F.U.ログナー(FSS)

登録日 :2011/09/15(木) 23:56:31
更新日 : 2017/07/26 Wed 18:15:02
所要時間 :約 6 分で読めます




「バビロン国王……F.U.ログナー」





◆F.U.ログナー

「F.U.ログナー」は永野護の漫画作品『ファイブスター物語』の登場人物の一人。
初登場は「運命の3女神 ラキシス編」。
同作の連載開始当初から設定されていた“最強の剣の使い手”にして「ミラージュ騎士団」の首領(右翼大隊No.4)。
主人公・天照帝
の最も忠実な部下にして真実の友人でもある。
役職も含めた正式名はバビロン・ファルク王ファルク・ユーゲントリッヒ・ログナーミラージュ騎士団総司令官アマテラス王朝バビロン王国国王。
劇中での主な呼称は「ログナー司令」。
また、以前は正式名も「ファルク・ユーゲン・ログナー」とのみにされていた。

設定的には全くの別人ではあるが、作者の前作『フール・フォー・ザ・シティ』から引き続いての登場となったキャラクター(※つまりはスターシステム)であり、別銀河である泰華十曜(タイカ・ジューヨー)を舞台とした作中作『五つの星の物語』にも、矢張り「別の宇宙のログナー」として登場している。


彼らログナーは、全員が同じ顔、同じ性格、基本的に似た能力(その世界で最強の存在)を持ち、また全員が「機械から生まれた子供(マシンチャイルド)」であると云う。
……ただし、現行連載である『ファイブスター物語』でのログナーは連載開始から現在までの間に かなりの設定改変が加えられた 様で、現在の設定ではAD世紀の「超帝国」が存在する以前の神代の時代よりジョーカー宇宙を守って来た「カラミティ・ゴーダース星団皇帝(王)」その人が正体であるとされる。

全能神の一人であるウォータードラゴン・スイレー(水霊)がジョーカー太陽星団の生命を守護させるべく遺していった5種5体のドラゴン・ネイチャーとは別のジョーカーの「守護者」であるとも云い、「生命を見守る超越者(ライフ・ウォッチング・オーバー・ロード)」こと悪魔(S.A.T.A.N.)と戦って来たとされる。


……作者曰わく「物語は彼の言葉により終わる」との事だが、アトロポスが垣間見たフロートテンプル落城の場面で、実際に物語を終わらせかけたのは一部のコアなファンには有名な話。

神代の時代にアイエッタ王女の願いにより出現したと云う神話上の存在である彼が何故、ログナーと云う名前を与えられ、人間としてジョーカーに降り立ったのかは……不明。
……と、されていたのだが実はログナーの名を与えジョーカーを守る様に依頼したのは現在の主である天照帝とラキシスの56億7千万年後に生まれる娘であるカレン(嘩蓮)である事が明らかにされている。

恐らくの目的は現在のジョーカーでは不完全な天照とラキシスを守る為であり、事実ジョーカー星団に於ける「人間」としてのログナーは「超帝国」の炎の女皇帝から天照家の始祖フォーカスライト(収光帝)に手渡された使用した人間の遺伝子を記憶を保持したままで、そっくりそのままに再生させる「光子IDイニシャライズ(ドウター・チップ)」を利用しての「死」と「再生」を繰り返す事になる(3度)。



【劇中での活躍】

物語の最初期から登場しているにも関わらず、実際の登場機会自体は少ない人物である。

ラキシスの救出や「コーラス・ハグーダ戦」では主・天照の命を受けて間者として働いていたのだが、以降は朱塔玉座での執務の姿が描かれるのみで登場機会は暫くお預け。

シーブルを相手にした天照の救出作戦時にも本人は不在であったが、前述の様にアトロポスが垣間見た未来(4100年)の場面には登場している。

……そして「魔導大戦」を前に 天照の真意を探るべく 朱塔玉座に乗り込んで来た「ブラックスリー(ボスやん、会長、凸助)」により配下のミラージュが殺害される等、空中宮殿が蹂躙される中で、戦いの末に“サリオン(斑鳩)を守ると云う名目で”自らがミラージュ騎士団の失態の責任を果たすべく 自殺まがいの死 を迎える。


……そして、ドウター・チップにより星団歴では2度目となる復活を果たすと共に、「ワルツ・エンデ・バビロン5」を名乗りイエッタと共にハスハの地に降り立つ。
……ハスハではマグダル皇女の逃亡に力を貸した他、マジに戦場に繰り出した「 ポコちゃん1号 」の戦闘経過を見守っていた。



※現在連載は大好評休止中だが「魔導大戦」では次なる剣聖マキシに剣を教える他、自らもマイティシリーズの1騎である雷丸(バビロンズ)を受け取り大暴れしてくれる予定……である。



【人物】

当初は「天位」を持つ最強クラスの騎士……程度であったのだが、現在は超帝国の「剣聖」は勿論、最強MHL.E.D.ミラージュすら超える力を持つ事にされてしまっている。
超帝国剣聖の騎士能力すら超えるアトロポスクローソーよりも騎士能力は高いらしく(ラキシスは神なので除外)、劇中で唯一比肩すると語られているのはダグラス・カイエンのみである。


……だが、ログナー曰わく「ただの人間」と比べられるのはそれでも心外らしい(定番のツンデレ発言)。
なので(ログナー>>>>>>>>カイエン>>>マキシ>>>>>>剣聖くらい)。
実際カイエンはフロートテンプルに出現した悪魔どもにビビッていたが、ログナーはその悪魔どもと永遠と言える時間を戦ってきた。

……ただし、読者としてはログナーはツンデレなだけで情に篤い男と信じたい所なのだが、余りの強さと冷酷さ故に配下のミラージュとの調整役をランドアンド・スパコーンらがしなければならなかったとの記述もある辺り マジかもしれない。



【パートナー】

◇イエッタ(アイエッタ)
バランシェファティマNo.7。
最高ランク「フローレス」を持つ傑作ファティマで、公式にログナーの妻でもある。
……理由は、名前と顔を見れば丸解り。
イメージカラーから「 」のイエッタ(アイエッタ)とも。
いつの「時代」いつの「宇宙」でもログナーと共にある出来たヒト。



【搭乗MH】

L.E.D.ミラージュ(8)
何と「ライド・ギグ」無しで一人で乗りこなしたらしい。
他に同じ真似が出来たのはマキシのみ。

■雷丸(バビロンズ)
金剛大王の設計にL.E.Dのエンジンを乗せたハイブリッド。
「魔導大戦」で搭乗予定。

ヤクト・ミラージュ(OR)
ログナーはドラゴンをモチーフとした「オレンジ・ライト(OR)」に搭乗。
剣聖ヴェルヴェットの「グリーン・レフト(GL)」と共にカラミティ星を破壊した。






【余談】

※作者の予言した「彼の言葉により物語は終わる」……だが、 その役目はアトロポスにとられたっぽい。


※設定の強化に伴い、身長と体重が増やされた(※210㎝→228㎝※95㎏→125㎏)


※ミラージュNo.4(R4)は司令官を表しており、現在は左翼大隊のNo.4(L4)であるサリオン(斑鳩)が「戦死」したログナーの後を継いでいる。








追記と修正は大福餅を喰えなかった悔しさを片言のドイツ語で話してからお願いします。

※貴様等の追記、修正はアンコの小豆一つにも及ばん!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/