東郷雅一

登録日 :2011/05/09(月) 03:03:56
更新日 : 2016/10/13 Thu 17:59:52
所要時間 :約 3 分で読めます




東郷雅一は、スクールランブルの登場人物である。
CVは安元洋貴。

自称「テキサスの暴れ馬」だが、アメリカにいたことはない。
しかし過去にはロシアに4年、ドイツに2年、イギリスに3年滞在するなど海外経験は豊富。
生粋の日本人だが、17歳にして人生の半分を海外で過ごす筋金入りの帰国子女。

父は滅多に家に(というか日本に)帰らず、たまの帰宅では十人程の影武者を連れて来る。
これは暗殺を防ぐためで、実際に命を狙うスパイが家に現れるエピソードも描かれた。
母の所在は不明。
妹の榛名は雅一に似ても似つかない美少女。
いやラン……雅一もイケメンだけどね。
常に芝居がかった熱苦しい話し方をするが、それは小さいころから西部劇のビデオを観て育ったからだとか。


○人物

「東郷雅一の半分は果てしない情熱で出来ています。
残りの半分は不屈の闘志で出来ています。
そのまた半分はゆるぎない信念で出来ています。
さらにさらに半分は煮えたぎる勇気で出来ていおります。
今ならお得その半分は溢れ出る慈愛の心で出来ています。
お客さんお目が高いねえ!
その半分は「お兄ちゃんうるさいっ!」
−−コミックス12巻より

  • 情熱
東郷雅一の情熱は、あらゆるアイディアを具現化する。
「特攻野郎Dチーム」を結成した東郷は、最新のVFXを駆使し、学年全体の学級費を注ぎ込んだ「卒業アルバム」を制作した。
元SASの傭兵部隊に拐われた花嫁を奪還せよ!
“フォーチュン・ペーパー”をめぐる愛と陰謀の一大スペクタクル超大作!
果してDチームは清水寺爆破のタイムリミットに間に合うのか!?
全三部作。

  • 闘志
東郷雅一の闘志は、対する相手が強力なほど激しく燃え上がる。
東郷は2-Cを腑抜けと思っていた。
体育祭最終種目、240対245C組ビハインド。
クラス対抗リレーの最終走者へと繋ぐバトン。
東郷は背後から迫るプレッシャーに怯え、そして、奮えていた。

  • 信念
東郷雅一の信念は、いかなる障害にも屈しない。
空港へと続く一本のハイウェイ。
そこには愛する人を送るべく鋼鉄の馬を駆る漢の姿があった。
しかしその行く手を阻もうとする一台のパトカー。
かつての戦友、そして好敵手のため、東郷雅一は国家権力に立ち向かう。

  • 勇気
東郷雅一の勇気は、いかなる相手にも屈しない。
東郷家は代々続く由緒ある軍門の家系である。
ゆえにその命を狙うものは多く、子供でさえも容赦はない。
東郷は、そんな状況にも決して屈さず自らの日課を果し続ける。

  • 慈愛
東郷雅一の慈愛は、全てのものを守るためにある。
力だけでは暴虐だ。
愛だけでは守れない。
愛する家族を守るため、東郷は今日も背中に妹を載せて腕立て伏せに励む。







※この作品はラブコメディーです。








絵柄は常にハードボイルド。
言動と共に周りから浮きまくっているが、当の本人は全く気にしないどころか楽しんでいるようだ。
ファイティングポーズで表紙を飾るなど武闘派な彼だが、漫画で実際に戦ったシーンはない。
きっとそれを隠れみのに、影の世界では日夜激しい戦いを繰り広げているのだろう……。








東郷雅一の項目の半分はあなたの追記・修正で出来ています。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/