優しいおじさん(カイジ)

登録日 :2011/08/16(火) 20:34:20
更新日 : 2017/08/02 Wed 12:54:49
所要時間 :約 3 分で読めます




優しいおじさんとは、文字通り“優しいおじさん”である。


賭博破戒録カイジの終盤辺りで登場。

帝愛おなじみの黒服たちの一人であり、
地下に置いてきた仲間を助けるべく奮闘し、見事に「沼」を攻略した後のカイジに対して、
最後の仕事(地下からの外出の際に付けられる腕時計の取り外し)を遂行するためにホテルにやってきた。
本当は大金を手にした時点で外さなければならなかったが、あまりの奇跡にうっかり失念していたお茶目なところもある。

そしてカイジに対して「仲間を助けずに自分だけで儲けを得たらどうだ」みたいな事をカイジに囁く。

原作を読んでくれた方なら分かるが、この時カイジが「沼」攻略で得た賞金1億8938万は、遠藤によって6153万に大幅に減らされてしまっていた(ある意味仕方ない事だが)。
その為、仲間達を全員助けるために金を使うと、最早雀の涙程度の賞金しか残らなくなってしまうのだ。



が、カイジはその申し出を拒否し、仲間達を救出する道を選ぶ。
(選択に迷いがないと言うカイジに対し、言葉が足りずあっさり仲間を見捨てたと誤解した際には、自分から唆したのに失望する態度を見せている)


こうして仲間達は無事に外の世界に解放され、近場の焼肉屋に駆け込み、自由の身になった事を全員で喜びあう。

カイジの元へ向かう優しいおじさんと同僚の黒服。


優しいおじさんはカイジに「仲間達に会いに行け」と促すが、なんとカイジは僅かの分け金を全てパチンコでスッてしまい、無一文のままで仲間達に会えないと呟く。

「金が無くても会えるじゃないか」と優しいおじさんも言うものの、そうなるとカイジが無一文なので仲間達に金を借りるという展開になってしまう。

「連中から見たらオレ、ヒーローだから」

屑モードに戻ったカイジはしょうもないプライドにこだわり、どうしても仲間達の所へ足を向ける事が出来なかった。


呆れかえった優しいおじさんは、










                      ,'''-,,,
                     // ヽ,''''-,,,
    チッ・・・           r/''-,,ヘヽ___,,'''x
                   ,イ/ [ ヽ ,,,_,-'''/
        ___,,,,,,,,,----''' イ 7''-クイ ~フ
       /≡ヽ  ≡≡≡≡/ i zx λッ~7~
      i  ≡≡]  ≡≡≡iヽ, i ~'''='x/
      イ   ≡/  ≡≡≡i ヽ ~''''-,,,/'''-,,,
     i iヽ  ≡i  ≡≡≡レ'~ξ''''エ,, ≡ λ
     i≡   ≡) ≡≡≡i/ з-'''''-,,[ ;; / l
    i≡iヽ  ≡レ_,,,-'''  ≡ヽへ    i/ ≡l
    i ≡i    ノ≡   ≡≡ノ ≡( _ ノ' ≡l
   i ≡i      ≡,≡-'''/ ≡ヽー''~ヽ  ノi
   j  ≡ヽ   ≡≡,-'''  ≡≡≡/i ≡ \≡
  /   ≡ ''---''~   ≡≡≡/  i ≡≡\i

λ
≡\
 ≡ヽ、        ほれっ・・・・・・!
   ≡ゞヽ

  ,,'~/~~'''''''-,,,
 //       ヽ'''i
ヽi人 -,,,______,,,,,  ヽi
   i   フ'',-'''- '''q \
    ヽ < く; ; ; ; ヽ __\
     Lミ ヾ; ; ; ;/ ヽ \
      \ヾ\ /    ]; ;ヽ
        \ヾ\_r ノ''~~'ヽ\
         \ヾ\    ノ >
          \\\  < /
            \w w/
              '''~

  ヽ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ,二 |
  ヽ/ヽ_,,-''川川 |
  ,イベ, i 川 | /ヽ ) |
 i''''-,,,_\ /_,,,,,-ッ'-i
  [≡  '''二'''≡ ,イi  )
  ヽ≡;ノl lヽ≡ノ i i ヲ       3万ある・・・・・!
   iヽ cUっ  r l レ |
   .i r==≡=='''ヽ 人 |         合流して来いっ・・・・!
   i L二エ二,,フ/ i |
    | u 平   /  i |
    L___ /__,-''',''ヽ、
      \__,,-''' / ≡ヽ
      K~  /≡≡≡≡ヽ
      |ii入/ ≡≡≡≡≡ヽ
      |//≡,,-'''≡~ヽ、≡ヽ
      /≡ /  '≡≡ ヽ≡ i
     /≡≡≡r''~~~~~'''-,,, i≡ i










自らの意志で三万円をカイジに渡す。
借金じゃないかと疑うカイジに、

「帝愛じゃねぇっ…!」

「オレだ…!」

「オレがただでやるって言ってんだ…!」

「だから行けっ…!」

「合流して来いっ」

「くそヒーロー……!」


その時、読者はカイジと共に呟いた。



「優しいおじさん…」


そして同僚と、
「内緒だぞ、会長には…!」
「わかってます」
とのやり取りを交わしながら退場する。

黒服に対する態度が誰もが変わった瞬間かもしれない。


しかもこのおじさん、よくよく考えると下心無しでカイジと関わった数少ない人物である。
やっぱり優しいおじさんは優しいおじさんだった。


ちなみにアニメの声優は、2作目も公開間近だった実写カイジでのカイジ役の藤原竜也


また、実写カイジ2では、利根川がこの役割を担っている。
もっとも、この時、利根川は巧みな手段でカイジの沼の勝ち分を奪い取った後であるため、カイジに数万返したというのが実態だった。

「いいよな……お前には仲間がいるんだから……カイジ……」

しかし一方で仲間から祝福される彼を羨ましそうに眺めており、「金は失ったが多くの仲間からヒーローとして慕われるカイジ」と「仲間を裏切り数億の金は得ても孤独な利根川」という皮肉な対比となっている。






「冥殿じゃねぇっ…!」

「オレだ…!」

「オレが追記修正していいって言ってんだ…!」

「だから行けっ…!」

「追記修正して来いっ」

「アナルヒーロー……!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/