K2(戦車)

登録日 : 2012/10/18(木) 21:51:37
更新日 : 2017/03/23 Thu 20:58:26
所要時間 :約 5 分で読めます




◆性能諸元
・乗員 3名
・全長 10m
・車体長 7.50m
・全幅 3.60m
・全高 2.50 m
・重量 55.0t
・懸架方式 油気圧式
・速度 70km/h(整地),50km/h(不整地)
・行動距離 430km
・最高出力 1500馬力
・エンジン
試製)独MTU MB-883ka50012気筒ターボチャージド・ディーゼル
量産)斗山インフラコアMB-883 4サイクル12気筒水冷式ディーゼル

◆兵装
・55口径120mm滑腔砲 1門
・K6 12.7mm重機関銃 1挺
・M60 7.62mm機関銃 1挺

◆装甲
・複合装甲(砲塔正面及び車体正面)
・爆発反応装甲(砲搭)



K2は大韓民国K1(戦車)の後継として開発中の次期主力戦車である。

韓国が開発中の次期出力戦車 である。



韓国が開発中の戦車である。

ここまで言えば良く訓練されたアニヲタの諸兄は気付いただろう。




大丈夫なのか!!?。

【開発経緯】
K1は仮想敵(仮)である北朝鮮が配備するT-55、T-62およびT-72を相手にするには十分な性能を有する。
しかし、改良型の120mm滑腔砲換装モデルのK1A1において、運用上の問題点が露呈(詳しくはK1の項目を参照)

そこで関係各機関は検討の結果、新たに120mm砲搭載戦車を一から設計・開発すべきと結論付けた。


…………というのは建前であり

<\ `д´>「チョッパリに対抗して改良した、K1A1戦車は役にたたないニダ!」
<\ `∀´>「じゃあ最初から120mm滑空砲搭載を前提で作れば良いニダ!」

という感じで開発が始まる


【概要】
韓国は文字通りこの戦車に国の威信をかけており、結構な額の税金と熱意を向けている。
(開発予算はギネスブックに登録されたほど。)
判りやすく例えるなら日本人からみた大和(戦艦)みたいなもんだろう。
それより先にやるべきことがあるだろうが・・・ }
K2はK1戦車から得たノウハウを基に あれ?K1で得たノウハウって組み立てだけじゃね? 設計・開発された戦車であり、世界的区分でみると第3.5世代に相当する。
愛称は「黒豹」(くろひょう、フックピョ)

【特徴】
K2では55口径120mm滑空砲を採用。
これは独ラインメタル社で開発されたもののライセンス生産品で、世界でも優れた戦車であるレオパルド2の最新型にも採用されている。

長砲身化されたことによって44口径モデルに比べ、貫通力が大幅に向上した。
その一方、取り回し、砲身寿命、命中率等は低下したといわれる。

自動装填装置を採用したことにより、乗組員を3人に減らすことに成功。


装甲はモジュール式の複合装甲で、損傷した場合でも 何が入っているのか全くわからないが 容易に新しい装甲と交換できる。
複合装甲の具体的な内容は不明。また砲塔上部など、一部に爆発反応装甲が装着されているほか、探知した敵対戦車ミサイルの擲弾迎撃を行う『アクティブ防御システム』も装備予定(開発中)

エンジンは試作車に最高出力1500馬力の独MTU社製MB-883 12気筒ディーゼル・エンジンが、量産型には斗山インフラコア社がライセンス生産したMB-883エンジンを搭載予定。

生産数は680輌を予定しており、国内生産率はプロトタイプでは77%程度、量産段階では98%まで高まるという。
K2の評価について、韓国では各国の主力戦車を上回る高性能戦車であると評価されている。




