DARKER THAN BLACK -流星の双子-

登録日 :2009/10/13(火) 23:23:45
更新日 : 2017/01/26 Thu 00:00:49
所要時間 :約 7 分で読めます




2009年10月より放送されたアニメ。
OP:ツキアカリのミチシルベ/ステレオポニー
ED:From Dusk Till Dawn/abingdon boys school

『双子』と書いて『ジェミニ』と読む。

2007年屈指の名作『DARKER THAN BLACK -黒の契約者-』の第二期。

発表当初は「学園モノ」と銘打たれ、前作とあまりに違う雰囲気から少々出来が不安視されていたが、1話Bパートからあの後味の悪い嫌な空気が再来した。

スタッフは基本的に同じだが、管野よう子が参加していない。


◆ストーリー
『東京エクスプロージョン』───【“組織”】と【イブニング・プリムローズ】による契約者の存亡を賭けた戦争が勃発したその夜、
ロシア・ウラジオストクに住む少女「蘇芳」は家族と共に隕石の落下に巻き込まれる。その影響で、彼女の双子の弟「紫苑」は契約者となった。
それから2年。家族関係に亀裂が生じつつも、蘇芳は元気に学校生活を送っていた。しかしある日、親友のターニャが能力を行使するのを目撃。
同日、父の研究所にガサ入れが入り、自宅で父が何者かに殺害される所に居合わせる。
また、時を同じくして「黒の死神」こと最強の契約者『BK-201』がウラジオストクに出現。彼の目的は───?


◆用語
基本的なものはDARKER THAN BLACK -黒の契約者-の項目を参照。

〇流星核
紫苑が所持しているとされるが、蘇芳がお守りとして紫苑から託されたペンダントがこれ。
黒が喪失者になった際、黒から出た電撃(?)を吸収するような描写があるなど謎の多いアイテム。

〇三号機関
日本の総務省を隠れ蓑とし、“組織”の残党狩りを目的とする秘密組織。
外伝の時点で“組織”は存在しているため、その後何らかの形で崩壊したか、三号機関自体が嘘をついているのかのどちらか。



〇紫苑・パヴリチェンコ
(CV:桑島法子)
蘇芳の双子の弟。
合理主義を貫く典型的な契約者。基本的に契約者は発見されると国家機関に連行されるが、彼は自宅で軟禁されている。
物事に無関心だが、姉には情愛を見せる。
7話で再登場。目的は未だ不明。
契約能力『コピー創造』
創ったモノには何かしらの相違が生じる。
契約対価『足の自由を失う』
だが第1話途中に立ち上がり、「対価は払い終えたんだ」と発言した。創ったモノのスペックにより期間が変わると思われる。

黒(ヘイ)
(CV:木内秀信)
何があったのか、無精髭が生え、大酒を飲むなど、かなり荒んだ生活を送っている。

〇パヴリチェンコ博士
(CV:堀勝之祐)
双子の父。ME技術(記憶消去技術)研究の第一人者。妻とは離婚している。
男手一つで二人を養い、それなりに幸せな生活を送っていたが、紫苑が契約者になってから家族関係に亀裂が生じる。
MI6の保護対象第2位だったが、エイプリルの到着前に「もう用はない」として黒によって抹殺された。筈だったが…

〇エイプリル
(CV:本田貴子)
MI6のエージェント。
ノーベンバー11のかつての相棒。
感情の気薄化は薄いらしく、よく冗談や皮肉を言う他、ジュライに対して仲間意識を持っている。
本編開始前からパヴリチェンコ博士の研究所に『ベラ』という偽名を使って潜り込んでおり、有事の際に博士と紫苑を連れ出すことを任務としていた。しかし…
契約能力『水分を集める』
前作では専ら雨雲を作り出していたが、本作では「相手の頭部を水で覆う」という新たな使い方を見せた。
契約対価『飲酒』

オーガスト7
(CV:松風雅也)
MI6のエージェント。
「マジシャン」の異名を持つ契約者。
派手な赤いコートとシルクハットが特徴の銀髪ロングのイケメン。残念ながら某赤ザコと同じ結末に…なってなかった。
契約能力『空間歪曲』
周囲の空間を歪め、四次元ポケット化する能力。不意打ちでない限り物理攻撃も無効化できる。
契約対価『マジックの種を明かす』
マジシャンである彼にとっては拷問のようだ。

