というわけ

登録日 :2011/02/02(水) 00:17:13
更新日 : 2017/07/01 Sat 08:22:58
所要時間 :約 2 分で読めます




『というわけ(~で、~だ)』とは、漫画や映画、ドラマなどの物語で多く用いられる台詞。

この台詞だけで、これまで描かれて場面が“過去の説明”と化す便利な魔法の言葉でもある。
作者はその場の展開を…物語中に今起こっている出来事を詳しく描ける上に、そこで『というわけ』を唱えることによって、一気に次の場面に進むことが可能となる。
書き手は登場人物にわざわざ出来事の解説をさせずに済むし、読者に分かりやすく伝えられるかつ簡単に描ける。
読み手にとってもサクサク話が進むので、非常に効率が良い。

オプションとして前後に『~前』と入れることで、時間も数分どころか数時間、物語によっては数日間を一気にジャンプできるのだから、便利なことこの上無い。
勿論、使いすぎには気をつけよう。


●使用例
じゃあ今起こってる問題はどうするんだ!?僕はもうお前たちにはうんざりだ!
というわけで、僕は組織から離れて、今ここにいる…。

ぎゃー!また敗けちゃったよ!このキャラ、本当に強ぇなァ。今のオレじゃあ、とても敵わないぜ…。
というわけで、お前に必勝法を聞きに来たんだ!







とまぁ、確かに漫画や小説などでは頻繁に用いられる台詞だが、あくまで二次内の省略用のものであり、三次では通用しないので注意。
当然か。











というわけで、ここの追記・修正を貴方にお願いしたいんだ。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/