砕け得ぬ闇(アンブレイカブル・ダーク)

登録日 :2012/01/01 (日) 16:31:28
更新日 : 2017/06/10 Sat 16:10:16
所要時間 :約 6 分で読めます





システム「アンブレイカブル・ダーク」正常作動。




砕け得ぬ闇?.png
出典:魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-、ウィッチクラフト、バンダイナムコゲームス、
©都築真紀 ©2011 NBGI、2011年12月22日




魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE THE GEARS OF DESTINYに登場。
闇の書の奥底に封印されていた、特定魔力の無限連環プログラム。
「砕け得ぬ闇」「システムU-D(アンブレイカブル・ダーク)」と呼ばれる。

誰にも制御できず、自身の復活が及ぼす悪影響を危惧して、
自身のシステムを他のシステムから遮断して隠遮していたため、
その存在は闇の書の管制人格であるリインフォースでさえ把握していなかった。

闇の書の残滓とともに闇の書から切り離され、マテリアルズとキリエの手によって復活した。





我の記憶が確かなら、その姿は「大いなる翼」!
名前からして戦船か、あるいは体外強化装備か――






ユーリ2.jpg
出典:魔法少女リリカルなのはINNOCENT、ユビキタスエンターテインメント、DeNA 、
2013年3月31日から稼働、© NANOHA INNOCENT PROJECT

その姿は、ゆるふわウェーブの金髪幼女。へそ出しルックと長袖からちょこんと見える指がかわいい。

また、胸は ない 。小さいのではなく、 無い
設定画には都築氏直々の注意書きがあり、作監も原画チェックの際に胸の影を全部消していったという徹底っぷり。

手持ちの武器は無く、燃え立つ「魄翼」を自在に変化させて戦闘を行う。

このとおり、シュテル達のような構築体(マテリアル)とは異なり、外見は他のキャラには似ていない。

前作には「砕け得ぬ闇」の単語のみ登場していたが、
実はこの時点でデザインもされていた。ただし、だいぶ違う見た目だったようだ。



システムU-Dは永遠結晶『エグザミア』と呼ばれる物をコアとしている。
これを『紫天の書』と呼ばれる別のプログラム(ディアーチェが所持している魔導書)で制御、夜天の書を乗っ取るために組み込まれたが、
すぐに防衛プログラムに上書きされてしまったため長い間休眠状態にあった。

性格は優しく素直であるが、自分の復活が周囲に無差別な破壊をもたらすことを自覚しているため、
干渉してくる全ての人を拒む形で戦いを避けている。

しかし暴走状態に移行した場合は人格が変わり、シュテル曰く「自分の意思で破壊を始める」とのこと。

実力ははやてやリインフォースを5~6%の出力で苦戦させ、トリプルブレイカー並の威力を受けて少し痛い程度という凄まじいモノ。
ヴォルケンリッター曰く「我らが束になっても敵う相手ではない」とのこと。

闇の書の防衛システム並かそれ以上と評され、後の強敵である聖王の器やエクリプス感染者と比較しても圧倒的な差がある。
当の感染者トーマ・アヴェニールもいるわけだが、彼を含むなのはGODフルメンバーと戦ってもスペック上は勝てるという。

倒すのが目的ではない事もあり、かつての闇の書の意思戦のように、
内部からの干渉も含めて動きを止め、その隙にシステムを掌握するという手段をとっている。

……3人がかりか20人がかりかの違いはあるが。

出力が上がると、服装の色彩が変化し白い部分が赤くなる。髪や目の色も変わり、肌に刺青のような模様が浮かび上がる。



ストーリーモードでは、フルドライブバーストとキャッチ以外のHPダメージを、
MPダメージに変換&のけぞり無効という特殊なスーパーアーマー状態となっている。
魔力を一度空にすることでようやく普通の攻撃も通るようになる。

ラストバトル(2戦目)は魔力を空にせずともダメージを与えられるが、
HPを0にするとHP全快・フルドライブ発動・上記スーパーアーマー復活で襲い掛かってくる。直後のFDBで瞬殺されるプレイヤー多数。
ちなみにこの際BGMがOPテーマのアレンジ版に変化し、フィールドに炎が現れる演出がある。

しかし防御力はプレシア並みに激減しており(それでもソニックフォームのフェイトよりはあるが)、
トーマと強化イベント後のアミタならフルドライブバースト一発で倒すことが可能。

もっとも、残り時間も少なく当てられるかはシビアなので、勝つだけならフルドライブを発動させずに判定勝ちの方が楽。
しかしあまりにも盛り上がらない。ぜひ専用セリフとともにFDBでトドメを刺してあげよう。






