良項目(アニヲタWiki)

登録日 :2010/11/15(月) 23:52:56
更新日 : 2017/03/27 Mon 15:51:49
所要時間 :約 4 分で読めます




※この項目は独自研究に基づいて
記述されている恐れがあり、より
正確な内容への変更が求められて
います。           


良項目とはアニヲタWikiにおいて、閲覧者が「これは良い項目だ」と感じた時に、項目を称して贈る賛辞である。
対義語にクソ項目がある。



アニヲタWikiには看板のとおりアニメ・漫画・ゲーム・ラノベなどの二次元的題材の項目が多いが、
それ以外の食べ物・雑学・軍事など様々な題材の項目も存在し、
いずれであれ“項目自体”が評価された時、良項目と呼ばれる可能性がある。

そういった項目は、BBS内において、例外なく『題材について』以外に『項目自体について』も言及され、

「何この良項目」

「これは素晴らしい」

など、閲覧者から賞賛や感嘆の声などが書き込まれる。
物によっては立て主の精神を疑う書き込みも為され得るが、ポジティブな内容であれば、良項目と見なされていると判断してよいだろう。


また、BBS内に限らず、項目タグにもその旨の内容が追加される場合が多い。
最もポピュラーなものとしては、『秀逸な項目』や『愛のある項目』が挙げられるだろう。
(後者は表記揺れが多いため、"愛 項目"での検索結果をリンクした)

これ以外の賞賛のタグも存在するが、非常に種類が多いため、この場で全て列挙することはできない。
だいたいの賞賛タグは『○○な項目』といった形式となっているので、興味があれば以下のリンクを参照されたい。
褒めてるっぽいものが、だいたいその類である。
  • タグ:項目での検索結果



【良項目の基準】
良項目と見なされる項目の基準としては、
  • 内容が充実している
  • 文章が巧みである
  • 参考画像が豊富でわかりやすい
  • ネタに溢れている
  • 記述者の情熱が感じられる
  • 他項目にはない特徴がある
などが挙げられ、いずれか、もしくは複数に該当する時、良項目と評される場合がある。

『場合がある』というのは、この良項目という言葉が、あくまで“閲覧者側の主観”に基づくものであるため。

前述の通り、評価を受けているかはBBSやタグに反映されているかが指標となる。
よって、項目の立て主が良い項目だと思っていても、閲覧者からはそう思われない場合や、
題材がマイナーすぎる、項目名からして興味を引かれないなど、そもそも全く閲覧も編集もされず、BBSへの書き込みもないような場合などには、
そうした評価を受けることはまずない。
とはいえ、今は評価されていなくとも、ひょっとしたら隠れた良項目が存在するかもしれない。
ピックアップや一覧から、そうした項目を探してみるのもまた一興。



【良項目が生まれる瞬間】
良項目は、何も立った瞬間にのみ生まれるのではない。
たとえ立った瞬間はクソ項目でも、編集や追記によって良項目に生まれ変わる場合も少なくない。

ただしその際には、『以前よりも良くなった』という意味合いで良項目と呼ぶ場合がある。

「編集者GJ」

「いい項目になったな」

などの書き込みが、それに該当する。
これらは『追記を行なった者への賞賛』とも見なすことができ、あるいは項目自体は凡庸なものに留まるかもしれない。
書き込みに驚き成分が含まれているかが、判断の分かれ目と言えようか。




項目を立てる上では、誰しもが多かれ少なかれ「評価されたい」と思っているもの。
たまにはいつもと違う趣向で立ててみると、思わぬ高評価を得られるかもしれない。

また、閲覧者も褒めたくなったらどんどん褒めても罰は当たるまい。
むしろそうした評価が立て主のモチベーションにも繋がり、次なる良項目を生むきっかけとなることもあるだろう。


いずれにせよ、良項目は全てのWiki篭りの求めるものである。
良項目が生まれ続ける限り、アニヲタWikiの発展に限界はないだろう。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/