長野原よしの

登録日 :2012/02/15 (水) 22:39:15
更新日 : 2016/12/05 Mon 07:02:34
所要時間 :約 3 分で読めます




正解は…くさやジャムでした♪




日常』に登場する何かと最強な人。
CV.小林元子

メインキャラクターの1人、長野原みおの姉。
学年は不明だが大学生。
みおとは違い、紺のロングヘアーで背も高い。
人気投票では18位だった。

下の名前はみおが見た微妙な走馬灯の中でよしのと判明した。

かなりのマイペースで自由奔放な性格。
大抵みおにイタズラを仕掛ける為、迷惑がられている。
が、一緒に家に帰ったり、ご飯を食べに来ないで部屋に閉じこもったみおを心配したりと、意外と姉妹仲は良好。

小さい頃から剣道をしており、腕は確か。
最近は道場にも行かず、大学の剣道部もサボっているが、それにも関わらず全国大会で優勝した。
本人いわく、練習すればするほど弱くなるタイプだから。

中学時代に師範代から一本を取ったという逸話もある。


みほし「この天才タイプめ!」

アニメでは、明日が大会にも関わらず練習せずにショッピングを楽しんでいた。

これでも時定高校剣道部OGである。
道場に稽古しに来ていた立花姉妹や笹原とは昔からの付き合い。
立花みさとの部屋には、よしのと思われるポスターが貼ってある。

ちなみに、妹のみおは剣道をしていない。
(よしの並に運動神経はあるが、ルールが絡んで我を忘れるからだと思われる。昔はやっていたが……)
その割には、油断しているとはいえ面を打たれたり、アッパーをくらったり、コークスクリューの餌食になっている。


前述したが、イタズラ好きでもある。

  • 時計を止めてみおを寝坊させ、高校時代の制服と被り物を着用してみおを追いかけ、木魚で脅して現金を奪い取る

  • みおが大事に取っておいたモンブランに桂馬を差す

  • 同じく大事に取っておいたショートケーキの苺を食べ、代わりに王将を差す(中から垂れ幕が出る細工付き)

  • 道端で出会った東雲なののネジを興味本位で回す

  • なのの取れた右腕をカバンに入れて持ち帰ろうとする

  • 不味いと分かっていながらくさやのジャムを作り、みおに味見させる

  • 図書館で本を読んでいた水上麻衣の耳元でワッ!と驚かせる(単行本では町中)


とても愉快な人だが、みおにとってははた迷惑な姉である。

上記のイタズラは「わざとやってるんじゃないか!?」という声もある。

ちなみに、大工カフェの見習い店員玉村さんとは友人関係。
アニメでは東雲なのが一番始めに関わった人物である(はかせを除く)。


【お姉のセリフ】

「えっちょっ何その格好!!!!的な」

「いやーかっこいいかなーと」

「いやー変わってておもしろいかなーって」

「ゴメンゴメンじょーだんじょーだん」

「私一杯練習すると弱くなるタイプなんだよねー」


ハッピーバースデートゥーミー

ハッピーバースデートゥーミー

ハッピーバースデーディア私ー

ハッピーバースデートゥーミー



お姉…あんた追記・修正してないじゃん!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/