真木清人

登録日 :2011/05/28(土) 11:09:36
更新日 : 2017/03/16 Thu 17:19:47
所要時間 :約 7 分で読めます






物語がエンドマークで完成するように


人もまた死で完成する……







仮面ライダーOOO』の登場人物。

名:真木清人(まき きよと)
演:神尾佑

通称「ドクター真木」

鴻上ファウンデーションの傘下にある鴻上生体研究所の所長にして、オーメダルの研究を担う天才研究者である。

年齢は35歳。服装は主に黒いスーツと丸メガネ。

いつも腕の上に不気味な人形を乗せており、視線は常にその人形に向けている。
人との会話中も顔を合わせようとはせず、人形に話しかけるように喋るのが特徴。
(なおこの人形には本編では呼ばれないものの「キヨちゃん」という愛称が存在し、本項では以下こちらに統一する)

劇中ではカンドロイドやメダジャリバーと言ったメダルシステムを用いたアイテムを開発し、その技術力は鴻上会長から評価されている。
一方で鴻上会長が物事の「始まり」と「誕生」を重要視するのに対し「終わり」と「終末」こそ人の人生に必要だと考えている。
これら思想の違いがあってか、鴻上会長は好意的に接すれど真木の方は会長を毛嫌いしている。
会長が付けた仮面ライダーバースの名前(誕生=バースデー)も気に入らなかった模様。

「無限の力を受け止める器」を作り出す事に関しても鴻上がオーズを候補に決めたのに対し、可能性の問題からグリードや人間を使う事を案に挙げた。
オーズが力を使った末に「終末」が起こりづらい事を知っていたのだろうか?


【キヨちゃんについて】
ドクタァー真木ィ!が常に肩に乗せているアンティークドール。
「キヨちゃん」という名称は本来演じた神尾氏と東映スタッフ間での勝手に命名した呼び名だが、
公式サイトに記載されたりこの名前で商品化されているので公式でこの名前でよいと思われる。

このキヨちゃん、本来はただの人形なのだが何故か 場面ごとに違うポーズを取っていたり変なメイクになっている(眉毛が太かったり) ことが多い。
それどころか里中くんがキヨちゃん用のケーキを前に置いた際に 独りでにケーキのろうそくの火が消えたこともある 。呼吸している.....!?
真木博士はこの人形に特段の思い入れがあるようで、場面ごとにキヨちゃん専用の小道具を用意したり、
車にわざわざキヨちゃん用シートが取り付けてあったりする。
その一方キヨちゃんが自分以外の人に触られたりキヨちゃんが傷ついたりすると取り乱してしまう。


【カザリとの関係】
第1クール終盤で自身の研究に興味を持ったカザリと接触し協力関係を作った。


「複数のメダルを取り込んだグリードがどうなるか」という実験を行うためカザリに暗躍させ、
メズールが力を制御出来ず暴走した時には「実験は成功」と評している。

以降はコアメダルを慎重に取り込むカザリを観察しているが、本音では「終末」を呼ぶために暴走を望んでいた。

しかし、この行動はオーズの形勢を悪化させる危険性があったため会長からの厳重注意を受けてしまう。


【伊達との関係】
中盤、バースの装着者である伊達明と研究所で同居する羽目に。

伊達はかなりマイペースであったため馬が合わず、振り回される傾向が強かった。


【知世子との関係】
伊達のひょんな行動から知世子の存在を知り、彼女の動向を探る行動を開始。

実は知世子が幼い頃に亡くした姉と瓜二つであり、ストーカーみたいな行動も幼い頃に受けた姉の愛情に対する渇望が原因であった。

カザリが生み出したシャチパンダヤミーの騒動が原因で接触。
2人きりで会話する機会を得た真木は死んだ姉について語る。



以下、ネタバレ














幼少時、両親を失った真木は姉・仁美によって育てられた。
姉は母代わりとなって真木に愛情を注いだが、時は経ち結婚を間近に控えるようになってから仁美は豹変。

弟を疎ましく思った姉から真木は疎外されるようになってしまう。
この時の仁美の顔は演出による効果もあってか、優しい時代からは考えつかないような禍々しい顔つきになっている。

