デーモン閣下

登録日:2011/12/08(木) 22:34:47
更新日:2019/07/19 Fri 13:27:17
所要時間:約 7 分で読めます




BGM:創世紀










「ブハハハハァー!!、吾輩の項目へようこそ」
デーモン閣下(デーモン小暮閣下)は、人間界のあらゆる分野で布教活動を行っている悪魔である。
また、悪魔ヘヴィメタルバンド聖飢魔IIのボーカリスト兼2代目リーダーを務める。

パート:ボーカル
地位:(元)副大魔王
発生年月日:B.D.100036(B.C.98038年)11月10日
発生地:地獄の都ビター(渋)バレー(谷)
敬称:閣下
呼ばれ方:デーモン小暮、デーモン閣下、閣下、デーモンさん、デーさん etc(『小暮さん』は基本NG)


何かとその見た目や言動から
『白塗りの、写ルンですのCMに出ていた相撲好きな人でしょ』
といかにもネタキャラとして一般人からは捉えられているが、信者(悪魔用語でファン)や閣下をよく知る人からすれば、
『エンターテイメント悪魔』
として慕われている。


世を忍ぶ仮(以下世仮)の学生時代、聖飢魔IIの前身となる『は、は、は、は、は、浜田さんバンド』のボーカルを志願。
「私では駄目なんでしょうか?」という申し出を受けた際にリーダーの浜田さん(後のダミアン浜田殿下)は

「もぉちろんいいよ!」

と快諾。

※当時の閣下は先輩である浜田殿下のマネージャー的役割を務めており、ボーカル候補としては3番手だった。
奇しくも、閣下が名乗りを挙げたのはちょうど1番手と2番手に断られた直後だったらしい。

その後悪魔の姿に戻り、聖飢魔IIが結成されるが、結成後幾月もせずダミアン浜田殿下が王位を継ぐため地獄に帰還、
その力量を見込まれ統率者として聖飢魔IIを任される。
地球デビュー後は音楽を中心に様々な媒体を利用して布教活動を行う。(この活動もその一つ)

地球征服が完了し、聖飢魔II解散後も悪魔の姿(ただし、まぶたの色がとなっている)で、
『デーモン閣下』の名で音楽のみならずタレント、コメンテーター、相撲評論家等で布教活動を行っている。


【音楽性】
●歌唱はハイトーンボイスとシャウト(最高音域は殺しの現場!!でのhihiC#)を多用したものが主。
(聖飢魔IIの曲のキーはほとんどが高いので、たかが人間である我々が完璧に歌い切るのは難しい)
かと思えば、バラード系の曲ではハイトーンボイスを保ちつつ悪魔とは思えないほど丁寧に歌う。
中音域の唄声もまた魅力的である。


●作詞に関しては地獄の皇太子のような悪魔の世界観を描いたもの(とくに大教典恐怖のレストランでは歌・詞・曲において閣下の本気がみられる)が主だが、
  • 人間の心を捉えた悪魔とは思えないほどのいい詞
  • 悪魔のメリークリスマスのような人間社会を批判した詞
  • 不思議な第3惑星のような言葉遊びを取り入れた詞
等、多岐にわたる。


【パフォーマンス】
●曲が始まる前の説法(ナレーション)(厨二臭いもの~意味深いものまで)


●某音楽番組出演時の暴走(テレビ局からの要請だったので問題無い)

●三点倒立状態で歌う(通称『天地逆転唱法』)

●本人曰くライヴでよく歌詞を間違えるとのこと。

●ミサ中は基本的に動き回るのが基本。

●新人にも関わらず、ミサ中に屋根から落ちて足を骨折しても最後まで仕事をやり切ってから病院に向かうプロ根性。

●ミュージシャンとしては井上陽水や谷村新司、尾崎亜美らとの親交が有名。
※谷村新司は世仮の学生時代にバイトしていた飲み屋の常連で、後に自らその事実を谷村に告げた事でコンサートにゲストで呼ばれる等の仲となった。
同じ早稲田出身の先輩である爆風スランプやTHE ALFEE、TM NETWORKとも親交がある。
特に爆風スランプとは学生時代には双方のバンドを行き来した仲である。

