こんにちは根岸

登録日 :2010/02/11(木) 15:32:47
更新日 : 2015/10/04 Sun 18:47:29
所要時間 :約 3 分で読めます




芸能界におけるリアクション芸人の立ち位置を確立した偉大な芸人である。
デニムの上下揃えた服装が特徴だが、プライベートでもこの姿で目撃例が多数あるため、どうやら私服のようだ。
TV出演の歴史は古く、「ひょうきん族」時代から出演しており、現在までストイックに活動をしている。

しかしながら、当時の根岸が出演したVTRは殆ど残されておらず人々の記憶の中にのみ残っている。
90年代は自らのリアクション芸の甘さを見直し改良するとともに、新人芸人達にリアクション芸を指導するなど、陰から芸能界を支えていた。
ちなみに、この時期の根岸から直々に指導を受けて、その後活躍している芸人は数多い。
リアクション芸の第一線で活躍しているダチョウ倶楽部や出川哲朗、最近ではFUJIWARAらも彼の指導を受けていたという。
ダチョウ倶楽部の十八番である熱々おでん芸、ゴムパッチン、熱湯風呂も元々は根岸が生み出した物であり、
ダチョウ倶楽部は根岸に敬意をこめて、肉体的に厳しくなった今でも続けている。

また、彼の「ちょ~っと待ってくださいよ~!」は当時を知らない子供でも使っているほど有名であり、今でも日常的に使われている。
その他にも「こんにちは~」と右手を高く上げ首を水平に動かすつかみギャグを持つが、オフの時はファンにふられてもやらないらしい。
だが美人のファンやディレクター相手だと全力でやるという、人を選ぶ態度には少々批判がある。
息子が一人いるが、現場に息子をつれてくることが度々ある。ちなみに母親と瓜二つ。

ちなみにダチョウ倶楽部と根岸が一緒に出演したのはレッドシアターが最初で最後であり、
まさに奇跡の共演という事でファンから絶大な支持をうけており、某動画サイトの視聴数ランキングでは三日もの間1位を守るという逸話を残している。
しかしながら現在は権利者によって削除されてしまい動画は存在していないので彼等の勇姿を見る事は叶わないので悪しからず。


また余談ではあるがダチョウ倶楽部が広めたと言われる芸人のフリ「いいか! 絶対押すなよ!」は彼等が考えた物ではなく、
根岸が一度だけ使った「ちょっ、押すな押すな~!」をオマージュして作られたものである。

なおフリをスカす技術を生み出したのは根岸ではなくダチョウ倶楽部である。
動物と触れ合うリアクション芸も得意としており、腕に着けたねこじゃらしを使ってライオンを手なずけたりも出来る。

根岸七道具と言いながらも七個以上あるのにツッコんではいけない。 鷹を手なずける時に既に七つ越えてるとか言ってはいけない。


以下重大なネタバレ











フジテレビ系列の番組爆笑レッドシアターにてロッチのコカドケンタロウが演じた芸人である。
番組内で人気が出た為、後にコーナーを任される。
リアクションに不慣れなコカドにとってはハイレベルなシチュエーションでの笑いをスタッフから求められており、
あまりの辛さからコカドは、

「根岸殺そうかな……」

とボソッと呟いた。しかし、長澤まさみに初めて会った時「こんにちは~」と挨拶され、とてもうれしかったらしい。
ちなみに中岡の十文字さんと同様に、根岸もコカドとは別人ということになっている。







「追記・修正っすか!? ちょ~っと待ってくださいよ~!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/