バスラオ

登録日 :2011/02/27(日) 00:41:36
更新日 : 2017/05/26 Fri 14:19:21
所要時間 :約 4 分で読めます




図鑑NO:550
らんぼうポケモン
英語名:Basculin
高さ:1.0m
重さ:18.0kg
タマゴグループ:水中2

タイプ:みず

種族値
HP:70
攻撃:92
防御:65
特攻:80
特防:55
素早:98

特性
すてみ(反動技の威力が1.2倍になる) あかすじ
いしあたま(反動技を使った時に反動ダメージを受けない) あおすじ
てきおうりょく(タイプ一致による技の威力の上昇が1.5倍から2倍になる)

隠れ特性
かたやぶり」(相手の特性を無視して攻撃できる)


ポケモンBWから登場。
真っ赤な目に鋭いキバを持った魚型のポケモン。モチーフは恐らくバス(魚の種類)。
赤筋の個体と青筋の個体がおり、互いに喧嘩ばかりしている、分類の通り乱暴なポケモン。

名前の由来は恐らくバス+益荒男(ますらお)。



◇ゲームでのバスラオ

ヤグルマの森やリュウラセンの塔など、中盤から終盤にかけて登場する。
ブラックでもホワイトでも普通に登場するが、それぞれ筋の色が違い、もう一つの筋は泡状態でないと出現しない。
もともとのモチーフが淡水魚のため、海では出現せず、ピンポイントな水場でしか出会えない。
そのため全盛期のメノクラゲや今世代のプルリルに比べて戦う機会は少ないものの、野生のポケモンとしてはかなりの強敵で、
特性を生かした高い火力と速めの素早さでパーティーのHPをゴリゴリ削っていく。
バスラオが出現する場所は“バスラオしか出現しない”といったことが多いことも拍車を掛け、エンカウント運が悪ければメンバーの数匹は持っていかれる。
次々と襲いかかってきてパーティーを貪っていく様はピラニアのようであり、「キバニアよりもピラニアっぽい」との声も。

…しかしそれは同レベルでの話。
レベル差がつき始めると素早さ努力値を稼ぐ恰好のカモになる。前述の通りバスラオは“バスラオしか出現しない”場所に出ることも乱獲を推進している。

因みにこんな見た目や能力なのに孵化歩数が何故か600族並に多く、捕獲率もかなり低い。
おまけに「いのちがけ」で自滅するので、筋の色まで拘った場合の捕獲や厳選は中々大変かつ面倒くさい。

◇特性について
バスラオの特性はBW時点では両者ともに「すてみ/てきおうりょく/かたやぶり(隠れ)」であった。
いしあたまの個体はホドモエシティでチラーミィと交換してくれる少年からしか手に入らなかったのである。

後にあおすじ個体は野生個体に限りBW2で「いしあたま/てきおうりょく/かたやぶり」となり、
XY以降は完全にあかすじと分化された。
このためXYであおすじすてみ個体が欲しい場合はBWから送る必要がある。
もっとも最近はマーク戦がメジャーなためあおすじすてみ個体を出せるルールはなく、また基本てきおうりょくが一番有用であることからあまりすてみを狙う理由はない。
すてみにしたければあかすじ捕まえりゃいいし…。


◇対戦でのバスラオ

能力値的に速攻アタッカー…なのだが、素早さが特に秀でているわけでもなく、攻撃、特攻も高めとは言え尖っていない。
能力のバランス的にはサメハダーに似ているが、攻撃特攻で大きく離されている…。
耐久性能では勝っているがこちらも高いとは言えない。

しかし、特性の「てきおうりょく」が優秀で、これによってタイプ一致の物理攻撃がちからもちマリルリと同程度とかなりの数値に。
また、ポリゴンZイーブイのてきおうりょくと違って敵の弱点を突けるため、得意な相手に対する爆発力は高い。
ただし物理型は同じてきおうりょくアタッカーのシザリガーの方が火力技範囲ともにより優秀なのが痛い。
幸い素早さはこちらがかなり勝っているのでシザリガーとはまた違った運用が可能。
特殊型は、「ハイドロポンプ」を覚えないために火力はそこまで無く、まず無双は難しい。また、水以外の威力に補正が掛からないので水を半減以下にされると厳しい。
水技の他にサブウェポンとして「かみくだく」「れいとうビーム」があるが、弱点を突けないと厳しい。

他の特性の「すてみ」「いしあたま」は共に反動技に関するものだが、バスラオの持つ反動技は「とっしん」と「すてみタックル」のみ。
そのため、基本的には「てきおうりょく」推奨。

隠れ特性は「かたやぶり」。「ちょすい」etc持ちに水技を撃ったり、マルスケカイリュー技を叩き込んだりできる。 正直火力が足りてない

また「じたばた」や「いのちがけ」、「みずびたし」などのトリッキーな技も持っているため、単に力押しだけでなく、地味に多彩な戦法が取れる。

持ち物は素早さを補う「こだわりスカーフ」、紙耐久を補う「きあいのタスキ」、「てきおうりょく」補正を更に生かす「しずくプレート」がメジャー。
たまに「しめったいわ」を持たせた雨パ始動要員や、「こだわりハチマキ」「こだわりメガネ」を持たせたロマン火力型も。


◇余談

5世代までは特性を四つ持つ唯一のポケモンだったが、XYにてニャオニクスが登場。
♂♀で姿と特性が変わりこちらもまた特性を四つ持つポケモンとなった。


追記・修正は、バスラオを100匹位捕まえてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/