カイチュー!(漫画)

登録日 :2011/04/15 (金) 11:00:17
更新日 : 2015/11/20 Fri 00:30:43
所要時間 :約 7 分で読めます





神様、僕はただ
弓の高みを目指して
やっているだけです!!

それなのに――…

『カイチュー!』とは週刊ヤングジャンプにて連載中の林佑樹による漫画作品。
現在はヤンジャン公式サイトである『WEB YJ』に移籍しWEB連載していた。全12巻。
読み切りがwebアニメ化もされた。

ちなみにタイトルの「カイチュー(皆中)」とは弓道の専門用語で「全ての矢が的に中(あた)る」事を意味する。



◇あらすじ
夢は全国制覇。凄腕の弓道少年・立川は、憧れの選手・不動権三郎を追いかけて、小田川高校弓道部に入る。だがそこで立川が見たのは、予想だにしない不動の姿だった…!
弓と袴と恋心、ニュータイプ弓道ラブコメ、ここに開幕!
(原作より抜粋)

◇登場人物
◆立川達矢(たちかわ たつや)
中学時代には全国大会に出場した弓の腕前を持ち、高校でも不動に憧れ入部する。

◆不動権三郎(ふどう ごんざぶろう)
弓道界の名門・不動流の不動家長男で、弓道界において『神の子』と謳われる伝説の選手。現在は骨折で入院中。

◆佐々木ゴン
達矢が入学初日に出会い、一目惚れした弓道部の女子の先輩。


追記・修正お願いします。



























達矢「おいコラ」

佐々木「え?何?」

「何じゃないですよ!真面目にやって下さいよ!」

「だって恥ずかしいんだもん…まあバレちゃったなら仕方ないかぁ」


「そうよ、私が 不動権三郎 よ。改めて宜しくね♪」

【小田川高校】≪男子≫

◆不動権三郎
男の娘だが間違いなく ヒロイン
中学の大会では一射も外さず3連覇を成し遂げ、『神の子』と謳われた不動家長男。佐々木は母方の姓。

心は女の子であるため幼い頃から女装を始め、 彼女 (間違いではない)を男と知らない生徒はいないが、その容姿からファンクラブまで存在し、「ゴンちゃん」の愛称で崇拝されている。

抜群の弓の才能を持ち、『神の子モード』という精神集中状態に入ると一切の乱れなく皆中の限りを尽くす。
だが類い稀な弓の才能を有して生まれたために疎まれ、また若くして父を容易く越えてしまい破門された過去を持つ。

達矢を出会った時から気にしており、悩んでいた彼に助言したことで彼の人生を大きく変えた。性癖もな。

常に達矢の身体を狙っており、あの手この手で達矢を手に入れようとしているが、唯一彼女が本気で好きになったかららしい。
好き過ぎて3回もキスしちゃっている。
やきもち焼くゴンちゃんなんかは可愛い過ぎて死ねる。

他のヒロインを退けゴンちゃん√爆走中。最近トランザムが解禁された。

◆立川達矢
主人公。
よく男に狙われるが、ゴンちゃんの彼氏なのは決定的に明らか。リア充爆発しろ。
総体出場者だけあり実力は高く、部の主戦力として活躍する。
幼馴染みに美香がいるが、女子よりもゴンちゃんの誘惑に負けキスを迫った変態。

同じ変態である神谷とゴンちゃんを賭けて勝負までしてしまった真性。


◆杉村健太(すぎむら けんた)
場違いなアフロが特徴の達矢と同じ新入部員で、ムードブレイカー。
「自分の隣の的に皆中」させる訳のわからないアホみたいな神業を持つ。もはや呪われてるレベル。
大言壮語、自信過剰な面を持つが、「自分にプレッシャーを懸ける」ことで単純な思考の自分に暗示を懸ける事ができる(それでも矢は隣の的に中る)。木村マシーンにより一時的な人格の崩壊と引き換えに的中率を飛躍的に増大させる事ができる。
桃子の記憶の中でも平然とボケるそのセンスは素晴らしいの一言。

◆小森啓介(こもり けいすけ)
三年生の副主将。三馬鹿。
整端な顔立ちの眼鏡男子だが、想いを寄せる日野が目当てで入部したムッツリ眼鏡。

◆阿部進一(あべ しんいち)
三年生。三馬鹿。
ガタイの良い肉体だが、近藤が好きなあまり抱き枕を自作しそれを毎晩愛でる変態。
まことに近藤を取られて影が薄かった。
初登場時と現在の姿の変わり振りをネタにされていた。

◆山下拓実(やました たくみ)
二年生。三馬鹿。
イケメンだが菊嶋の胸に惹かれて入部したおっぱい星人という名の変態。
自分はノーマルだと思っていたが清々しい程に自爆し撃沈した。

