる。
そしてクリーチャーだけでなく、人間キャラクターまでがCGになってしまった。この仕様は6年後の「デュエル・マスターズVS」まで続いた。


第6期「デュエル・マスターズクロス」

放送期間 2008/4/5~2010/3/28

原作FEのプロットがベースで、ザキラ率いるガルドとの戦いを描いた話。
今作からハイビジョン放送になり、放送期間が一番長い。
また遊戯王のKONAMIが「デュエル」という言葉を登録商標にした為、「デュエマ」と呼ぶようになった


第7期「デュエル・マスターズクロスショック」

放送期間 2010/4/3~2011/3/26

勝舞が主人公を担った最後のシリーズ。
前半は世界大会の続きが放送され。後半は覚醒編の背景ストーリーをベースにした、勝舞達がクリーチャー世界を冒険する話になる。
劇場版XXのキャラがメインに登場する

因みに今作で初めて主題歌のCDがリリースされた。


第8期「デュエル・マスターズ ビクトリー

放送期間 2011/4/2~2012/3/31

完全リニューアルされる。主人公が勝舞の弟の勝太になり、作風がギャグメインになる。
アマチュアデュエリストの勝太がエイリアン三人組と戦う話。
途中で番組内アニメから孤立して、普通の15分アニメになりEDも導入される。


第9期「デュエル・マスターズ ビクトリーV」

放送期間 2012/4/7~2013/3/30

勝太の通う小学校の5年2組のクラスメイト達とのデュエマライフ、中盤はアンノウン軍団ヤラシとの闘いを描き、終盤はクラスメイト全員によるトライワールドでのデュエマ大会が開催される。
ナレーターが説明をしながらクリーチャーの全体像を見せるシーンが復活した。


第10期「デュエル・マスターズ ビクトリーV3

放送期間 2013/4/6〜2014/3/29

12年の時を経て、ようやく30分アニメになった。
ヒロインの零(原作では男の子でゼロという名前)とデュエマ探偵団を結成し
相棒カツドン達の力を借り暴走したカードを仲間にしながらオラクルと戦う
温泉に行ってもつかるのは足湯という健全な子供向けアニメである


第11期「デュエル・マスターズVS(バーサス)」

放送期間 2014/4/5〜2015/3/28

前作から2年後、中学生になった勝太が再会した幼馴染の滝川るる達と共に、デュエマ甲子園優勝を目指す。
『ゼロ』から続いていたトゥーンレンダリングが廃止され、手書きアニメに戻った。
ストーリーも、パロディや「天の声がしゃしゃり出る」というギャグメインの展開が多くなった。
ニコニコ動画での配信や主に四天王の一人サソリやアイドル皇帝・襟斗先輩のキャラ、更にパロディネタの多さや風刺ネタによる大きいお友達向けの描写等、
対象年齢を少し引き上げたと思わしき点が多いのも特徴。
また、ヒロインの声優に丹下桜を、レギュラー・準レギュラー達にベテラン声優を配する、前シリーズ主人公にして勝太の兄・勝舞の声優に同業他社のアニメでも
兄さんを演じた声優を配する等、 無駄遣い とも言える豪華声優陣は話題となった。
そして続編「デュエル・マスターズVSR」はサソリ等一部を除き、登場人物がほぼ全員レギュラー・準レギュラーのまま続投となった。

この作品から作風が大きく変わった事、後のシリーズタイトルに「VS」と付く事から、これ以降の作品を「 VSシリーズ 」と呼び
「ビクトリーシリーズ」と区別する視聴者も少なくない。


第12期「デュエル・マスターズVSR(バーサスレボリューション)」

放送期間 2015/4/5〜2016/3/26

勝太達の街に突如現れた巨大テーマパーク・デュエマーランド。
そこで勝太達は、謎のカード「侵略カード」を使う凶悪デュエリスト達の野望を阻止するために、新たなカード「革命カード」を手に
新しかりし戦いへと挑む。
前作と同じノリ&登場人物続投のまま始まった新ストーリー。放送日が土曜日から日曜日に変更となった。
公式が手の込んだ自殺。今回もパロディ要素満載。


第13期「デュエル・マスターズVSRF(バーサスレボリューションファイナル)」

放送期間 2016/4/3〜2017/3/26

「デュエル・マスターズVSR」の直接的な続編であり、新環境「革命ファイナル」をフィーチャーした作品にして、勝太編の最終章でもある。
予告映像では、ハムカツがストーリーに関わってくる事やVSRのライバルデュエリストである赤城山バサラの続投、漫画版で一足先に登場したNo.2が新キャラクターとして登場、そして「ビクトリーV」のライバルデュエリストであった百獣レオの再登場が紹介されていた。
夏休み回での1か月半に渡る公式が病気回シリーズ等のギャグ回と、バサラ&No.2によるシリアス回との落差が非常に激しいのが特徴。
3クール目にてレアキラーズ編を終え、4クールからは切札ジョーの幼少期と主要人物達のその後を描いた話が放送された。


第14期「デュエル・マスターズ

放送期間 2017/4/2〜放送中

勝太とるるの息子・切札ジョーが主人公となり、彼が生み出した新文明『ジョーカーズ』と共に
「デュエルマスター」を目指して成長していく。
監督、制作会社はどちらもVSシリーズからの続投で佐々木忍氏とアセンションが担当。
コンセプトである「原点回帰」に則り、「デュエルマスター」や「真のデュエル」といった要素が復活しており、ストーリーもややシリアス路線。
女性レギュラー陣が丹下桜・豊崎愛生釘宮理恵とやたら豪華なのも話題に。



【劇場版】



他のコロコロアニメと同時上映する形で映画化される。
特に1、2作目は映画ランキングで初登場一位を修めるくらいの人気ぶりだった。




みんな、追記・修正しようぜ!! BY勝舞

この項目が面白かったなら……\ポチッと/