以下ネタバレ


















本来の名前は「 ユーリ・エーベルヴァイン
マテリアル達によって支えられる紫天の盟主。
ディアーチェが「人として生まれた時のお前の名」と言っていることから、
元々は人間だった可能性はある。(ファンからは紫天の書の製作者の娘説などが挙がっている。)

永遠結晶エグザミアと紫天の書は、外部からの攻撃で完全破壊する事は不可能で、
例え断片になろうとも10年、20年と時間をかければまた復活するという、その辺のロストロギアとは比べ物にならない頭おかしい性能を誇る。
(逆に言えば自壊寸前だったGOD時は、ディアーチェが制御を行わなければ消滅の危険があった)

例え本編のようにアルカンシェルで蒸発させようが、リインフォースが夜天の書と道連れに消えようが、
いずれ彼女達4人は復活する事ができるだろうとディアーチェは推測している。
エグザミアとデータが壊れない限り彼女達4人は何度でも再生する不滅の存在なのである。
(そのため、TV時空や劇場版時空でもそのうち出てくるかもしれない)

しかしあれでもまだ完全な状態ではないという。完全な状態になれば星の生命活動にすら影響を及ぼす。

その力を暗喩してか、ユーリ曰く「沈む事なき黒い太陽――影落とす月――――ゆえに、決して砕け得ぬ闇」らしい。
黒い太陽……影落とす月……き、キングストーン?


前述のとおり、彼女とマテリアル達は4基一組で紫天の書と呼ばれる独立稼働プログラムであり、夜天の書を乗っ取るために後付されたプログラムである。
(誰にも扱えず、破壊を振りまいたため夜天の書に沈められた面もあったらしいが)

しかし後から追加された防衛プログラム(ナハトヴァール)の肥大化により彼女達は長い休眠期に入る。
(この時も彼女達は意識はあった。当時からずっと書の中から外の様子を見ており、
 聖王オリヴィエや覇王イングヴァルトの事も見知っていた。
 ただ他の個体達には殆ど話しかけられなかった状態だったらしい。
 当時のレヴィもナハトヴァールが破壊を行う様を見ていて自分もしてみたいと言っていた)

上記の日食を思わせるセリフや刺青が浮かぶ事からエクリプスとの関連も考えられるが、
エクリプス感染者であるトーマを見ても特に反応はなかったため、そちらについては不明。

ナハトヴァールが打破されたことによって3人が不覚醒(曰く寝ぼけ)ながらも外に出てきて前作が始まる。
シュテルやレヴィの話によれば目覚めたばかりの頃は彼女達3人存在意義を知らず、破壊や殺戮を求め、混沌に身を委ねるばかりを考えていた。
その寝ぼけてたセリフのせいで数名にマジギレされてボコボコにされたレヴィかわいそす……いや、戦闘中は正気だったのか



結局、今まで誰も彼女を扱えなかったがそれもそのはず。

彼女自身は制御系統の機能をまるで持たないため、
単基では特定魔導力(まだ未知の魔力素)を無限に生み出し続けるエグザミアが暴走し、最後には自壊してしまうからである。

制御プログラムであるディアーチェがシステムU-Dを唯一扱える存在であるが、
今までこのシステムが使われることはなくマテリアルが3基一堂に会したのもGODが初めて。

ユーリはいわば動力炉、ディアーチェがその制御や書のデータの閲覧・検索を行う管制人格で、残りの2人がその補助を行う役割である。
紫天の書自体は紫天の盟主であるユーリにも使用できない。

こうしてエグザミアとそれを支える無限連環の構築体が成立し、
闇から暁へ変わりゆく紫色の天(ししょくのそら)を織り成す者、紫天の盟主とその守護者が揃って初めて紫天の書は完成する。

紫天の書が完成すれば彼女達は主も必要とせず独立した存在となる事ができる。

また彼女達は人間の主ありきなヴォルケンリッター達とは異なり、かなりプログラム寄りなのか、
そもそも人型である必要すらなく、姿を変える事や、データリソースが無事ならそれと魔力を使い何度も復活・実体化することや、
(レヴィがプログラム的には一番単純なので復帰も早いとのこと。ディアーチェも前作でのあれだけの損傷にも関わらず復活できている)
駆動停止することで躯体を一時消し、姿を消したり紫天の書に戻ったり、互いにユニゾンのような合体をする事もできる。