姉の変化に傷ついた真木は、 仁美の眠る部屋に火を放ち殺害してしまう。
この出来事が原因でかつての姉の部屋は真木の目には常に燃えているように映っている。


姉の殺害以降、彼女の教えである「人の人生は終わる事で完成する」を教訓に、
「人が醜く変わる前に世界は終わらせなければならない」と考えるようになった。
ただし、この姉の豹変に関しては真木自身の主観による回想であるため、
本当に仁美が真木を疎ましく思ったのか自身の結婚を期に真木に自立を促しただけなのかは不明。

ちなみにキヨちゃんは元々、姉から自分の代わりにと渡された人形であった。
髪もちゃんとあったのだが、部屋に放火した際に燃えてしまった。


【30話以後】
自身の過去と思想を再確認した真木は鴻上ファウンデーションを離脱。

自身の旧宅を拠点にカザリやアンク(ロスト)と行動を共にする。


【紫のメダルのグリード/恐竜グリード】
会長との決別時に財団が保管していた恐竜系メダル10枚を退職金代わりに奪取。

新たなグリードを生み出そうと1枚を抜き取るも反応しなかったため、
プテラ2枚、トリケラ2枚、ティラノ1枚をカザリの手を借りて体内に取り込んだ。

これにより戦闘能力こそ未知数だが強力なヤミーを生み出せる紫のメダルのグリードと呼ぶべき存在となった。
第42話の時点ではかなりグリード化が進んでおり、同話内で完全にグリード化したような描写が
そして、第44話にて遂にその姿を披露、瀕死のカザリを始末する為にその全貌を明らかにした。





オーズのプトティラコンボと同様にコアメダルを砕く力を持ち、
第46話にて意見が衝突したガメル完全体のサイメダルとゴリラメダルに皹を入れた。

「コアメダルが10枚集まるのは危険」と考え、同じく恐竜系メダル5枚を取り込んだ火野映司との接触は避けていた。
しかし、何を思ったのか、自らの紫のメダル二枚を映司に取り込ませ、彼をグリード化させた。

本人曰わく「グリードとして暴走させた方がメダルを奪いやすくなる」

その後更に暴走を促すべく五枚も投入するが、土壇場でアンクに邪魔される。
その制裁としてコアメダルを奪い、更にアンクの人格を司るコアにも皹を入れた。





【そして最終話】
会長との対話で自らの終末に対する信念を再確認したことで、ついにキヨちゃんへの依存から脱却。
他人と面と向かって話せるようになった。
必要なくなったキヨちゃんはその後、自らにそっくりな装飾を施した上でクスクシエに置いてきている。

我らのウヴァさんを「美しくない」「見苦しい」と酷評しつつも他にいないため、
消去法でメダルの器に選び手持ちのコアメダルを全て投入した。

決戦ではオーズプトティラコンボとアンクのコンビを一人で圧倒、恐竜コアを取り戻そうとするが、
映司の奥の手である無数のセルメダルを使ったグランド・オブ・レイジの直撃を受けて倒された。

――が、メダルの器からのエネルギー照射を受けて復活。映司が完全にグリードと化すのを静観しようとする。

しかし映司はアンクの献身で暴走することなくタジャドルコンボに変身。

メダルの器内に逃走するが追い詰められ、タジャスピナーに恐竜メダル七枚を装填した『ロストブレイズ』を受け、体がワームホール化。
世界を終わらせる前に自身が「完成」してしまうことを嘆きながら、他のコアメダルやメダルの器を飲み込みつつ完全に消滅した。





