ケイスケ(女神異聞録デビルサバイバー)

登録日 :2012/02/06(月) 19:51:15
更新日 : 2016/09/12 Mon 16:53:17
所要時間 :約 4 分で読めます





誰もやらないなら、ボクが裁いてやる…。





本名:高城圭介
HN:K-T
CV:成瀬誠(ドラマCD)
  梶裕貴(オーバークロック)
身長:171cm
体重:52kg
血液型:A
年齢:17歳
誕生日:5月2日(おうし座)
よく聴く音楽のジャンル:テクノ、J-POP



パッと見た感じはやや暗そうな性格に見えるが、本来は正義感が強く快活な性格。
しかし高校進学後に虐められていたのを助けた級友に裏切られたことでやや自暴自棄になっている。
アツロウの中学時代の友人かつ虐められていたアツロウを救った恩人。
頭の回転が早く封鎖の違和感にかなり早い段階で気付いていた。


1日目に新宿で主人公・アツロウ・ユズと会ったが、彼らの寿命が0になっているのを見て逃げてしまう。
その後秋葉原で死を回避した主人公達にまた会い、COMPの充電器を売っている場所と封鎖内の寿命の事を教えた後に逃げた罪悪感からその場を去ってしまう。
2日目に池袋でミドリ共々死ぬ運命にあった彼を主人公達が救い、3日目に助けてくれたお礼とミドリを助ける為として主人公パーティのメンバーの一員として同行するが…
ちなみにミドリに対して色々気遣っているのはひとつ年下の妹の姿を彼女に重ねて見ているからである。



■戦闘面
戦闘では速さに特化したキャラ。全リーダー中一番速く行動力も主人公に次いで2番目に高い(行動力55)。
が、体のパラメータが全リーダー中最も低くHP倍率も男性キャラでは最下位な為集中攻撃を喰らうとあっさりやられることも。物理対策はしっかりと。
力もそこそこ伸びるが魔力の方が伸びるので敵の先手を取って状態異常を与えたり乱舞で数を減らしたりするなど切り込み役としての運用するのがオススメ。
オーバークロックでは状態異常の付与率を上げるグリモアと相手より早ければ早いほど攻撃回数が増える全体物理攻撃の千烈突きが追加されてさらに使い勝手が良くなった。



以下ネタバレ
4日目でラプラスメールでミドリが助けた民間人によって殺されると予知されていたことに自らの境遇を重ねて激怒、パーティーを去ってしまう。
その後ミドリを殺そうとした民間人が逃げようとした所にあらわれ、「恩を仇で返すような悪人を裁きたい」という強い思いから地獄の裁判官であるヤマを呼び出す。
それからは封鎖内の悪人をヤマと共に裁いてまわりカイドーのグループの人間を裁いて殺してしまったことから、ケジメをつけさせる為にカイドーから狙われることになる。



以下、更にネタバレ







5日目にラプラスメールにカイドーによって殺されると予知されていて、その少し前にクドラクにマリが殺されるという予知を同時にされる。
二人の死亡を回避する為には、


カイドーにマリのバッグを渡してケイスケを説得する為の時間を稼ぐ。

マリがクドラクに止めを刺すのを手伝う。

ケイスケを正気に戻す為にヤマを倒す。

という手順を踏まなくてはならない。


説得が間に合わなかった場合はカイドーと戦って敗北し、主人公達の目の前でパズスによって丸焼きにされる。
この時のドット絵がやたらぬるぬる動く。
…ていうかLV35のパズスにLV45のヤマがほぼフルボッコにされてるのは何故なのだろうか?


また、説得する時間があった場合でも説得せずにその場だけケイスケをごまかそうとするとケイスケは仲間になるがそのことに怒ったミドリが離脱する。


ケイスケのやり方には色々と問題はあるものの、裁こうとした相手が罪状が分かっている者に関しては真性のクズばかりなどということもあり賛否両論である。
(人を殺して一度主人公達に止められたのにも関わらずすぐに再犯をした警官、食事を恵もうとしたお婆さんを殴り殺して食料を奪った者達など)




ケイスケが死亡した場合、力に飲まれたせいで死んだケイスケをみて悪魔の力を制御出来る自信をアツロウが無くし、アツロウルートに行けなくなる。
なお、ハルも死亡していた場合はこの時点でユズルートが確定する。
ケイスケをごまかした場合、アツロウルートには行けるが、カイドー&ミドリとの戦いでカイドーとミドリのCOMPを破壊してしまう。その事でカイドーは戦う自信を無くし、カイドー・ナオヤルートに行けなくなる。


ケイスケ「さあ、裁きの時だよ?Wikiの裁判官である冥殿に、キミの罪を聞いてみようか…。」

(冥ω殿)「その方、追記・修正をすべき身にありながら勤めを果たさず、あまつさえ立て逃げをする始末…。被告人を、死刑に処す…!」

魔神覚醒+火炎激化+アギダイン

荒らし「ぎゃああああああ!!!」



この項目が面白かったなら……\ポチッと/