アポカリョープス(FFⅤ)

登録日 :2012/06/03(日) 17:22:25
更新日 : 2016/06/02 Thu 22:03:07
所要時間 :約 4 分で読めます





アポカリョープスは、FINAL FANTASY Ⅴに登場するボスモンスター。








LV…57
HP…27900 MP…50000
攻撃力…65 防御力…30
魔力…50 魔法防御力…70
素早さ…45 攻撃回数…21
回避力…10 魔法回避力…33








最終ダンジョン手前の次元城で牢の中にいて、倒す事でセーブポイントが出現する。
戦闘するには話し掛ける必要がある上に会話の選択というワンクッションまであるので、ガン無視したり直前に戦闘を回避する事も可能だったり。
…その代わり、セーブポイントがいつまで経っても出て来ないが。



◆行動パターン
見た目の色に違わず、使ってくるのは青魔法オンリーというモンスター版青魔道士。
(アクアブレス、エアロガ、蛙の歌、自爆、吸血、月の笛、針千本、マジックハンマー、融合除く。)

何を使うかはランダムなので弱い攻撃が連続する事もあるが、デスクローだの死のルーレットだのが続く危険性も孕んでいる。
HPがまあまああるので、????が飛んでくると大体一撃必殺の威力となるのも少し厄介。
当然、レベル系魔法には最大限注意したい所。

また此方の青魔法をラーニング→そのターンから暫く同じ青魔法を連発するという、ちょっと風変わりな行動もしてくる。
軽いノリで青魔法合戦を仕掛けたら、大変な目に合う可能性もあるのだ。

因みにこいつ相手に全滅したら大体オメガ手前のセーブポイントまで戻されるので、結構面倒。
(場合によってはアパンダ戦もやり直し。)



◆攻略色々
弱点属性は毒。
これがかなり効果覿面で、正攻法扱いされてはいるが、これを突くだけで十二分に楽勝になりえる程。
魔法防御力が高めなので黒魔法バイオよりは魔法剣バイオがより有効で、ちょっとくらい回避されてもあっさりと沈める事が出来る。

また捻った瞬殺手段としては、ラーニングを利用したものがある。
此方が自爆をすると自爆をラーニングして勝手に自殺するし、レベル3フレアもラーニングするので全員リフレク状態なら反射ダメージで勝手にゴリゴリHPを減らす。
融合をラーニングしない事を考えると意図的に残した仕様なんだろうが…、些か間抜けにも映る。黙示録の名前が泣くぞ。

正直月の笛はともかく、エアロガと針千本ぐらいは使っても良かった気がする。



◆存在意義?
別に弱い訳では無いものの、ボスとしてちょっと期待外れ感があるアポカリョープスだが、こいつからは貴重な青魔法とアイテムを入手出来る。

青魔法の方はマイティガードで、他にはレアモンスターであるスティングレイかあのしんりゅうからしか習得出来ない。
リフレク反射を利用するので、全員を青魔道士にするかラーニングをセットするかが必要だが、絶対に会える利点から此方を選ぶ人も案外いる。

アイテムは更に貴重。こいつからは巨人の小手をレアアイテムとして盗めるのだが、これは此処でしか手に入らない一点物。
レアアイテム枠である以上リターン必須だが、コレクターなら見逃せないアイテムと言える。

よってこいつと戦う前には、
●全員青魔道士にジョブチェンジ
●事前に自爆をラーニング
●1人にじくうLV4以上セットかワンダーワンド装備
●1人にしろまほうLV5以上
●残りキャラにぬすむセット
●それなりのリアルの時間
を用意するのがベターか(4番目は不要の場合あり)。

戦闘に入り次第相手にリフレク&ぬすむ→巨人の小手が盗めるまでリターン→巨人の小手入手とマイティガードのラーニングを見届けたら自爆(パーティキャラ二人は犠牲となるが……)。

これで、全ての要素を無駄なく習得&入手出来るだろう。



…こう考えると、自爆で一瞬で戦闘終了に持ち込めたり(パーティ二人の犠牲が必要)倒したら即セーブ出来たりするのは、実はスタッフの計算や配慮に基づいているのかも知れない。

成果が確認出来たら戦闘は手早く済ませたいし、貴重なアイテムが手に入ったデータはすぐに残したいしね。








追記修正よろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/