基本ダメな三馬鹿だが目的を得ると覚醒が如き活躍を魅せる(その目的自体がアレだが)。
市ヶ谷と菊嶋を巡って壮絶にアホな争いをした。

◆岩山瞬(いわやま しゅん)
三年生。
部活動だろうが試合中だろうが大体寝てるモアイ像みたいな顔の先輩。
実は料理好き。

◆那須野与太郎(なすの よたろう)
28歳という高校生ですらない。
部活中のみ現れる那須野与一の子孫で、弓道場の中に馬を引き連れ流鏑馬やりだす落武者。
もはや出オチ。

≪女子≫
◆日野(ひの)
三年生で部の主将。
弓の実力もそれなりに高く、おっとりした性格だが笑顔で毒舌を振り撒く、天然の策士。

◆菊嶋(きくしま)
三年生。
随一の巨乳を誇る男勝りな姉御肌。

◆中野(なかの)
二年生。
明るくゴンちゃんと仲が良いが、女の魅力で負けたり貧乳に悩んだり苦労させられてる。あとブルマ。

◆近藤(こんどう)
二年生。
クールな性格だが可愛いものには目がなく、まことに興奮してしまった。

◆真壁(まかべ)
一年生。
達矢と同じ新入部員。
奥手で大人し過ぎるため空気な眼鏡女子だが、本人は注目されようと精一杯頑張っている。

≪顧問≫
◆木村明徳(きむら あきのり)
小田川高校弓道部顧問を務める耄碌爺。
実力あるかと思えば矢渡しで全て外す格好悪さ、「女装した美少年が緊縛されている姿が大好き」という超マニアックなプレイが大好きという変態。


≪関係者≫
◆大熊希(おおくま のぞみ)
小田川高校弓道部のOBで父と弓具店を経営しており、達矢たちを厳しくも優しく指導する彼氏いない歴5年の27歳(ry
かつて全国まで上り詰めた選手で、木村顧問のマニアックプレイの被害者だったらしい。
酒乱でキレると手が付けられず、変態共を指導する内にストレスマッハで短気な性格になり、最初と最近ではキャラが別人になってしまった。


【山王高校】≪男子≫
◆松平龍ノ介(まつだいら りゅうのすけ)
ゴリラのような野獣染みた顔立ちの三年生主将。
全国レベルの山王が誇る「神奈川の大砲♂」と呼ばれる選手で、肉体・精神的に屈強な剛弓使い。
達矢の実力を買っており、彼を(性的に)手に入れようとするくっそ汚いホモ。残念ながら最強選手候補。
「男がホレる男」と讃えられているが、実は「男にホレる男」だったのでゴンちゃんの有り難くないライバル。
猫好き(意味深)

◆神谷春夫(かみや はるお)
天才的な実力を持つ、 金髪 ピアスのチャラい問題児。
数多の女子を口説き落としてきたが、ゴンちゃんの魅力に撃沈しキスを迫る変態。最近は女の子に興味すらなくなったらしく、今度は及川に惚れた。男の娘で3Pとか考えてるあたりもうダメだこいつ…

≪女子≫
◆二川美香(ふたがわ みか)
一年生。
達矢の幼馴染みだったがゴンちゃんの前では何の意味も成さなかった。
むしろ恋敵のゴンちゃんに励まされる始末で、まだ諦めてはいないものの、もう二人の間に割り込むことは絶望的。

◆芹沢薫(せりざわ かおる)
麗人のような美しさと鬼のような実力を持ち、自他共に厳格な態度で試合に臨む三年生で女子の主将。
猫好き。

【聖ウクレレ女学院】
◆桃子(ももこ)・F・ローレン
ローレン財閥の清楚で可憐なお嬢様でドヤ顔連発の実力者。
しょっちゅう気迫(オーラ)がどうのこうの言ってる。百合厨だった。


【天龍高校】
◆不動まこと
ゴンちゃんの
兄の女装を見て覚醒し自分も始めちゃった中学三年生の不動家次男。
華奢な身体にも関わらず20kgの弓を軽々と扱い、『神の子モード』に似た集中力を持つ。
容姿に似合わず腹黒ドS思考の持ち主。
毎回扉ページで様々なコスプレをしては読者を憤死させてた。

◆海堂ヒカル
天龍高校の実力者の一人にして新手の男の娘。
ゴンちゃんの力を計るため山王高校に道場破り紛いの試合をした。

◆及川博美(おいかわ ひろみ)
ヒカルと行動を共にする男の娘。
ヒカル同様かなりの実力者、そして破壊的可愛さで山王部員を完膚無きまでに叩きのめした。
かなりロリロリな態度を取るがその実感情が全くないというどっかの縮地使いの瀬田君みたいなキャラと見た技を完コピできるチート技の持ち主だった。ゴンちゃんの神モードも難なくコピーしたが体への負担が大きすぎてダウンというこれまたどっかの無職流浪人みたいな設定だった。
作者この頃るろ剣でも愛読していたのだろうか?




追記・修正は男の娘萌えな人のみお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/