石渡太輔

登録日 :2010/07/19(月) 17:25:17
更新日 : 2016/08/04 Thu 10:05:28
所要時間 :約 4 分で読めます




アークシステムワークス所属のキャラクターデザイナー兼イラストレーター兼ミュージシャン兼お茶汲み係兼声優。



1973年8月14日、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ生まれ。42歳。
アミューズメントメディア総合学院ゲームクリエイター学科卒。

ファンからの愛称は 『右渡』『ミギー』 など。


ギルティギアシリーズの生みの親として有名。
キャラクターデザイン・設定・メインイラスト・ストーリープロット・BGM・ソルの声優など制作の全面に関わる。
杉田智和からその多才さを聞いた近藤佳奈子今井麻美は驚愕していた。

しかしアーケード版のみで家庭用にはほとんど関わっていない。本人曰わく「コンシューマーには興味がない」


ロックをこよなく愛し、ギルティギアに登場するキャラや技もロックから引用した名前が多い。
ジャギジャギした音にこだわりを持っている。



【音楽】
ギルティギアではメタル系の曲が多く、生演奏は 人間に優しくない と言われる程に激しい。
石渡が入社する前から暖めていた曲もあり、一番初めに作った曲はミリアのテーマ『Writhe In Pain』

BLAZBLUEではサウンドディレクターを担当。
音楽に専念していたためか、クラシック調や中華風、コミカルやジャズ系などバラエティーに富んでいる。

歌付きの曲を作った経験が無く、BLAZBLUEで初めて歌謡曲を作曲をした。
この歌謡曲とはシシガミ=バングの風林火山発動時に流れる曲、 バーンバンバンバーン で有名な「お前の鉄槌に釘を打て」のこと。


【イラスト】
斬新な構図と独特のタッチが人気が高く、三度画集が発売された。
普段のタッチとは違う、アメリカの幼児アニメのようなタッチも描ける。

しかし大人数を描くのが苦手で、一枚のイラストに多くて3、4人程度しか描かれない。


【声優】
ソル=バッドガイの声優を担当。渋い声に人気が高い。

しかし本人は不本意なようで「プロの声優のような演技はできない」「素人が声優さんと対等に掛け合いをするのは失礼」として、
GGXXのストーリーモードとGG2では担当声優から外れている。
ちなみにソルの声を担当した理由は制作費が予算オーバーし、声優を呼ぶ金がなくなったので仕方がなくである。

しかし人気がでてしまった為に、X・XXシリーズでもソルの声を担当することになったとか。

GGXの収録の際もトイレに逃げ込み、緊張をごまかすために自分の番までそこで小声で「ヴォルカニックバイパー……」と必死に練習したらしい。
それでも駄目だったので、最後はアルコールをがっぷり飲んで、酔いの勢いを借りたという。声が甲高くなってしまったのはそのためらしい。


石渡バッドガイ復活を望む声も多いが、本人が封印宣言をしているため望みは薄い。

バトルファンタジアではフリードを担当。



【関連作品】
イラスト、ストーリー、BGM、ソルの声など

  • バトルファンタジア
フリードの声

サウンドディレクター、アンソロジーの裏表紙

コミックマーケット76出展スティックポスター(秋月律子)

  • 三国志大戦DS
馬岱のデザイン

  • ディメンション・ゼロ
カードイラスト


【出演】
  • カフェ・ド・アーク
  • ギルティギアのwebラジオかもしれない
  • ゲームの食卓
  • ぶるらじ
  • アルカディア『アークシステムワークス突撃取材』
  • アミューズメント学院のCM



追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/