ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊

登録日 :2012/05/26 Sat 18:00:43
更新日 : 2017/05/16 Tue 09:46:16
所要時間 :約 7 分で読めます




「ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊」とは、ケロロ軍曹キャラゲーの一つ。
2010年3月に、ニンテンドーDS用ゲームとして発売された。
ケロロ軍曹を題材とした唯一のRPGである(これまでにアクションゲームが何度か発売されている)。

RPGといってもコマンドバトル方式ではなくLMBS(リミットモーションバトルシステム)を採用しており、テイルズオブシリーズに近い。
それもそのはず、監修がテイルズスタジオなのである。
料理システムや称号システム、フェイスチャット等のテイルズならではのシステムが多数採用されているのも特徴の一つである。
また、戦闘BGM等の評価も高い。

シナリオの難易度は少々低く、ライトユーザー向けと言える。
しかし、裏ダンジョンや難易度設定を上げた場合は一気に鬼畜難易度と化す。
鬼畜過ぎてバランスがぶっ壊れているが、手ごたえは十分すぎるほどである。
テイルズオブシリーズ、若しくはケロロ軍曹のファンであるなら、プレイして損は無いと言えるゲームである。


【あらすじ】
ある日ケロロが宇宙人街で購入したゲームを起動すると、ゲームのモンスターが現実世界に飛び出してきた。
原因究明のためクルルがゲーム機を調べていたところ、今度はケロロたちがゲームの世界「トリニティア」に吸い込まれてしまう。
クルルが言うには「この世界にあるもう1台のゲームの電源を切る」と全ては元に戻るらしいが、手掛かりはなく途方に暮れる。
とりあえず目の前にある城へと訪れるケロロたちだが、そこには「魔王アゴン」が封印されていた。
ゲーム機の行方を知るというアゴンに会うべく、魔王の封印を解く3つの伝説の武器を求めて、ケロロ小隊の「トリニティア」を股にかけた任務が始まった!


【主な登場人物】
~プレイヤーキャラ~
ケロロ 軍曹
CV.渡辺久美子
ご存じ我らが軍曹。
キャラとしては典型的な勇者キャラで、近接技と遠距離技をバランスよく習得する。
ただし、属性が水に偏っている。
キャラ特性は運が末吉以上になる代わりにマップ上のトラップのダメージが増加する。

○タママ二等兵
CV.小桜エツ子
近距離戦が得意な武闘家キャラ。
属性は地属性である他、自身の回復なども可能。
キャラ特性は食材の入手率が上がる代わりに資金の入手額が下がる。

ギロロ 伍長
CV.中田譲治
遠距離攻撃と攻撃系特技に長ける弓使いタイプのキャラ。
火器を扱うためか、攻撃も炎属性。
キャラ特性は取得経験値が上がる代わりに、味方の防御が下がる。

クルル 曹長
CV.子安武人
魔法攻撃、および回復に特化した、賢者タイプのキャラ。
全ての属性攻撃が可能で、クルル専用の雷属性も操る事ができる。
キャラ特性はマップ上の隠しアイテムを発見できる代わりに移動速度が下がる。

ドロロ 兵長
CV.草尾毅
素早い動きで敵を翻弄するトリッキーなキャラ。
風属性を得意とし、他のキャラに比べて手数が非常に多い。
キャラ特性はマップ上の移動速度が上がる代わりに挟み撃ちにあう確率が上がってしまう。


~魔王アゴンと妹たち~
○魔王アゴン
CV.置鮎龍太郎
3つの伝説の武器によって封印されていた魔王。
封印を解くため、ケロロ達に伝説の武器を探すように命令するが……
以下ネタバレ
その正体はケロロより前に地球に潜伏していたケロン人「ゲムム」である。
ゲームの世界を愛するあまり、永遠にゲームを楽しもうとして、トリニティアを生み出したのだった

○アレア
CV.阿澄佳奈
和風な姿の長女。21歳。
武者エリアで登場。
おっとりとした性格の持ち主。

○イリンクス
CV.豊崎愛生
仮面にハイレグの素晴らしい次女。17歳。
海賊エリアで登場。
見た目通りの女王様気質だが、本当は家族思いのいい子。

○ミミクリ
CV.戸松遥
NAMCO版ワルキューレそっくりの格好をしている三女。12歳。
騎士エリアで登場。
年齢の割に自信過剰な性格で、姉二人と魔王を無能と見下していた。


~トリニティアの住人~
○山神様
CV.永井幸子
伝説の武器を守っている神様。

○キャプテン・フロッグ
CV.竹本英史
海賊の船長。
豪快な人物であり、素性の分からないケロロ達に快く手を貸した。

○レイン
CV.緑川光
騎士エリアでサマー王女を守る騎士。
言葉を話す剣「ケルロス(CV.置鮎龍太郎)」を持つ。
ぶっちゃけあのキャラである。

これら以外にも「ケロロ軍曹」に登場するキャラ達のそっくりさんが多数登場する。
また、ナレーター(CV.藤原啓治)も登場し、ゲームの様々な場面でツッコミや説明を入れてくれる。


●その他
やはりというかなんというか、テイルズネタが豊富である。
一番特徴的なのがクリア後のダンジョン「モーイヤ坑道」であり、ファンタジアに登場する「モーリア坑道」そのまんまである。

また、ケロロ小隊のメンバーの担当声優は、5人ともテイルズシリーズに出演経験がある。

ケロロ=カロル・カペル
タママ=コーダ
ギロロ=ヴァン・グランツ
クルル=ジェイド・カーティス
ドロロ=クレス・アルベイン

ゲームの予約特典では、それぞれのコラボイラストが描かれたクリアファイルがついた。
また、ゲーム中である条件を満たすことで、各キャラの技が使用可能になる。
※コーダだけは非戦闘要員であるため、代わりにコングマンの技が使える


また戦闘後掛け合いも存在。ネタからシリアスまで色々喋る。テイルズパロも含まれており、
ケロロ「我輩たちの武器は、夢と!」
ドロロ「希望と」
ギロロ「あ、愛……」


ケロロ「ちょろいね!」
ギロロ「甘いな」
クルル「ちょろ甘だぜぇ」

ケロロ「我輩たちの武器は、夢と!」
タママ「お金と!」
クルル「嫌がらせってか?クークックッ」
ケロロ「……あれ?」

まである。



最後にこのゲームを語るうえで一番欠かせない要素を紹介する。
それは防具「ガーディアン」の事である。
ゲーム的には別になんてことない普通の防具で、それぞれにステータスが上がったり状態異常・属性攻撃に対する耐性がつくなど、様々な効果を持っている。
しかし、その正体は…



ガンプラである。



そう、 ガ ン プ ラ である。



山奥の隠れ里に並んだガンプラ。
港町で潮風に晒されるガンプラ。
中世の防具屋でもまたガンプラ。
宝箱を開けば「グフカスタムを手に入れた!」
戦闘になればHi-νガンダムが状態異常を防いでくれる。
そんな素敵な世界。
それがトリニティアなのである。
ちなみにこれらは全てMG(マスターグレード)であり、アイテム欄ではなんと箱の絵が閲覧できる。
まさかRPGがガンプラカタログにもなるとは夢にも思わないだろう。

なお、武器は普通である。 


追記・修正はガンプラを身に纏いながらお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/