〇ジュライ
(CV:浅井清己)
MI6のエージェント。
ガラスと金属を媒介とするショタドール。
銀と同じく、僅かながらも自分の意志を見せた珍しいドール。
まさかのメイン昇格を果たし、黒らと行動を共にする。銀と同じ指笑顔もやってのけた。

鎮目弦馬
(CV:三宅健太)
三号機関所属の契約者。
感情の希薄化が殆どないのかと思うほど、セクハラ発言を連発する変態。実はショタコンの真性の変態。CIAにつき葉月に殺された。
設定上では古武道を会得しているらしいが、どう見ても活かせていない。
契約能力『硬化』
周囲の物質を纏う。
契約対価『お灸』

葉月水無
(CV:斎賀みつき)
三号機関所属の契約者。
目がヤバいスレンダーのねーちゃん。
黒と正面から斬り結ぶ程の戦闘力を持つ。
契約能力『白刃精製』
物体を白刃に変化させる。
契約対価『男性にキスする』
本人はガチレズ。そのため鎮目にキスした後、「口直し」として沢崎にもキスする。

〇沢崎耀子
(CV:吉住梢)
三号機関のメンバー。一般人。
鎮目と葉月の補佐だが、個性的な2人にいつも振り回されている。おっぱい要員。
黒に拉致られ拷問された後、鎮目によって惨殺される。

〇霧原未咲
(CV:水樹奈々)
中の人と同じく三十路に近づいてきた元外事四課課長。
八丈島に左遷されたが、後に三号機関へとスカウトされ、エージェントとして働くことに。葉月に性的な意味で狙われている。
漆黒の花で部長命令を無視してヤバい一件に首を突っ込んでいるため、これが左遷の原因と思われる。

ゴラン
(CV:真殿光昭)
シリーズ最高クラスのネタキャラ。
バーガーさん。

〇ターニャ・アクロウ
(CV:石井由衣)
蘇芳の親友。おっぱい要員だったが、ニカと付き合い始めた翌日に契約者に転生。友人達を拒絶し、FSBによって連行されていった。
3話でエグすぎる殺し方を習得して再登場。
蘇芳と同学年なので13歳。その年でそのおっぱい……どこの愛沢さんですか。
契約能力『虫の操作』
可愛らしい容姿とナイスおっぱいに反してなかなかキモい能力。
ゴキブリがメイン。
契約対価『髪の毛を抜く』
美しい髪がっ…!

ニカ・ロバノフ
(CV:坂巻亮祐)
いい漢である。
シリーズ最悪な最期を遂げた人。

猫(マオ)
(CV:沢木郁也)
我らがフェルナンデス。現在は蘇芳のペットのペーチャに憑依している。
前作最終局面にて、猫の脳の不足分を補っていた“組織”のサーバーとのリンクを切られ、
動物本能に自我が飲み込まれて消滅……したかに思われたが、3話にて無事が確認された。
記憶自体は外部サーバーに保存されているため、定期バックアップで復活できるんだとか。
実は1話からバックアップの猫姿で登場していたが、モモンガに乗り換えた。
黒と同じ組織に拾われ、連絡役として合流。以後、再びチームを組む。
足首フェチであることが最近明かされた。また、昔の肉体はナイスミドルなおっさんだった。
契約能力『憑依(動物限定)』

銀(イン)
(CV:福圓美里)
銀髪紫眼でロリロリな美少女ドール。
本作のキーパーソン。
三号機関が有する『イザナミ』の正体。箱の中に捕らわれているが意識はあるらしく、観測霊を飛ばしている。
黒とは恋人の域までに進展していたっぽい。
人型観測霊を操る他、契約者の能力を掌握して自殺させる能力を有している。ショートカットの銀についての詳細は不明。

○小林悟朗
(CV:大友龍三郎)
三号機関課長。
通称ゴルゴ13。


追記・修正は コピー を使わずに お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/