【欠陥戦車】
さて本題である。
アニヲタ諸兄は緒元の下辺りの説明で気づいているだろうが、敢えて言わせてもらおう。

この戦車。
開発・試験評価中ということを差し引いても、 あまりにも多くの欠陥 を露呈している。
そして予定がやたらと多い。

例を挙げると。

ドイツから輸入したにも拘わらず、エンジンと変速器の制動圧力が非正常作動したり、下り坂でエンジン速度が3000rpmまで上昇するなど 計24件 の欠陥が発見された。

ドイツのエンジンは前進5段/後進3段なのだが、量産型の斗山インフラコア社のエンジンは、MTU製と同等の出力が出せず、無理矢理前進6段/後進3段に変更。


変速機が唐突にブッ壊れる。



それ以外にもエンジン 39件 、変速機 33件 など、計72件の欠陥が次々に発生したあげく、運用試験評価でもさらに 91件 の欠陥が発生。
1段ギアで出発ができなかったり、最初から変速が不可能な場合もある。




とまぁ本当にネタが尽きない。




こうした欠陥が次々明かとなるたびに開発費は高騰。配備予定数は680輌から300輌にまで減らされる。
さらに開発の遅れで11年に配備予定が2013年に延長された。

国産パワーパックの搭載をあきらめ、2013年11月に量産を開始しようとしたが、1年遅れて2014年より量産が開始された。肝心のパワーパックは輸入されたものを使っている。

が、ここで深刻な事態が発生。作戦要求性能(ROC)が提示した0→32km/hまでの加速に8秒以内のはずが、8.7秒かかることが発覚した。

まあ、普通の車じゃないし、別にレースとかする訳じゃないからたかが0.7秒の遅さは深刻ではない。北の戦車より加速が遅いのは明らかですけどね。

結局、要求目標数値を10秒に引き下げて軍に納入されることになった。まあ、普通の車とは違うしキャタピラを履いている以上部品に過負荷をかけるからこの遅さは問題ないでしょうね。

朝鮮半島自体がそんなに広くなく、相手になる北の戦車はロシアから供与されたダウングレート仕様だから砲撃されても問題はない。むしろ韓国はK1A1から性能に欲張らないようにしたと思える。ただ、もし相手になる国の戦車によっては問題が露呈しそうですけどね。

【余談】

●当初は140mm砲を搭載予定だった。

●欠陥戦車にも拘わらずトルコの次期主力戦車として、コレをベースにした戦車「アルタイ」をトルコと韓国で共同開発中。

  • 試作車はドイツMTU社製エンジン、Renk社製トランスミッションからなるパワーパックを搭載。
  • サスペンションや主砲などの技術を韓国の企業から移転。
  • 複合装甲、火器管制装置など重要部品の一部はトルコが自前で開発。
  • 贅沢品(自動装填など)は省いて安く仕上げる。

原形のはずのK2から大幅に設計変更され、堅実な開発方針からかこっちのが先に量産化にこぎつけそうな勢いである。アルェ…?

…………とか思ったら開発遅延、技術譲渡の面で問題が発生している。

具体的には量産モデルに搭載予定の韓国製エンジンの開発が間に合わず、代わりに日本の三菱重工製エンジンを使おうと日本政府との交渉を始めた。(2013年11月)
しかしトルコはこの戦車を他国にも輸出する予定(すでにサウジアラビアと話がまとまっている)であり、それによる「技術流出の懸念がある」として日本は交渉を停止している。一説には輸出先にイスラエルが含まれていることを問題視したのではないかとも言われている。(2014年2月)

「アルタイ」の明日はどっちだ。


●韓国の新聞によると2輌並べた90式を貫通したといわれる。

ちなみに、90式の装甲はアメリカのM1エイブラムスと同等
または、それ以上の防御力を持つと言われている。

武器輸出してなくて米軍も簡単に手に入れられない日本の90式をどーやって2輌も調達したんだ?
代わりにK2を的にしたんじゃ…


様々な欠陥を抱えるK2の明日はどっちだ。



K2の欠陥を解消できるお方、追記・修正お願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/