プラスル/マイナン

登録日 :2011/07/28(木) 22:33:30
更新日 : 2017/04/19 Wed 06:37:53
所要時間 :約 6 分で読めます





  。  ..  ..  ..  ..
┣━ ╋┓╋┓╋┓╋┓
┗━ ┃┃┃┃┃┃┃┃








追記・修正お願いします。

















  。  ..  ..  ..  ..
┣━ ╋┓╋┓╋┓╋┓
┗━ ┃┃┃┃┃┃┃┃
(訳:嘘で〜す)
\从人从人从人从人ハ/
<         >
<ヽ_/> <ヽ_/>
< ( + ・ー・) (・ヮ・ - ) >
× ( o っ c o ) _
< しーO  OーJ >


○概要

戦いよりも、仲間を応援するのが好きなポケモン
体から電気の火花をパチパチと放って応援し、仲間が頑張る程火花がより一層激しくなる。
だが、仲間が負けてしまうと大声で泣いてしまう。
プラスルは電柱から電気を吸収する、マイナンは水が苦手な事が分かっている。

また、この二体の電気を同時に浴びると、血行が良くなり体のこりが取れる。


○ゲームでのプラスル&マイナン

ルビー・サファイアでは110番道路に出現。
ルビーではマイナン、サファイアではプラスルの方が出現率が高い。
なお、エメラルドではマイナンの方が出現率が高い。

ポケモンコロシアムでは、パイラタウンでミラーボを追いだした後、ギンザルからプラスルを譲り受ける。

ダイヤモンド・パール・プラチナでは、クリア後に自慢の裏庭に出現する。

ハートゴールド・ソウルシルバーでは、クリア後に聞けるようになるホウエンサウンドを鳴らしながら、特定の草むらに入ると出現する。
どちらのバージョンでも出現率は変わらないが、場合によっては片方ばかり出現する事もある。


プラスル
図鑑No.311
分類:おうえんポケモン
英語名:Plusle
高さ:0.4m
重さ:4.2kg
タマゴグループ:妖精
タイプ:でんき

特性:プラス(特性「プラス」または「マイナス」を持つポケモンが場に出ている時、特攻が1.5倍になる)
隠れ特性:ひらいしん(電気タイプの技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。元々無効の場合は上がらない。
          ダブル・トリプルバトルで自分以外のポケモンが使った単体対象の電気タイプの技の対象を自分にする)

HP:60
攻撃:50
防御:40
特攻:85
特防:75
素早:95


マイナン
図鑑No.312
分類:おうえんポケモン
英語名:Minun
高さ:0.4m
重さ:4.2kg
タマゴグループ:妖精
タイプ:でんき

特性:マイナス(特性「プラス」または「マイナス」を持つポケモンが場に出ている時、特攻が1.5倍になる)
隠れ特性:ちくでん(電気タイプの技を受けた時、その技を無効化し、最大HPの1/4回復する)

  • 種族値
HP:60
攻撃:40
防御:50
特攻:75
特防:85
素早:95


※第5世代より仕様が変更され、プラスはマイナス、マイナスはプラスがいる時しか使えなかったが、どちらでも大丈夫になった。



○対戦でのプラスル&マイナン

不遇。

無進化ポケモンである為か、普通のたねポケモンよりは若干マシな性能はある。
種族値的にプラスルは攻め寄り、マイナンは耐久寄りの能力の持ち主。
だが、どちらかに寄っているとはいえ物理耐久は2匹揃って紙。

最大の問題は特性。この「プラス」と「マイナス」は特性の持ち主を並べなければ効果を発揮しない。
つまりシングルではお飾りであり、ダブルで並べると揃って地面弱点が祟って「じしん」で一掃されてしまう。
当時「プラス」はプラスル、「マイナス」はマイナンの専用特性だった為必然的にこの2匹を並べなければならない…。

第5世代ではプラス2匹やマイナス2匹でもOKになり、この特性を持つポケモンも増えた。
しかしそれらの特性を持つライボルトデンリュウギギギアルを並べた方が強いと言う…。

何よりも最大の問題は 同じピカチュウポジションにいるポケモンの存在
一番に挙げられるのはやはり完全上位互換の能力を持つライチュウ。アタッカーにするにはまずコイツの壁を避けては通れない。
一応第3世代ではダブルサポートの技である「てだすけ」等、差別化要素自体はあった為、かろうじて完全劣化は避けられていた。
しかし教え技で崩されてしまう。

しかし第4世代ではピカチュウポジションの耐久壁兼サポーターのパチリスが登場。
当時特性は死んでいたが相方を選ばず、純粋にサポートに特化できるコイツもまた壁として立ち塞がる羽目になった。
おまけにパチリスは第5世代で有用な夢特性を入手した上に、さらにサポーターとしての力を付ける事に。

XYではついに隠れ特性を手に入れる。
プラスルは「ひらいしん」、マイナンは「ちくでん」と種族値に合った特性を手に入れた。

…手に入れたのだが…。
困った事に隠れ特性「ひらいしん」の先駆者には先述のライチュウ・隠れ特性「ちくでん」の先駆者には先述のパチリスが既に存在している。
まさかの 隠れ特性を得た事によるさらなる劣化の進展 である。
一応レベルで「なかまづくり」を習得出来るようになった為、「ひらいしん」「ちくでん」を「なかまづくり」する戦術もなくはない。

実際に対戦で使うのならばプラスルは「10まんボルト」や「めざめるパワー」で攻め、マイナンは「てだすけ」や「アンコール」等の補助に回った方が良い。
手っ取り早く差別化する方法としては「アンコール」と「バトンタッチ」の両立。
その他に差別化できる要素となり、かつ有用な技としては「カウンター」「まねっこ」「うそなき」「うたう」等。
とにかくライバルの存在が重すぎる為、ガチで使うには愛が必要である。


○アニメでのプラスル&マイナン

AG編から登場。
やはり応援に関するエピソードが多く、大抵二体一緒に出ていた。

DP編では、ヒカリのトラウマの原因になっていた。

主な使用トレーナーはAG編のカズチ少年、ポケモンレンジャーのヒナタ(ただしプラスルのみ)、DP編ではお嬢様コーディネーターのウララ。


映画では『裂空の訪問者デオキシス』に登場。
トオイと仲良しのプラスルとマイナンがサトシとも友達になった。


○漫画でのプラスル&マイナン

ポケットモンスターSPECIALで登場。
捨てられ船で出会う。
ルビーのポケモンたちの苦手な味の木の実を食べさせ、混乱させるなど、いたずら好きな性格。

その後はカイオーガが起こした津波の影響でマボロシ島に流れ着き、
プラスルがルビー、マイナンがサファイアの一時手持ちになり、修業を手伝った。

ちなみに性別はプラスルが♂、マイナンが♀。


○ポケモンレンジャーでのプラスル&マイナン

初代ポケレンにて、主人公のパートナーポケモンとなる。男主人公はマイナン、女主人公はプラスル。

キャプチャ中に呼び出すと、電撃でポケモンを足止めしてサポート。
敵を囲むとエネルギーが溜まるので、強敵相手には隙をついて数回囲んで、攻撃が止んだタイミングで電撃を発動して足止めして、
その間にキャプチャという戦法が主となる。

勿論キャプチャ前に雑魚相手にエネルギーを溜めておくのも有りだが。


最終決戦では本人達は遊んでいただけだろうだが、ラスボスが唯一神達を操っていた機械を壊した。



余談だが、各種メディアでは何故かプラスルの方が若干扱いが良い。






追記・修正は応援しながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/