《ヤミー》
何らかの思い出が込められた物品にセルメダルを投入する事で誕生する。
例が少ないため断言は出来ないが何らかの「終末」を迎えた思い出から生まれている。

誕生の方法こそ『MOVIE大戦 CORE』と似通っているが細かい差違がある。

活動の方針は物品に込められた思い出に左右され、持ち主の境遇や思考で行動を決定する。
また、飽くまで物品から生まれたためか、想いの大元である人間を親と認識せず危害を加える。

他のヤミーとの最大の違いは「欲望を破壊する」能力を持つ点。


○プテラノドンヤミー(オス)
CV:神奈延年

映画にも登場したヤミー。
「欲望を無力化する」能力を持ち、口から出す霧は人を消滅させオーズは変身を解除させられてしまう。
思い出は「人(の終末)」

後に2体目が出現した。

○プテラノドンヤミー(メス)
CV:鶴ひろみ

同じく映画に先行登場。
オスとは同じ能力を有している。

プトティラコンボ最初の犠牲者となった。
こちらも思い出は「人(の終末)」と思われる


○ユニコーンヤミー
CV:松本大

服飾デザインコンテストの準優勝トロフィーから誕生。
人の夢を実体化させて破壊する能力を持つ。
夢を破壊された人は「夢無くし」になる。

思い出は「夢(の終末)」


〇アンキロサウルスヤミー

氷から誕生。
周囲を凍結させる冷気を放つ。
映司から紫のコアを奪う為に生み出され、映司をおびき出す為街の人間を凍らせ苦しめた。
オーズのことを知らないと言ったサラリーマンを氷の塊にして砕くという、グロンギ並のエグい殺害をした。



【その他】
劇場版シリーズでは「ギル」という恐竜系グリードの存在が示唆されていた(映画には後姿のみ登場)のだが、
本編には登場せず、真木博士が恐竜グリード化する展開になった。
この件については諸事情で話数短縮したことも合わせ大幅な設定変更があったのでは?と言われている。

余談だが、47話で彼がアンクの攻撃で炎上したキヨちゃんをとっさに海に投げ捨て、ナイヨ!ナイヨ!と言い続けるシーンがあるが
この時キヨちゃんは 本当に行方不明になっている 。(あの一連のシーンは半分演技で半分素だったとのこと)
後にスタッフが総出で探して回収したらしい。
なお、平成ライダーでは以前にもレンゲルバックルデルタドライバーなどが紛失している。
なんかヤバイものばっかり無くなってるんですが気のせいですかね…?

『フォーゼ』の43、44話では真木を演じた神尾氏がユウキの父役でゲスト出演してるが、実はこっそりキヨちゃんもゲスト出演している。
気になる人は頑張って探してみよう。

ちなみにキヨちゃん自体は1/1サイズで商品化されてないが、パーツは市販されているドールの物なので容易に再現可能。
また、放送終了後しばらくしてガチャポンとして商品化されている。


《セリフ集》
「やあぁぁぁめえぇぇぇろおぉぉぉ」

「帰ってぇ!!!」

「さわぁるな。」

ダァクトゥァー …と、呼んでもらいましょう。」」

「ヤッメロ!」

「ワオ!?」

「ダメダカラー!ナゲチャダメダカラー!!」

「ナイヨ!?ナイヨ!?アッタヨ!!」

「メガネモナイヨ!?」

「オヨゲタヨ!!ボク、オヨゲタヨ!!」

「ボブ…ボブ・マーリー!!」





真木 「全ての項目は削除される事で始めて完成します」

「アニヲタWikiに良き終わりが訪れん事を……」

伊達「終わり、かぁ。俺は追記・修正の方が好きだな!」

「よし!俺がドクターの項目に追記・修正してやるよ!」

「……やめてください。やめてください。」

「やめなさい。やめなさい!」

「やぁぁぁめろ!やぁぁぁぁめろぉぉぉ!!」



この項目が面白かったなら……\ポチッと/