他に、データリソースや魔力を優先的に一つの個体に振り分け、先に一人を復帰させたり、パワーアップさせたりも。

また、ヴォルケンリッター達と違い紫天一家4人は 成長することができる 。人間のデータを取り込んでいるせいだろうか。

まさにエグザミアさまさま。



砕け得ぬ闇事件後はアミタ、キリエ、マテリアルズと共にエルトリアへと旅立ち、エルトリアの復興の為に皆と協力して頑張っている。
戦闘訓練で クレーターを作ってしまう こともあり、力の制御は暴走していなくてもあまりうまくないらしい。

キリエ曰く アミタやシュテるんの影響を受けすぎてると言われており、

  1. 丁寧語喋り
  2. 無闇に熱血でド真っ直ぐ
  3. わりと天然

が共通してるとのこと。
丁寧語と天然は元からだが、基礎教育や復興計画の関係もありアミタと一緒に居ることが多い。

それにより、闇王が寂しがる台詞を呟いたと星光が言っている。
うん、早く王様と結婚すればいいと思うよ。

レヴィとは精神年齢が近いせいか気が合うらしい。



ストーリーモードの一部のU-D戦は負けても話が進行するが、これに勝つとアイテム「魄翼の一羽」を入手できる。
これを4つ全て入手すると、後日談であるSEQUENCE Xが解放され、これをクリアすれば、晴れてユーリが使用可能になる。

敵時に使用していたいくつかの技がカットされているが、防御力は変わらずぶっちぎりのトップ。
クロスレンジではかなりのリーチと攻撃力を誇るが動きは遅め。しかしFDBは高性能。
大振りの隙は各種テクニックでカバーできることもあり、強キャラの部類に入る。


◇使用する技
  • エターナルセイバー
左右から炎の剣をクロスする。攻撃範囲が広い。

  • ヴェスパーリング
濃い赤褐色のリングを放つ。極めて貫通力が高く一方的に砲撃を打ち消すが、弾速はあまり速くない。

  • ジャベリンバッシュ
バインド技。長押し版が成立すると相手に生々しい槍を投げつける。

◇フルドライブバースト
  • エンシェント・マトリクス
相手の胴部を貫いた後、そこから相手の魔力を利用し巨大な槍を生成してぶつけ、さらにキックで押し込み串刺しにする。

  • ハートブレイク☆まとりくすぅ~
ディアーチェのハート、撃ち抜いちゃいます!
ハートをブレイクしていいのかどうかは管轄外です。


余談であるが、前作のようにキャラのストーリーによって別々のラスボスが用意されてるのではなく、
一つのストーリーを様々なキャラで戦うため、フルドライブバーストのキャラ専用台詞が非常に多い。(次点は恐らくリニスとキリエ)
SEQUENCE Final用、SEQUENCE X用とキャラによっては複数の台詞が用意されている。(主にギアーズとマテリアルズ)
中でもSEQUENCE Xで闇王に使用した際の台詞は彼女の気持ちが強く出ている。



【マテリアル娘。】
途中から登場。(ただし、その前の特定ページのコマ内に少し微妙だがいる)ゲーム本編と同じく丁寧語&天然。
チャームポイントはモジャモジャ目。
超の付く人見知り。
恥ずかしくなると出力上昇時の状態になりそうになる。(服を着替えても同様)というか服の色が変わる。
自分によく似ている? ハンバーグが大好物。
しかし作るのは上手ではなく、自分で作ろうとしては破裂して欠片を食べる(これはこれで美味しいが)ハメになる。

結婚生活を妄想した際には……。




【INNOCENT】

ユーリ1.jpg
出典:魔法少女リリカルなのはINNOCENT、ユビキタスエンターテインメント、DeNA 、
2013年3月31日から稼働、© NANOHA INNOCENT PROJECT

グランツ研究所にホームステイしている留学生「ユーリ・エーベルヴァイン」として登場。
ゲームでは飛び級で教育課程は終了していると語られている。
マテリアルズ3人やなのはたちよりも年下。
ブレイブデュエル時は超レアアバター「インペリアルローブ(紫天装束)」と武器「スピリットフレア(魄翼)」を装備する。
プログラム関係のサポートもしている模様。

エーベルヴァイン家は他3人のクローディア・スタークス・ラッセル家の宗家で、4人は遠戚関係。
王様とはやっぱりラブラブ。王様の甲冑を魔改造したり、
なのはと文通してたら「我のあずかり知らぬ所で……っ」と言われるほど。
人見知りは変わらずだが、なのはさんやあなたさんの前には余り意味を成さなかった模様。









沈む事なき黒い追記――影落とす修正――――ゆえに、


決して砕け得ぬ項目






この項目が面白かったなら……\ポチッと/