ドクター・オクトパス(SPIDER-MAN)

登録日 :2009/09/06 (日) 23:41:13
更新日 : 2017/06/18 Sun 22:27:18
所要時間 :約 3 分で読めます




ドクター・オクトパスはMARVEL COMICS出版のアメリカンコミックスパイダーマンに出てくる敵キャラ。

体に取り付けられた4本のアームを持ったヴィラン。

2004年公開の映画Spider-Man2にも登場し、キャストはアルフレッド・モリーナが務めた。


本名:オットー・オクタヴィアス
(Otto Octavius)
別名:ドック・オク
(Doc Ock)
身長:180cm
体重:111kg
出身:カリフォルニア州スケネクタディ


「パワー」
4本のアーム以外は普通の人間。

神経に直接繋がったアームは体の一部のように自在に動く。
俊敏な動きもでき、最大速度は秒速28m。
通常の長さは1.7mで最大全長は7.6m。
パワーは3tの物まで運べ、コンクリを楽にぶち抜く。


【経緯】
天才の科学者であるオクタヴィアスは、体に害のある放射能を扱うために遠隔から自由に研究ができる4本の触手を開発した。

そのアームは力仕事から精密な作業まであらゆる機能を搭載し、それこそ優秀なものだった。
しばらくはそれを使って研究をしていたため、「ドクター・オクトパス」といった呼び名がついた。

彼は、ある実験中に事故を起こし放射能を全身に浴びてしまう。
4本のアームは放射能の影響で溶けて彼の体に文字通りくっついてしまい、体の一部と化してしまった。



それが影響し、彼の性格もがらりと変わってしまった。
わがままな性格は元々であるが、大胆に人が変わってしまい
地味な研究生活を捨てて犯罪に乗り出し、その資金で世界を我が物にする研究に乗り出してしまう。

プライドの高い彼は研究を邪魔するスパイディに度々に恥をかかされ、何度も復讐を重ねるようになった。

性格が変わっても明晰な頭脳は保っており、スパイディの弱点を見つけては踏み込む厄介な存在となった。

高い知能の上に正気も保った彼は、たまに足を洗おうとするがそれも演技だったり、
他の悪人を集めて集団でスパイディを襲ったり、
ピーターの叔母のメイおばさんを結婚詐欺に仕掛けたりと卑劣な作戦は絶えない。


一度死んだ身だが、生き返った。その辺は知らん。




  • 映画版において
原作の設定と同じく科学者であり、妻もいる

バイトとヒーロー稼業で大学の単位が危ない状態のピーターが教授の薦めで彼と知り合う

オズボーン社の協力の元、新しいエネルギー資源の開発をしており、その実験の為に高性能のアームを開発、公開実験の場においてそのアームを装着する
実験は順調に進み、成功したかに思われたが……暴走し、実験は失敗
妻もその事故で死亡し、アームと一体化したうえに制御していたチップが壊れ、アームに洗脳されてしまう
再び、実験をするが為に彼は犯罪に手を染める……


追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/