倉刈日出子

登録日 :2011/01/25 (火) 21:48:34
更新日 : 2016/11/19 Sat 16:06:14
所要時間 :約 3 分で読めます




くらがり ひでこ

パワプロクンポケットシリーズの登場人物。
ポケ2、3、5、6、7、8、11に登場したメガネっ娘


プロ野球チーム・ドリルモグラーズ選手である倉刈仁志の娘。明という弟もいる。

基本的に「倉刈さん」と言ったら父・仁志を指し、日出子とアキラは下の名前で呼ばれる事が多い。



小学生の頃から真面目で家庭のために努力している。
しかし血筋なのか、その努力もなかなか報われない苦労人。



●ポケ2
小学4年生。父、弟とモグラーズ寮の隣に住みついている。
生活費もままならない家庭のために川でアサリを集めるなどして貢献。
二次方程式(つるかめ算)も勉強しており、2主人公に交通事故を防ぐアイテムやお菓子をくれたりもする。


●ポケ3
中学生。母親と暮らしているが父ともたまに会っている。


●ポケ5
高校生。ついに彼女候補となる。
自分の携帯電話を持っておらず5主人公から借りたケータイで連絡を取り合う。

バイトが忙しく月に一度しか会えない上にアキラや凡田がおまけとしてついて来る。デート先はもっぱら食事処。

日本一になることを約束したものの自信のない5主人公を激励して奮い立たせる。
ちなみにこの時メガネの下を見ることができるが、裸眼の顔に驚愕したプレイヤーは多い。

5主人公(大神モグラーズ)の日本一は正史だが、彼女のその後を見るに日出子は正史彼女ではない模様。


ポケ6
しあわせ島編に声だけ出演。医大生。
BB団の電話を無断使用した倉刈さんの電話相手で、くじけそうな父親を全力で応援する。


ポケ7
埋め立て地で自主トレ中のアキラを迎えにくる形で登場。


ポケ8
引き続き医大生。
水木たちの資金援助のもとスポーツドクターを目指している。


ポケ11
再び彼女候補として登場。見事お医者さんになっている。
一年目の時点で28歳だが童顔で、19歳の11主人公からは年下と勘違いされていた。
借金も多く苦労は未だ耐えないが、どうやらその苦労は顔に出ていないっぽい。

青春を犠牲にしてきたせいか11主人公との年齢差をかなり気にしており、実年齢を知った11主人公の敬語とさん付けを嫌がっている。


ちなみにグッドエンドとバッドエンドのルート分岐は出会う前に決まる。



※11エンディングに関するネタバレ※
























■グッドエンドルート

公園で行き倒れになった倉刈さんに声をかければ日出子攻略ルートとなる。
その後デートをこなしつつアキラをナマーズ入り(官取とトレード)させ、デートで倉刈さんと日出子が再会すれば、エピローグで倉刈さん、日出子、アキラと11主人公の4人が一緒に暮らすようになる。

…お母さんは?




■バッドエンドルート

行き倒れた倉刈を病院に送るとコレ。

倉刈さんと日出子は再び会うことができ、元モグラーズの面々もそれを祝福する。
日出子は父を助けてくれた11主人公に電話番号を渡すが、そのことをすっかり忘れて電話をよこされてもイタズラと勘違いする。
その後も電話をかけ続けてイベントを進めると倉刈さんの具合が悪化、最終的に亡くなってしまう。




公式サイトのしつもんコ〜ナ〜では、「お父さんの件が一段落したから今後は登場しないかも」と言われているため、倉刈さんの死亡ルートが正史である可能性が高い。


せめて日出子だけでも幸せになってほしいものである。



「追記・修正して日本一のWiki篭りになってね!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/