Episode Aegis(ペルソナ3)

登録日 :2012/03/17(土) 01:56:45
更新日 : 2017/05/26 Fri 20:57:03
所要時間 :約 5 分で読めます




ペルソナ3FESに追加された、ペルソナ3本編の後日談。主人公はアイギス。


本編のエンディングから数日が経ち、キタロー達が生活していた巖戸大分寮が閉鎖される前日に起こる事件が描かれている。

ちなみにこの後日談では戦闘難易度が HARD固定 の上にペルソナ全書が利用不可。
加えてコミュボーナスも無い為、クリアがとても難しい。

更に、平和になった街を自由に歩き回る事も出来ずに何度もダンジョンの攻略を繰り返さなければいけないので、途中で飽きて放置するプレイヤーも多いとか。


しかし後日談だけで聴くことのできるBGMは良曲揃いで、特に本編の戦闘曲『ベイベベイベ』のアレンジの『ベイベべ』や終盤に流れる特殊戦闘曲『Heartful Cry』など人気が高い。

後日談エンディング曲『Brand New Days』は本編のエンディング曲『キミの記憶』に劣らない名曲。


ストーリーの出来は未だに肯定派と否認派が議論を続けているほどに 賛否両論 な内容となっている。




[ストーリー]


本編のエンディングから数日後の3月31日巖戸大分寮の閉鎖を明日に控えた『彼』の姿がない特別課外活動部のメンバーたちはぎこちない空気の中でささやかなお別れパーティを開く。

しかし、日付が変わる深夜0時に課外活動部の面々は影時間に似た違和感を感じる。

日付が変わったのに3月31日のまま動かない携帯電話の日付、3月31日と知らせるテレビのアナウンサー……

日は4月1日に進まずに3月31日で止まってしまったのだった。

そして、止まってしまった時間の中で突然寮の床下から現れたアイギスの妹を名乗る謎の機械の少女『メティス』の襲撃を受ける。アイギスは彼と同じペルソナを付け替える能力『ワイルド』に目覚め、メティスの襲撃から皆を守った。

その後、拘束されて大人しくなったメティスが説明する。3月31日の深夜に体験した現象は 時間の空回り と呼ばれるもので、
これを解決して次の日を迎える為には、寮の地下に現れた迷宮 『時の狭間』 を無くさなければいけないという。


特別課外活動部の面々は、いなくなった彼の代わりのリーダーにアイギスを立て、
新たに加入したメティスと共に時の狭間を消す為の最後の活動を開始することになるのだった。



[登場人物]

本編で人の心を手に入れた対シャドウ決戦兵器。後日談主人公。
ストーリー始まってすぐに所持ペルソナのアテナがオルフェウスに弱体化したが、代わりにワイルド能力に目覚めて新しい特別課外活動部のリーダーになる。
メティスの進言でヘットギアとアサルトベストを着込むなど見た目が少し変わったが能力に変化はない。
何故か本編では使用できたオルギアモードと犬語翻訳機能が使えなくなっている


ラストナンバーのアイギスの妹を自称する突然現れた機械の少女。
発売前は見た目からクール系の落ち着いた少女だと予想されていたが、実際はお姉ちゃんが大好きでからかわれるとすぐに怒るお子様な性格だった。
性能は荒垣真次郎の上位互換で、オルギアモードの性能は姉より優れている。

本編でヒロインの立場をアイギスに奪われちゃったヒロイン。愛称はゆかりっチ。
後日談では何かとアイギスに嫉妬しているような描写や終盤の発言などからプレイヤーの好き嫌いが別れてしまい、 ゆかビッチ と呼ばれてしまうなど割と不憫な子。
(しかし、彼女の発言や行動はキタローを想うゆえに出ているのでビッチというのとは違う気もするが)

本編の経験が彼を大きく成長させたのか、メンバーの中でも大人びた発言をするようになる。
特に終盤の彼の言動は きれいなテレッテ と言われるほどプレイヤーを驚かせた。

回想で中等部時代に桐条美鶴から部に勧誘されたのが明かされる。ストーリー中はメティスの事を信用しておらず、彼女にキツく当たる描写が多い。

特別課外活動部部長。
後日談の回想では、ペルソナが覚醒した幼少期の先輩と明彦を勧誘した中等部の頃の ドリルヘアー姿 を拝むことができる。

  • 天田乾
後日談のオープニングで血を流したり、
メティスに首を絞められて殺されかけたりするなどひどい目にあっている。彼の回想では過去に荒垣先輩が活動部を抜ける原因になった事件の詳細を知ることになる。

  • コロマル
活動部の一員の犬。愛称はコロちゃん。
アイギスには彼と話ができる機能があるのだが、後日談ではうまく機能しなくなっている。

特別課外活動部のナビゲーター。
後日談は技構成が厭らしい敵が多い(弱点属性を見切りで対処等)ため、彼女の能力をフルに活用しなければならない。
ストーリーでは、メンバーのギスギスした関係に不安になる描写が多い。

大いなる封印によって世界を救い、 『命のこたえ』 に辿り着いた本編主人公。
後日談の寮に彼の姿はなく、彼の話題になると全員の表情が暗くなる。ストーリーで彼のそっくりさんと戦うことになるがかなりの強敵。









以下、ネタバレ。











無印では不確定だった主人公の死。

だが後日談で確定し、物語終盤に彼を救うことができる可能性のある をアイギス達は手に入れる。

だが、その鍵の扱いについて意見が……


「1月31日に戻って彼を助ける!」

「アイツを助けたい気持ちはわかるが、過去を振り返らずに未来を生きる」

「みんなが納得する答えが出るまで鍵は預かる」


と大きく割れてしまい、最終的に メンバー同士で戦ってその勝者が鍵を手に入れる という結論になり、仲間内で鍵を巡って争うことになってしまう。


この内容は大きく賛否が別れている。

「最終決戦で一つになったメンバーが暴言をぶつけ合う姿は見たくない」

という批判がある一方で、

「置かれている状況を考えたらこうなるのは普通」

などと肯定する意見もある。


この争いによって鍵の使い道を決めたアイギス達は1月31日に飛び、そこで主人公が行った『大いなる封印』の真実を知ることになり、そして……






追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/