陰毛

登録日 :2011/05/27(金) 00:36:13
更新日 : 2017/01/18 Wed 10:52:10
所要時間 :約 5 分で読めます




陰毛(いんもう)とは、人間の生殖器周辺に密生する毛のこと。正式名称は性毛。
恥毛、あそこの毛、チン毛やマン毛、アンダーヘアなど、様々な呼び方がある。

第二次性徴期に於いて、副腎皮質ホルモンの分泌によって男性は生殖器の発達から一年程度、
女性は乳房全体が膨らみ始める乳房第一期から成人型となる成長期までに発毛する。
男性は12歳頃、女性は11歳頃に発毛し始めるとされているが、人によって生える時期にかなりの幅がある為、平均はあまり意味を持たないだろう。

生える理由は「生殖器を守る為」や「男性の興奮を促す為」など諸説あるが、実のところ何の為に生えるのかは解明されていないそうである。

殆どの男性には生えるが、女性は生えない者もいる。
これは「無毛症」(俗にいうパイパン)といい、生えないからといって健康上に何ら問題はない。
ζ
濃さや生え方には個性があり、陰部の上に少しだけ生える者もいれば肛門付近まで生える者もいる。
長さは平均して男性が4~5cm、女性が3~4cm程であるらしい。
唐の時代の美女、楊貴妃は足まで達するほど長かったそうな。 ζ

陰毛は基本的には毛髪と同色である。
だが、髪の毛の色素が薄い外国人女性は陰部を隠す為に黒く染める者もいるそうだ。
また、硬質の毛を持つ人種の女性は、性器を守る為に全剃りしてしまう人も多いらしい。

彼らはかなり身軽であり、時に想像もつかない場所に潜んでいる事もある。
そんな所でチンコ出してねーだろ!と突っ込み入れたくなる事もしばしば。

例)
  • 冷蔵庫の中
  • 財布の中
  • 車のダッシュボード
  • 胸ポケット

チン毛「散!」
アリエッティ「後でオナニーに使おうと思って…」

毛深い者は情が深いという言い伝えもある。
その昔日本では、戦場に赴く兵士が御守りとして妻や恋人の陰毛を貰ったり、プロ雀士が情婦の陰毛を「運気が向上する」として御守りにしたという逸話も存在する。
これは性器崇拝が元になっているようだ。

表現に於いては陰毛はタブー視する国が多かったらしく、裸婦画などでも描かれていない事が多い。
日本でもタブーとする風潮は近年まであり、テレビは勿論、アダルトビデオなどでもモザイクでぼかされていた。




さて、それではここらしい話をしようか。

陰毛は特定の層の性癖の面でかなり好みが分かれるといえよう。
具体的にいえば生えている方がいいか、生えていない方がいいかで分かれる。

エロゲーやエロ漫画では陰毛が描かれていない事が多く、成人女性がツルッツルである場合も珍しくない。
この点から生えていない方が興奮するという者が多いのかもしれない。
ばいんばいんのお姉さんがツルツルだったら萎えるという者や小学生ぐらいのロリキャラがモッサモサだったら逆に興奮するという意見も存在し、
好みは十人十色であるようだ。
エロゲーのヒロインは髪の色が蛍光色だったりするのが一般的だが、その場合陰毛が描写されていれば髪と同じく蛍光色になるので、
陰毛あり派の中でも「蛍光色の陰毛見ると萎える」という人もいる。
一方で「(例え蛍光色でも)髪と陰毛は同じ色じゃないと違和感がある」という考え方も当然あるため、やはり意見が分かれる。

その他にも「申し訳程度に生えてればいい」「清純そうなキャラがケツまでボーボーだったら勃起する」「濡れてるのが最高」「剛毛はちょっと…」と色々である。
非常に奥深い。


余談だが、OVA「トップをねらえ!」で主人公・タカヤノリコの陰毛が描かれている1シーンがある。
ぼかしこそ入っているが、18禁でもないアニメ作品で陰毛が描写されているのは極めて稀。



ζ「こちらチン毛、これよりアニヲタwikiへの潜入を開始する」
~「了解。追記・修正を終えたら連絡しろ。幸運を祈る」

ζζζζζζ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/