初代メルク

登録日 :2012/05/20(日) 22:17:04
更新日 : 2016/11/04 Fri 23:34:15
所要時間 :約 3 分で読めます




「………………………………………………」

「…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………」ボソボソ

「…………………………!」ボソボソ

「……………………………………!!」

「…………………………………………」


蠍魔牛「ア″ア“ア!!」ズササー!
つ拡音石

「あー……ってことで以上だ」

「後は追記・修正頼む」







ボン!クラッシュ!クラッシュ!
グルメスパイザー!















すいません真面目に紹介します↓
















初代メルクとは『トリコ』に登場する人物。
作中でも屈指の巨体と筋肉質な体に包丁による無数の傷が特徴。

周りからは「鬼のメルク」と呼ばれている。
IGO会長の一龍の古い友人だが、詳しい情報は全く話していない。

メルク包丁と呼ばれる最高の料理人が頼るほど最高級の包丁を作りだす凄腕の砥ぎ師。


ただ、極端な人嫌いかつ異常なまでに無口との噂で他者との交流を避け、メルクマウンテンの頂上に自分の工房を作ってそこに暮らしている。

美食屋ではないが、かなりの実力者で捕獲レベル53はある蠍魔牛を手懐け、
グルメ界を拠点とする限られた実力者のみが入れる第0ビオトープの職員の顔も持っている。


昔、森の中で捨てられていた二代目メルクを拾い、包丁の魅力に惹かれた二代目メルクに自分の技術を教えはじめた。
トリコ達が訪れる6年前、ヘビーホールに向かったまま行方不明になっていた。



材料であるメルクの星屑がある場所には捕獲レベルが高い生物が多いので、二代目は一度も師匠が帰って来ない時はトリコ達が来るまで心配していた。

しかし、メルクの星屑を求めてトリコがヘビーホールを訪れた際に現れ、何か呟きだし会話が成立しなかったが拡音石により、ようやく会話が出来た。

声が 異常に小さい ことが判明したが、本人は全く気づいてないらしくそれによって様々な誤解を招いていた。

本来、気さくでお喋りらしいがその威圧的過ぎる巨体と無口に聞こえる声により上記の噂が流れていた。


二代目に行方不明になったと思われたのも本人は告げたつもりだったが、聞こえていなかった為。

自分の声が小さい事実を知った彼は『何てこった~!』と非常にショックを受けていた。

実際は会長に依頼された美食神アカシアのフルコースのサラダ「エア」を調理する為の包丁を作る為、
大掛かりな作業が必要になるとヘビーホールに新しく工房を設けてその包丁を最後に事実上の引退を決意して二代目を俺(娘)に託した。
(無論、そのことも聞こえていなかった)

師匠の無事と事の真相はトリコを通じて二代目にも明かされたがメルクは現在も包丁を作る為、ヘビーホールに籠もっている。



追記・修正はしっかり聞こえる人お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/