さっぽろ雪祭り

登録日 :2012/01/02(月) 16:35:10
更新日 : 2017/02/16 Thu 08:40:10
所要時間 :約 4 分で読めます




さっぽろ雪祭り(SAPPORO SNOW FESTIVAL)は2月5日~11日にかけて北海道札幌市で行われる冬の一大祭りである。

札幌大通り、すすきの、そしてつどーむの三会場を舞台に北海道最大の魅力にして最大の欠点(住んでいる人にとっては)とも言える雪を全面に押し出した祭りで、
冬祭りと言えば札幌といえる位の知名度がある祭り。
毎年の風物詩のため札幌近郊はもちろん、他県、果ては海外の人までやってくるためバラつきはあるが毎年二百万人以上を動員する。
そのため経済効果も大きい札幌市ウハウハの祭りである。

つどーむの会場に行けば雪で作った大すべり台など雪と戯れる事ができ、
すすきのでは氷像、大通りでは大雪像やスケートのお試し体験、ボーダー達が跳ぶパンクエアなどを見ることが出来る。
大通り、すすきのは昼間に見に行っても楽しいと思うがやはり夜のライトアップを見ることをオススメしたい。



地元の反応~近郊編~

さて、札幌の祭りと言えば夏の風物詩で毎年 YOSAKOIサイコー!やっぱこれをやらなきゃ札幌じゃない!という派 や、
よさこい(笑)あれは土佐だろ?うるせぇよ邪魔だよ踊るなよ派 などきっぱり賛否両論別れるYOSAKOIソーラン祭りがあるが、
この雪祭りに関して言えば否定的な意見はあまりない。

今年はなんの雪像があるんだろうと楽しみにしている人もいれば、
「このクソ寒い中ワザワザ雪像見に行くのもなぁ…」っていう人もいたりと結構普通の反応である。



地元の反応~秘境編~






「え、やってたの?(笑)」






的な反応をする人が大半。(もちろん毎年行ってる人もいるだろうが)
この傾向は札幌から距離が遠ければ遠いほど強い。というか一回も行ったことがない人もいる。

主に知るきっかけはニュース。でも関係ない。
だって行かないから。


「いや、でも北海道の最大規模の祭りだし雪をテーマにした祭りだぜ!なんだかんだで道民なら行くだろ!」
と思う方もいるかもしれない。

しかし考えて欲しい、皆さんは祭りの為に 車orJRに乗って2~8時間、叉はそれ以上かかる上にツルツルにすべる路面or天候によっては到着時間の大幅な遅れといったデメリット を乗り越えてまで行こうと思うだろうか。


と、ここまで書いたがあくまで秘境の民は雪祭りが嫌いなわけじゃない。
行くのが面倒なだけである。
学生なんかは大学や社会人になった後で一度で良いから行ってみたいという子もチラホラである。

実際に行ってみると、出身地域にもよるが大半がこう言うだろう。

「へぇ~、案外大したことねぇな(笑)」

…何故こういった反応があるかというと北海道ではこの時期至るところで雪祭りが開催される。
その中には勿論雪像や氷像もあり、 札幌以上の大雪像や氷像がある所も多い。 大すべり台も普通にあったりする。
これは札幌の会場よりも広大且つ雪が降る量が多い地域は沢山ある、そのため都市部よりレベルが高い雪祭りは取り上げられないだけで案外あるのだ。
過疎ってるけど。
その為、札幌よりも旭川の雪祭りに行け!などとという人は多い。



~これから来る道外の方々~

上述が少しマイナス寄りになってしまったが雪に対してあまり関わりがない人なら充分楽しめると思われるので全く心配しなくていい。
どちらかというとスノボーやスキー、食べ歩きなどをメインとしてオマケか北海道旅行へのとっかかり程度にする感じがいいと思う。
ただ、北海道は道外の方が想像している以上に広大なので時間に凄いゆとりを持って行くといいと思う。

余談だが立て主は朝九時に札幌から出発して小樽に行き、旭川を回って二時には新千歳空港に着くようにしたいという若いカップルの話を小耳に挟んだ事がある。
どのような手段を使うのかは知らないが まず観光なんて不可能 なのでアニオタ民達には充分注意して北海道に上陸して欲しい。




追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/