マスターハンド・クレイジーハンド

登録日 :2010/02/07(日) 22:03:15
更新日 : 2017/02/16 Thu 02:46:33
所要時間 :約 11 分で読めます




大乱闘スマッシュブラザーズシリーズに登場するキャラ。

白い手袋の様な姿で、手首の部分から透けており、常時浮遊している。
正体はHAL研究所の社長の手だの、マリオの手袋だの諸説あるが、真相は不明。ただスマブラ世界の創造主なのは確定と思って構わないだろう。

また初代のOPと1人モードのED、スマブラ=空想の世界という設定、そしてXでの亜空軍を絡めての説明からするに、
マスターハンド=任天堂のキャラ達が戦っている所(=スマブラ世界)を想像している人の意識、という考え方も出来る(手なのは物を動かす時に使う部位だからかもしれない)。
この場合、クレイジーハンドはその人の「人間なら持っていて当たり前レベルの破壊衝動」であると考えられる
(余談だがXの「亜空の使者」の設定やストーリーなどを元に想像を逞しくしてみると、
亜空間=現実世界、マスターハンド=フィギュアで遊んでいた子供、タブー=子供の親、と捉える事も出来なくはない)。

基本的に吹っ飛ばして対戦するスマブラだが、唯一HP設定がされており、体力をゼロまで減らすことで勝利となる。
空中に浮いているので、地上ではリーチの短い攻撃は当たりにくい。
基本的に攻撃は回避で避け、後隙を攻撃するが、初代は攻撃後そのままの位置に、DXからは所定位置に戻るため、それを意識すること。

ちなみに声の中の人はナレーター役の人と同じ。



~マスターハンド~
創造心の化身。スマブラの世界の「この世界」と現実世界との間に繋がりを持つとされる。
試練を乗り越えたファイターと戦うのが楽しみらしい。

一人用ゲームのシンプルで、最終ステージの敵として登場する。DXのイベント戦50番目「最終決戦」と、Xのボスバトルでも登場。
Xの亜空の使者でも登場しているが、戦闘はない。


攻撃方法一覧

  • 横殴り
握り拳で横に突進してくる。なぜかDX以降はこの技はない。

  • 払い
大きく払う。当たると手首側に吹っ飛ばす。

  • 三連払い
三回連続で払う。一回避けても次が当たる場合もある。
初代では二連。

  • 三連突き
人指し指を突き出して接近した後、三回連続で突く。全てガードするとブレイクするので回避すること。
攻撃時はその場から動かないため指側に走ればいいが、予備動作の時点で走ると逃げ場がなくなるのに注意。
初代では二連。

  • 回転攻撃
回転しながら画面上方へ消えた後、プレイヤーに向かって攻撃する。
連続ヒットするためダメージ量が高いが、追尾してくるので避けるのは難しい。
ステージ外には来ないので外に出るのも手だが、空中で当たるとメテオになってしまう。

  • てくてく歩き
二本指でフィールドを歩いていき、プレイヤーに当たると弾く。
緊急回避は判定的に避けにくくシールドも大きく削られるので、上昇力があるなら上方で乗り越えよう。

  • 銃弾
指鉄砲の形でプレイヤーを追尾した後、二発の銃弾を発射する。体力が減ると三連射もする。
リフレクターなどの反射と、なぜかサイマグネットの吸収もできる。

  • グー突進
画面上方へ消えた後、画面奥から握り拳で突進してくる。威力が高くシールドも大きく削られるが、回避はしやすい。

  • 叩き潰し
グー突進と同じ予備動作の後、画面奥から叩きつけてくる。消えた後の攻撃が早い。
当たると横へ大きく吹っ飛ぶため復帰が困難。判定が長めで少し避けづらいが、上方だと当たらない。

  • ジェット突進
予備動作にもメテオ判定あり。画面上方へ消えた後、画面奥からきりもみしながら突っ込んでくる。威力が高く、動作的にグー突進よりタイミングが分かりづらい。
攻撃後には横から戻ってくるが、初代では微妙に判定あり。

  • グー潰し
画面上方で握り拳でプレイヤーを狙った後、そのまま突っ込んで爆炎を上げながら攻撃。シールドは大きく削られるが、攻撃後は手を振るので隙も大きい。
プレイヤーへの追尾はあまり速くないので、走れば巻けることも。
ステージ外には来ないが、空中で当たるとメテオとなる。意外と上方には判定はない。

