ロトム

登録日 :2010/11/18(木) 11:49:14
更新日 : 2017/07/01 Sat 15:40:31
所要時間 :約 9 分で読めます




図鑑No.479
分類:プラズマポケモン
英語名:Rotom
高さ:0.3m
重さ:0.3kg
タマゴグループ:不定形(性別不明)

種族値
HP:50
攻撃:50
防御:77
特攻:95
特防:77
素早さ:91

タイプ:でんきゴースト

弱点:地面ゴースト
いまひとつ:電気、飛行
効果なし:ノーマル格闘地面※「ふゆう」の効果

特性:(地面タイプの技と「まきびし」「どくびし」が無効)

フォルムチェンジ後
HP:50
攻撃:65
防御:107
特攻:105
特防:107
素早さ:86

タイプ:電気/(ヒート: 、ウォッシュ: 、カット: 、フロスト: 、スピン: 飛行 )

特性:ふゆう



プラズマでできた体を持ち、その体であらゆる電化製品に潜り込んでいたずらをする。
特殊なモーターを動かす動力源として研究されたこともある。
名前の由来は「motor」を逆から読んだもの。名前の付け方の点では「アーボック」(cobraの逆読み)に近い。



・ゲームでのロトム


例の屋敷のテレビに潜み、調べると戦闘になる。
戦闘時のBGMは伝説戦と同じものだがタマゴ生産が可能。
おそらくはカビゴンウソッキー辺りと同じ扱いなのだろう。

XYでは荒れ果てホテルのゴミ箱に 火曜日だけ 出現する。
時々フォルムチェンジしたまま登場することもある。

色違いはまるで スポイトの乳首 のよう。


プラズマポケモンでゴーストとあるのでなんでもプラズマで説明しようとするあの人をネタにしている節がある。
ロトムの特徴は、個性的なタイプの複合に加え、不思議な鍵やシルフカンパニー等でフォルムチェンジが出来ること。
これにより電気/ゴーストでありながら、地面やドラゴン等をカモにすることや、特性により実質弱点2つと恵まれた耐性から耐久型も出来る。

が、DPにはフォルムチェンジのデータが無い関係上Wi-Fi対戦やバトレボではフォルムチェンジが解除されてしまい、
フォルムチェンジを使えるにはワイヤレス対戦のみとボッチ涙目な仕様となっていた…

が、第5世代であるBWからWi-Fi対戦でのフォルムチェンジ形態の使用が可能となった。
しかもフォルムチェンジ時にゴーストタイプからそれぞれの技タイプへと変化するようになった。

この事に関しては、フォルムによっては弱点1と恵まれたり弱点増加や特性と被ったり一長一短ではあるが、
特攻の上昇に加え、2倍弱点のポケモンに対し、タイプ一致で技が撃てるようになった点では大きな魅力だといえる。

サン・ムーンでは今までのロトムに加え、「ロトムずかん」として登場し主人公の冒険をサポートする。
詳しくは別項へ。


・対戦でのロトム


フォルムチェンジ前後共に個性的なタイプの複合であり、種族値も無駄が少なく万能。
HPが低い以外は耐久寄りにバランスが良い為耐久型、アタッカー型、補助型全て行える。
但し自力習得技は全体的に貧弱または微妙である為、大半をフォルムチェンジ専用技・技マシン・教え技に頼る事になる。
無駄がないとは言っても数値不足を痛感しやすい器用貧乏タイプの能力であり、こだわり系アイテムやHP回復系のきのみなどを持たせて汎用性を上げるのが重要。

電気の通らない地面タイプにドラゴンタイプとフォルム(めざ氷で処理することが多い)を変えるだけで対応出来る範囲がガラリと変わるので、
パーティに応じて穴を埋めるような働きができる。

また、フォルムチェンジをしなくても、
火力が落ちる代わりにノーマルや世代を越すごとに火力の上がる格闘が無効になり、素早さも高いので劣化というわけではない。

ただし、フォルムチェンジ技以外では攻撃範囲を増やす技が乏しいので「めざめるパワー」を粘り範囲を増やす必要あり。

ウォッシュランターン同様のでんき・みずタイプ
特性のふゆうも相まって弱点がくさタイプ一つしかなく、軽い為「くさむすび」は苦にならない。
限定技の「ハイドロポンプ」もでんき技の欠点である「じめんタイプに通らない」をバッチリフォローできる。
攻め・守りどちらにおいても強い為、ロトムのフォルムチェンジの中では一番使用率が高い。


ヒート は唯一のでんき・ほのおタイプ
組み合わせ的にじめんタイプに滅法弱いが、「ふゆう」でこれを完全にフォローしている かたやぶりドリュウズは帰れ
限定技の「オーバーヒート」はドロポンと比べると相性補完としては少し微妙だが、やはり攻めで強い炎威力130は偉大。
攻撃的なほのおタイプを併せ持つ事からも分かるとおり攻め重視のフォルム。
しかし電気、氷タイプを半減するのでボルトロスサンダーライボルトなどの電気ポケモンに強く、守りも含めたサイクル性能も何気に高い。
もちろん補助も可。ウォッシュと比べて技の一貫性が劣るのでこだわり系アイテムを持たせ辛い。使用率はFCロトム中2位。

カット は唯(ryのでんき・くさタイプ。
くさタイプは攻撃の通りが悪く、くさ技は限定技のリーフストーム1本というのは正直微妙…と言うのは第5世代までの話。
第6世代では 粉無効 という利点を得た。自前の麻痺無効と合わせると状態異常に対してはかなり強い。
くさタイプらしく守りを重視したフォルム。何気に型破られてもじめん等倍だったりする。使用率はFCロトム中3位。

