マーリン(DQⅤ)

登録日 :2010/09/11(土) 23:01:27
更新日 : 2016/02/17 Wed 08:25:11
所要時間 :約 2 分で読めます




DQⅤにおける仲間モンスター。

CV 佐藤政治(CDシアター)

まほうつかいが仲間になるとこの名前になる。最短でポートセルミ周辺で仲間にできる。かなり仲間になりやすく、気付いたら起き上がっていることも多い。
名前の通り典型的な魔法使いタイプであり、またレベル上限も99と高く、最終的にHP、MPともに500を超えてくる。この域に達するのはモンスターではマーリンを除けばバトラータークだけである。コイツの潜在能力がご理解いただけただろうか。

だが悲しいかなその高いMPを生かせる魔法がないのが悔やまれる。メラ系とギラ系を使いこなすが最高呪文がベギラゴンというのが…。せめて メラゾーマ が使えれば…。
結果的にベギラゴンではイマイチ火力に欠け、力はそれほど高くないためダメージソースとしては力不足と言わざるをえない。
初期ステータスも厳しいものがあるため、最初は馬車に入れておき、ベギラマを覚えるLv12くらいになれば使ってあげよう。

まぁコドランがいたら完全にお払い箱なんだけどね…。



昔、4コマで「マーリン」という女の子のような名前にモンじいが妄想を膨らませ、いざ預かってみたら…というネタがあったような気がする。
他にも「キャシー」「サーラ」「エミリー」など名前だけ聞けば可愛い女の子を想像する奴らが多いが実際は…。

現実とは残酷なものである。
そもそもマーリンの名前の由来は、アーサー王物語に登場する魔法使いの名前から来ている。
小説版では水のリングを探しに行く辺りでいつの間にか仲間になっておりスライムナイトのピエールと同じくパーティの参謀役。
戦闘では火炎呪文を使い味方をサポートするが火喰い鳥にメラミをぶつけるなど大胆な攻撃もする。

デモンズタワー戦ではタワーの下で待機し主人公リュカ達を待つ。
リュカとビアンカが石像になっている間はピエールと共にリュカの子供達の教師となり子供達からも先生と呼ばれる様になる。
ちなみにリュカの娘ポピーはマーリンの一番弟子。

イブール戦ではピンチに陥った状況に対しリュカの息子ティミーにフバーハ、キラーパンサーのプックルに凍てつく波動を指示し逆転のきっかけを作る。
CDシアター版ではイブールにベギラゴンで応戦。
その後目立った活躍はなかったがマーリンの活躍は大きくパーティに貢献した働きを見せた。
明らかにゲーム本編より活躍しているが気にしない。



追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/