  • パー潰し
DXから追加。予備動作はグー潰しと同じだが、攻撃前にパーに開く。地上で当たると地面に埋められる。ステージ外には来ない。後隙も大きい点もグー潰しと同じ。

  • つかみ
DXから追加。接近して追尾した後プレイヤーにつかみかかる。そのままだと3回握り潰された後地面に叩きつけられるが、レバガチャで脱出できる。
Xでは予備動作がDXと変わっており、接近するだけなのでボーッとしてると食らうことも。

  • レーザー
DXから追加。4本の指からレーザーを放つ。手首側なら当たらない。
たまに連続ヒットすることもあるが、当たっても威力はあまり高くない上、攻撃時間も長いので絶好の攻撃チャンス。


~クレイジーハンド~
マスターハンドと対をなす存在。マスターハンドが創造心の化身で右手とされるのに対し、クレイジーハンドは破壊心の化身であり左手。
名の通りどこか異様な雰囲気。
「よくできた」ファイターと戦い、壊すことが愉悦とのこと。
攻撃も多くは威力が強化されたり電撃などが付加されている。

DXでは難易度ノーマル以上で、プレイ時間5分50秒以内にノーコンティニューで、マスターハンドの体力を150未満にすると出現する隠しボス。
ちなみに出現時も時間のカウントは進んでいる。
Xでは難易度むずかしい以上で、プレイ時間9分以内にノーコンティニューで最終ステージにたどり着くと出現。
またDXではイベント戦(ry
Xのボスバトル以外ではマスターハンドと同時に相手することとなる。攻撃が激しく合体攻撃もしてくるので、どちらかを集中的に攻撃すること。


攻撃方法一覧
  • 回転攻撃
  • グー突進
  • 叩き潰し
  • ジェット突進
  • グー潰し
  • パー潰し
  • レーザー
マスターハンドとほとんど同じ。
やや性能が変わっている技があり、ジェット突進が初代のマスターハンドと同様に戻ってくるときに判定があったりする。

  • 3連払い
電撃が付加。

  • 3連突き
一発目に紫炎、二発目に電撃、三発目に氷が追加。特に三発目は避けたい。

  • つかみ
つかんだ時点で花が咲くようになった。フィニッシュが後方に投げ捨てるため死ぬ場合も。

  • 爆弾投下
銃弾の代わりか?画面中央で爆弾を連続で落とす。左右に移動すれば当たらないので飛び道具でも。DXでは紫炎があったがXではなぜか消えた。

  • じたばた
払いの代わりか?画面中央でじたばたして地震を起こす。判定は床で手そのものにはない。近づかなければ大丈夫。

  • 歩き
マスターハンドのてくてく歩きと違い、5本指で這うようにして歩く。横は広くなったが高さが低くなったので、上方に行けば簡単に避けられる。
プレイヤーに反応して弾くことはないが、終わり際は少し上昇する。紫炎あり。


合体攻撃
どの技も攻撃後はグー殴りおよびパー殴りの後の動作をする。
攻撃はマスターハンド側のもののようで、マスターハンドの行動中はクレイジーハンドは指先から光を出しながら待機している。

  • 同時横殴り
両手を一旦合わせて電撃を発し(これに判定はない)、両サイドから両手がグーで殴りかかってくる。もちろん威力は高いが比較的回避しやすい。

  • 挑発パンチ
マスターハンドが挑発する動作をした後、クレイジーハンドが突っ込んでくる。これも避けやすい。紫炎あり。

  • 五連拍手
同時横殴りのような予備動作をするが、眠り効果のある青い光が走る。その後五回連続で拍手のような攻撃をする。
眠らされると回避不可で、5回目は横に吹っ飛ぶ。



両手ともボスだけあって強敵ではあるが、攻撃の予備動作がどれも大きい為、攻撃も回避もタイミングを読みやすい。
しかも初代から対策が変わらないため、シリーズを重ねるごとにプレイヤー目線からは弱く感じてしまう。

Xのボスバトルでは、彼らと戦う番になると「一息つける」と不名誉な言われ方までされている。

シリーズで戦法がほとんど変わらなかったためラスボス(笑)状態だったが新作のスマブラ3DS/Wii Uでは強化された。
色々な技が増え、隙も依然よりかなり減った。

マスターハンドに追加された技
  • 火球
大きな炎の球を作り、握りつぶして拡散させる。避けるのは割と簡単。

  • 指パッチン
文字通りの技。予備動作は長めだが攻撃範囲は広く、しつこく追いかけてくるため避けづらい。地上でくらうとピヨリ状態になるので注意。

  • 上昇床
通称スライスチーズ。カードを配るように光る床をランダムに配置する。配置後床は上昇する。
厄介なことにこの床は下弾きしても降りれないので初見ではこの床から降りられず乗ったまま上の場外に持ってかれた人は多いはず。
左右に移動して降りる必要がある。
注意していてもクレイジーハンドの攻撃中で乗っかったり降り忘れることもある。マスターハンドの中で一番厄介な技であろう。