フロスト は(ryでんき・こおりタイプ
こおりタイプは攻めで優秀だが耐性が厳しい。限定技の「ふぶき」はかなりの命中不安だが、めざパ厳選をしなくてもいい利点はある。
限定技が唯一の全体攻撃である為、どちらかと言うとシングルよりダブル・トリプルを意識した戦術になる。相方は大体ユキノオー
でんき技よりもふぶきぶっぱ率がどうしても増える一芸特化タイプ。使用率はFCロトム中4位…と言うより最下位が酷いだけだが。

スピン はでんき・ひこうタイプ。
タイプは優秀な方なのだが、このフォルムになっても特性は 「ふゆう」のまま 。実質飼い殺している。
そして限定技はこれだけ何故か威力 75 のエアスラッシュであり、他のフォルムの限定技と比べても見劣り感全開である。
扇風機モチーフなだけにBWで初登場していれば飛行特殊最強技の「ぼうふう」が貰えていただろうに残念でならない。それ以前に問題山積みだが
でんじはエアスラやるならトゲキッスエモンガでもいいわけで…。というかライバル多すぎ。
多量の愛が無ければまず優先されない愛玩タイプ。そろそろぼうふう下さい。

技候補


10まんボルト/かみなり
安定してダメージを与えられるタイプ一致技。かみなりは命中不安。

シャドーボール
フォルムチェンジ前ならタイプ一致で撃てる。
強力なゴーストポケモンも増えたので需要が上がりぎみ。

めざめるパワー
ロトムの場合フォルムチェンジである程度範囲を変えられるので粘るよりそのタイプによってフォルムを変えるのも手。
草/炎で対抗しにくく最速を狙える氷、水の場合呼びやすい草に刺さる炎等がメジャー。

でんじは
後続に繋ぐ技。
自身もなかなか素早いので先手で撃ちやすい。

おにび
物理アタッカー潰しに。
耐久型の場合、うんざりするほど固くなる。炎には通らない為耐久上昇を捨てて稀に「どくどく」にする事も。

トリック
こだわり系を渡しての嫌がらせや、タイプ変化を利用した「かえんだま」の引き渡しも面白い。

いたみわけ
素早いので割と先制出来る。
ダメージを与えつつ回復できるので、火傷や毒状態にしておくと相手のHPをゴッソリ削ることも。

みがわり
相手の状態異常技を回避でき、「いたみわけ」と併用すると低コストで居座りやすくなる。

ボルトチェンジ
思考停止で打っても強い一致特殊の交代技。
地面を呼び、交代出来ないことがあるのが難点。
カットなら地面は敬遠されるので使いやすい。


探検隊でのロトム


通常ダンジョンにおいてもレベル1ダンジョンにおいても最強クラス。

ステータスの伸びが素晴らしく、レベルアップも早く、壁抜けが出来て、貴重な行動阻害技も覚え、全体技も二個覚え、基本技も物理特殊で一個ずつ……
タイプ相性の無効が大幅減に軽減されているためノーマル技や格闘技が当たるようになったが、
こちらも地面に電気技が効く様になっているのでとんとんと行ったところ。
しかも特性による地面無効はそのままのため、地面ポケモンは下手をすれば本家以上のカモとなる。
ポケモン世界広しと言えど、 電気ポケモンに電気技で一方的に嬲り殺される地面ポケモン が見られるのはここぐらいだろう。
紙という欠点のあるフワライドとは違い、非の打ち所がないスーパーなキャラである。

特に『空の探検隊』で追加された理不尽な仕様満載(罠チェック不可など)の運命の塔は壁抜けゲーとされており、ロトム一強説が広く支持されている。

そして『空』発売によるロトム一強説の流布と同時に、プラチナではフォルムチェンジを会得。
(限りなくトップに近かったユキトドに強い)ヘラに圧倒的に強く、
メガネ流星群1.5耐えに調整しCに振らないのにメガネシャドボでラティを返り討ちする、あのロトムが蔓延し始めたプラチナ時代である。

『超』ではつながりオーブの依頼をこなせば仲間になるが…

かくして、本家でも、不遇ポケモンの逆襲の場とされたポケダンでも暴れ回るロトムの図がしばらく続くのであった……


・ポケモンスクランブルでのロトム


低確率で出現。フォルム違いは
ヒートロトム :ロトム、ブースター
ウォッシュロトム :ロトム、シャワーズ
スピンロトム :ロトム、サンダース
カットロトム :ロトム、リーフィア
フロストロトム :ロトム、グレイシア

以上の組み合わせで別れるとフォルム違いが新たにやってくる。しかしうまいこと組み合わせを考えたもんだ。
スーパーではロトムが大量に出現する隠しステージで全フォルムを入手可能。


・アニメでのロトム


DP編ではミオシティのもりのようかんに住んでおり、フォルムチェンジを活用してサトシ達に様々なイタズラを仕掛けた。

ベストウィッシュ・シーズン2オーキド博士がゲットした。
X・Y編の『オーキド博士のポケモンホロキャスター』にも毎回登場している。

サン&ムーンではレギュラー化を果たしサトシの第二の相棒となっている。



ロトム「プラーズマー!」

ロトム「オラ!追記修正をしろ!」
バリバリ!

wiki籠り「やめたげてよお!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/