●海外ミサにおいて挨拶のみならず歌、MCを現地の言語で行う
(とくに英語に関しては世仮の少年時代にアメリカに住んでいたこともあり日常会話ぐらいの英語なら余裕らしい)

●信者に『まんこう』と言わせる
(※まんこうは青森南部地方及び岩手県で紅玉(林檎の種類)を意味するので全然卑猥じゃない)
閣下「男共に聞くぞ!!お前らが毎晩、自分の部屋でしゃぶりつきたいものはなんだっ!!」

\まんこう~!!/

エース清水長官ゼノン石川和尚の機材にノリノリでサインを書く(閣下「サイン書いちゃおー♪」)

等、ネタ的なものからある意味すごいことまで色々なことをやって信者を楽しませてくれる。
(エンターテイメント性に関しては芸人のビートたけしやラサール石井が一目置くほど)
※たけしには学生時代に素人として出演した某番組にて「タレントになれる」とお墨付きをいただいている。
ダウンタウンの、特に浜ちゃんからはゲストとして呼ばれる機会も多い。


【悪魔物】
●自他が認める相撲ヲタであることは有名で、NHKの中継にゲスト出演した際には、そんじょそこらの解説者を遥かに凌ぐ博識ぶりを見せる。
またあまりにも好きなため相撲の歌まで作ってしまう、ぶっきらぼうで無愛想なジェイル大橋代官を相撲に興味を持たせてしまう等、相撲に対しては熱い。
尚、相撲繋がりでは、同じ早稲田出身のやくみつるとの親交も生まれている。
テレビのトーク番組で、他の構成員*1から『ミサの前に相撲中継を見るのはやめて欲しい』と苦情が紹介された事も。


●世仮の両親が転勤族だったため転校を繰り返していたが、持ち前のトークセンスを武器にどの学校でもクラスのリーダーにまで成り上がっている。
(聖飢魔IIのリーダーになったのも必然だったのかもしれない)
トークのコツについて閣下いわく
「会話を楽しみたいという純粋な気持ち」
うん、ためになります。
嘗て放映されていた『デーモン小暮のオールナイトニッポン』は、閣下のトークと構成力、アイディアの光る人気番組であったが、
スポンサーの望む曲を流さなかった為に強制的に終了させられている。

●大学の卒業式で
「みな明日から社会に旅立つ姿で卒業式に来ている。我輩が明日から社会に旅立つ姿がこれなのだ!」
と言い、教員達を振り切り悪魔の姿で出席した。
閣下マジパネェッス!
因みに、この際に騒ぎを見てた通りがかった知らない教授に、
「今時、君の様な気骨のある学生がいなくなった。これからもがんばりたまえ」とエールを送られて共に記念写真を撮っている。
……尚、悪魔の姿に関して他の構成員は世仮の姿を公開してしまっているが、
閣下曰わく「悪魔の扮装を解けと言われた時が引退の時だと思う」とのコメントを残しているので、信者は勿論人間諸君は諦める様に。


●名前に名字があるせいか免許やクレジットカードで世仮の顔がばれてしまうことがあるため、閣下いわく
「これからデビューする皆、芸名はよく考えて付けろ」
とのこと。





余談だが、名前つながりなのか某世紀末な漫画のアニメ版では閣下に似たザコキャラがいる。(これを紹介された際、閣下はやや不機嫌そうだった)

最近ではEテレにて0655のおはようソングにデーモン閣下が歌う
toitoitoi
という歌がときたま放送されるようになった。
聞きたい人は毎朝6:55に起きて聞いてみるのもいいかもしれない。
(しかしだいたいの人が朝6:45に放送されるまいんが目当てだが)

実は、例の改造手術事件は閣下が稲川淳二に当時から噂になっていた例の話を頼み込んで直に聞かせてもらったのが原因らしいとの噂が近年になって出てきた。
閣下は事件の際に、わざわざステージの一番高い所から降りようとするという奇妙な行動をとっているが、実は上にいる閣下には足場になる物が見えていたのだという。
所が、いざ降りる段階になって体を降ろしてみると、実際には足場になるような物は無く……といったような話であるらしい。







閣下「ネタに飢えたWiki篭り達よ…今こそ自らの手で項目を編集するときが来たのだ…既に編集は始まっているのだ…
さあ、携帯を取れ、そして追記!修正しまくれ!
…自らの項目を盛り上げるために…」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/