JUNKサタデー エレ片のコント太郎

登録日 :2012/07/05(木) 11:05:33
更新日 : 2015/09/06 Sun 13:25:56
所要時間 :約 5 分で読めます




\JUNKサタデー…エレ片の/
\\コント太郎!!//

『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』は、エレキコミック(やついいちろう・今立進)と片桐仁(ラーメンズ)のコントユニット『エレ片』が、
TBSラジオ毎週土曜深夜25:00~27:00のパーソナリティを務めるラジオ番組。

「JUNKの中でも抜きん出てモテない3人」を自称するだけあり、基本的に非モテの卑屈トークが繰り広げられる。
ちなみに他の曜日は「月曜JUNK」「火曜JUNK」等だが当番組だけは「 JUNKサタデー 」と表記される。
ちなみにJUNKでは唯一 全国放送ではない。


「(大学時代)バイトの日誌にコントを書いてクビになりました」
やついいちろう(あだ名:ブタ)
エレ片のボケ担当。
三国志と温泉をこよなく愛す。「初対面の人にはまず悪口」など、顔と共にねじ曲がった性格の持ち主。
「大モテない先生」と呼ばれ非モテなリスナー達から慕われている。DJとしても活動しており、番組内で流れる楽曲の選曲は彼によるものである。


「告白されたのは15人位っすかね。でも、そういう事じゃ決まらないっしょ、男の価値って!」
今立進(あだ名:トシちゃん)
エレ片のツッコミ担当。
ゲームとジャニーズをこよなく愛す。
実は(他二人に比べれば)モテる。
「共演した女優とsexすること」通称「イマダチング」の名手(真偽は不明)。
普段はまともで、関東一のツッコミとの呼び名も高いが、酒が入ると人格が豹変する。


「童貞のふりして童貞トークに入る奴、そんな奴が落ちる地獄があればいいのに…」
片桐仁(あだ名:砂利)
エレ片の天然担当。
ガンプラとエロ本をこよなく愛す。
ラーメンズのカリスマ性はどこへやら、「触手を生やしたい」と発言したり、大量のエロ漫画をTBSの領収書で購入したりと未だ性欲おさまらぬ41歳児。
悲惨な青春を送っており(童貞喪失は26歳)、特に中学時代はトラウマらしく、未だに思い出して放送中にも関わらず泣き出してしまうことがある。


ゴウヒデキ
構成作家。妻子持ちだが変態。特技は青姦スポット探し。実はナルシスト。

川尻恵太
構成作家。体臭がキツいため、よくエレ片三人の罰ゲームに用いられる。けいおん!の唯を嫁と公言している。


▽コーナー
現段階で20近くのコーナーがあり、毎回不定期に行われる。ここではその中でもよく行われるコーナーの紹介をする。
コーナーのジングルは、ホフディランのワタナベイビーがゲストに来た際、即興で作らせたものである。

  • クソクロスワード
『「か」で始まって「ん」で終わる6文字の言葉』など、使う文字と文字数を発表して、当てはまる言葉を募集するコーナー。(例:『か』たぎりじ『ん』)

  • よくわからないニュース
説明が下手な人がニュースを解説したら分かりにくくなるのでは?と、あえてニュースをよく分からなく解説してもらうコーナー。
最近は再翻訳なども使われ、本当に分からない。

  • 自己防衛show!
エレ片のコントから派生したコーナー。
やついチーム、片桐チームに分かれ、傷つく前にあらかじめ言う言葉を募集。チームごとに出し合い、どちらがより良い自己防衛かを競う。
司会は今立扮する、ダッチーがハイテンションに行う。かなり鬱陶しい。

  • HIPHOPに替えよう!(作ろう!)
有名な曲や物語をHIPHOPっぽい歌詞に替えて送ってもらい、
片桐扮するMCひでぶ(「北斗の拳」をHIPHOPにした際、ひでぶを連呼したことが由来)が歌ってみるコーナー。
エレキの二人にcall&responseを求めるが、沈黙がデフォルトである。

  • おら、エレ片さ聞くだ!
吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」の替え歌で自分の町や学校、悲惨な境遇を紹介してもらい、片桐が歌うコーナー。

  • 誰でも名言
家族や知人、道行く人から耳にした名言を募集するコーナー。

  • 勃起名言
良い言葉なのに、勃起しながら言うと意味が違って聞こえる名言を募集するコーナー。勃起名言家、片桐仁が感情を込めて読む。
毎回コーナーの最初に、片桐の勃起の近況を報告するのが恒例となっている。


  • 七年続いている番組だが、実は「半年枠」と言われていた。未だに、聴取率は取れないので、番組改変期を乗り切れるか毎年心配している。

  • 聴取率を計るスペシャルウィークに、ゲストを呼ぶことが多い。
    一時期、アイドルや声優を呼ぶことが増えたが(Berryz工房、伊藤かな恵、花澤香奈など)、
    ヘビーリスナーの大槻ケンヂから「数字の為にアイドルや声優を呼ぶな!」と一喝され、それらの手を使えなくなってしまった。

  • リスナーは、人に勧めずこっそりと聞いているため、忍と呼ばれる。

  • 年一回エレ片三人のコントライブ「エレ片のコントの人」が行われる。
    ラジオにまつわるネタも多く、リスナーだとさらに楽しめる内容となっている。が、チケットが毎回ギリギリまで売れ残り、ラジオで大々的に宣伝することが多い。

  • ラジオが終わった後、おまけとしてpodcastを収録し、配信している。こちらは全世界でダウンロード出来る。
    本放送の内容に沿うこともあるが、podcastのみで発展していったコーナーもある(ビーシューター鉄平、世界のエロ事情など)。

  • 毎年夏に公開イベントが行われる。
    2011年にはリスナーの中で誰が最も「パンツ見たいな~」と感情を込めて言えるかを競う大会、「パンツ見たいな~選手権」が行われ、
    約500人が赤坂サカスに集まった。



ネタバレ
生放送ではない。
水曜日の夕方に収録しているため、コーナーのメールは、火曜日の夜までに送らないと採用されない。
そのため、水曜JUNKの山里亮太は度々TBSでエレ片を見かける。収録風景は、ファミレスにいる男子中学生のようだと語っていた。


今立「イーエルイーケーエーティーエー、アットマーク、ティービーエス、ドット、シーオー、ドット、ジェイピー、追記・修正係まで!どしどし送ってくださーい!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/