ミネルヴァモン(デジモン)

登録日 :2011/05/25(水) 07:33:19
更新日 : 2016/04/14 Thu 22:19:29
所要時間 :約 4 分で読めます




「大剣(オリンピア)片手に先陣を斬る、男勝りの蛇姫!」

【ミネルヴァモン/究極体/神人型/ウィルス種/オリンポス12神】
良く言えば天真爛漫、悪くいえばわがままな子供っぽい性格のデジモン。

初出はデジモンが氷河期に突入する前に発売された旧デジカ最終弾デジタライズブースター2より。
この弾はペンデュラムXの後継機であるアクセルにて初登場したデジモン達中心に収録されているのだが、その中でポツンと佇んでいるのが彼女である。
マルスモン以来、思い出したかのようにアクセルにて追加されたメルクリモンやネプトゥーンモンと違い、本当に唐突に収録されたのである。
同じように収録されたロイヤルナイツのクレニアムモン、まるで総決算だと言わんばかりに過去の主役級が勢ぞろいした事と併せファン達の胸中に「本格的な終了」という不安が到来したものである。
事実、これを最後にデジモンの公式なアナウンスは途絶えたのだ。まぁ、しばらくしてセイバーズやデジカα、データカードダスのターミナルやらなにやら動き出すが、それはまた別のお話。
と、いったようにミネルヴァモンはデジモンの一つの区切りを飾った華であり、その事から衰退期も衰退期に登場したにもかかわらず、ヘソ出しスパッツの健康的な服装や身の丈ほどの大剣を振り回すという姿からコアなファンが結構付いていたりする。 別にロリコンだからではない

そして時は流れセイバーズ放送。
メルクリモンがアニメに登場するのに合わせ同時展開していたデジカαに収録されるのと同じくミネルヴァモンも新規絵で収録された。同僚(?)のネプトゥーンモンを差し置いてである。あれ、マルスモン君いたの?
これで収録が増えてファン歓喜!……と、思ってたらそんなことなかった。
また、セイバーズのキャラゲー、アナザーミッションにも隠しボスとしてひっそり登場。ついでにメルクリモン(アニメとは別個体)とネプトゥーンモンも一緒に。マルスモンェ……
ポリゴンモデルでグリグリ動くゆかな声(※しゃべりません)のミネルヴァモンが見れるのはこのゲームだけ!

そう、このゲームだけなのだ。

ゲーム中に登場するデジモンは同時期に稼働していたバトルターミナルの流用モデルなのだが、なんとミネルヴァモンはデータカードダス化されてない。ターミナル内でも進化方法が皆無。なにこれイジメ?
頑張って作ったんだから流用してもいいのよ?

ちなみにモデルの動きは待機中にリズムをとりつつ舌をちょろりと出したり(蛇だけに)比較的可愛くできているだけに非常に残念。
その後DSのデジゲーに出演するものの、特にイベントは無い。新たな12神のアポロモンとディアナモンがカードに追加されたが、やっぱり収録はない。


なぜだか、微妙に不遇な扱いを受けるミネルヴァモンなのであった。



そんな幸の薄いミネルヴァモンだったが、デジモンクロスウォーズ7人のデスジェネラル編にてまさかの登場

ただし名前がメルヴァモンに変わり、ロリの欠片もない日曜朝6時半にはきわどいナイスバディのお姉さん姿に
(ちなみに公式設定ではメルヴァモンはミネルヴァモンが成長した姿という設定)

ロリでは無いがこれはこれで…と意外に好評だったりする。
※ただしベルゼブモンとデキています。


ところで、ミネルヴァモンの元ネタはそのまんまローマ神話のミネルヴァなのだろうが、なぜモチーフがフクロウではなく蛇なのか疑問に感じるファンは多いと思う。誰だってそー思う、俺だってそー思う。
これ『ミネルヴァ=アテネである』という実際にある説が原因と思われる。アテネの蛇に纏わる逸話や戦の神という側面を考えればなるほど納得。詳しくはウィキペディア先生に訪ねるかググる事。


追記、修正は旧デジカ版のミネルヴァモンをスリーブinの上にローダーしてから行ってください。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/