サクラビス

登録日 :2011/09/10(土) 04:29:17
更新日 : 2016/08/25 Thu 14:41:28
所要時間 :約 4 分で読めます






図鑑No.368
分類:なんかいポケモン
英語名:Gorebyss
高さ:1.8m
重さ:22.6kg
タマゴグループ:水中1

タイプ:みず
特性:すいすい(天候が雨の時に素早さが2倍になる)
隠れ特性:うるおいボディ(天候が雨の時、ターン終了時に状態異常が回復する)

種族値
HP:55
攻撃:84
防御:105
特攻:114
特防:75
素早:52


パールルに「しんかいのウロコ」を持たせて通信交換することで進化するポケモン
「しんかいのキバ」を持たせるとハンテールに分岐進化。


ピンク色 で優雅に泳ぐポケモンだが、図鑑説明によると細い口で獲物の 体液 を啜る。
ピンク色 の体は餌を食べ終えると 更に鮮やかに色付く

その見た目とは裏腹にどこぞの 桜の噂話 のごとく物騒な説明をされているポケモン。
その割に「ギガドレイン」等吸収技は覚えない。
別の図鑑説明では「岩場の隙間の海藻を食べる」と言われており、雑食性なのかもしれない。

吸収技に関しては、ORASから「ドレインキッス」を習得可能になった。


ゲームでのサクラビス▼


初登場のルビサファでは「しんかいのウロコ」「しんかいのキバ」のどちらか一方しか手に入らなかったため、いくらか貴重なポケモンだった。
以降の作品では野生のパールルがしんかいのウロコを持っていることがあり、何匹か入手することが可能になった。

またポケットモンスターブラック・ホワイトでは野生でも登場するようになった為、友達がいない貴方でもゲットすることが容易になった。
しかし砂漠に面した水面で釣れる。深海魚じゃないのか?


対戦でのサクラビス▼


高めの特攻に程ほどに高い防御を持つが、低いHPが足を引っ張る。
素早さも低く、耐久も高くはないので高威力技や弱点を突かれた一撃であっさり轟沈することも多々ある上級者向けポケモン。



だがサクラビスの真価は雨時に発揮される。

その素早さは無補正であろうと努力値をふると130族を上回る程まで早くなる。

また積み技も豊富で特防を2段階上昇させる「ドわすれ」や防御を2段階上昇させる「てっぺき」、
素早さ2段階(ryの「こうそくいどう」と能力を大幅に上げる技を3つも保有している。

更にBWではニョロトノが、SMではペリッパーが「あめふらし」を習得し、手軽に雨パを組みやすくなった。
また、BWにおいては同時に「からをやぶる」をも習得したため、単体でもアタッカーとしての性能が上がっている。

そしてサクラビス一番の特徴は 「これら上昇した能力をバトンタッチで他のポケモンに引き継げる」 ことである。
これはドーブルを除けばサクラビス固有の戦略とも言え、耐久型、アタッカーいずれに対しても強力なサポートが行える。

またサクラビス自身も高めの特攻を持ち、殻を破るからの攻撃も可能である。

特に雨時のタイプ一致「ハイドロポンプ」は驚異の一言。
サブウェポンにも、ドラゴン対策の冷凍ビーム、格闘対策に「サイコキネシス」等、その範囲は狭くない。
めざめるパワー」は基本的に水タイプ同士に先頭に備えた電気がオススメ。
ナットレイ技で弱点を突けない草タイプの対策としてもあり得るが、肝心の雨パとの相性が悪い。

ただし、耐久力は平均かやや低いぐらいなので、先制で弱点を突かれるだけでアッサリ落ちる。
雨下で素早さが上がっていても先制技や「こだわりスカーフ」で出オチしないように注意が必要。
素の火力も並程度なので、ある程度耐久力のあるアタッカーには耐えられてからの反撃で落ちることも多い。

いずれにせよプレイヤーの実力が必要ではあるが、全抜きのポテンシャルを秘めた隠れた実力者と言えるだろう。

進化前のパールルについてはハンテールの項目を参照。



サクラビス「見ろ!」
サクラビス「すいすいで素早さ実数値100×2の素早さ200!いつもの高速移動が加わって200×2の素早さ400!
      そしていつもの2倍のからをやぶるを使い400×2の……アギルダー!お前を上回る素早さ800だーーっ!」

ウインディ「しんそく」

サクラビス「ウギャア!」


追記・修正は雨を降らせてからお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/