クレイジーハンドに追加された技
  • 光球スマッシュ
大きな光球を生み出し、握ったまま地面に叩きつける。地上にいると結構吹っ飛ぶので空中にいるべし。

  • 紫柱
紫の光る柱を4つ地面に突き刺す。柱は長いし、触れればダメージを受けるため移動範囲が制限されやすい。時間経過で柱は消滅する。

  • ブラックホール
突然空間を引き破りブラックホールを真ん中に出現させる。引き込まれるとクレイジーハンドが戻すまでダメージを受け続けるため注意。

連係技
  • 歩き&アッパー
クレイジーハンドの歩きをやった直後にマスターハンドがアッパーをしてくる。

  • キャッチボール
双方から光る球を投げあう。プレイヤーを狙ってくる。最後は巨大な球をクレイジーハンドが投げてマスターハンドがプレイヤーに向かってデコピンをする。

といろいろと追加された。更にシンプルである程度ホンキ度を上げた状態でマスターハンド&クレイジーハンドと戦うと……


~オーダー~
Wii U版のみ搭載された追加モード。
マスターサイドとクレイジーサイドの2つがある。
マスターサイドは3つランダムで用意されたお題のチケット選び、そのお題をクリアすれば報酬ゲット。失敗すれば没収。
難易度によって必要なゴールド(ゲーム内のコイン)が変わり、難しいほど報酬もよい。ルールは毎回バラバラ。

クレイジーサイドはまず挑戦にゴールド5000枚払うかクレイジーサイド入場チケットを使う。
3つ用意されたお題のチケットから1つ選びクリアすれば続行、負ければ集めた報酬の半分以上没収に。受けたダメージはある程度回復するが残る。
2回目以降はクレイジーハンドとの最終戦のチケットが用意され、これを選んでクレイジーハンド戦に勝てば集めた報酬が全て手に入る。
バトルの制限時間はクレイジーハンド戦は無限、他は全てで10分と決まっていて、
10分の間にひたすらお題をクリアしてある程度のところでクレイジーハンド戦へ挑む形になる。
もらえる報酬は続ければ続けるほどいいものがもらえるが同時にダメージがどんどん蓄積されていくハイリスクハイリターンの仕様である。
ちなみにクレイジーハンド戦は自分も体力制になり自分の体力は150+残ったダメージになるためたくさん受けていればこっちが有利になるが、
クレイジーハンドの方もターン(お題をやった分)を重ねればHPがどんどん上がり、
邪魔してくる敵が現れ(最大2体でキャラはランダム、こちらは%制で落ちても何度も復活する)、たくさんターンを重ねればマスターハンドも加わる。
が、クレイジーハンド達の攻撃力が上がるわけではないし、戦法も一緒、邪魔キャラも弱めなので苦戦しないはず。
むしろお題中に蓄積されたダメージ大きいのが原因で負ける可能性の方が高い。欲張りすぎて負けるパターンの方が多い。






「星のカービィ 鏡の大迷宮」にもゲスト出演。マスターハンドは中ボスとしても登場。
スマブラよりも動きが緩やかでパターンも単調になっており、攻撃もグー潰し、握り、銃弾の三つのみ。予備動作の大きさもそのままなのでむしろ戦いやすい部類である。
銃弾は吸い込むとファイアをコピーでき、マスターハンド自身は大迷宮最強の能力と名高いスマブラをコピーできる。

レベル9のボスでもあり、こっちではクレイジーハンドと共演。ただし、クレイジーハンドの方も同じような行動しかしてこない上、合体技が拍手だけになっているので、コピーによっては両方同時に攻撃するチャンスでもある。
それこそスマブラをコピーして挑み、最終決戦とシャレ込むのも一興。

なお姿や攻撃パターンが「星のカービィスーパーデラックス」の「魔人ワムバムロック」に似ているが、関連性は不明。
一応デザインしたのは同じ人。

あとゲームオーバー時にカービィを起こす手もマスターハンドに酷似している。








追記・修正は終点に到達してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/