コンドーム

登録日 :2010/05/27(木) 21:21:14
更新日 : 2016/10/19 Wed 23:47:51
所要時間 :約 10 分で読めます




『コンドーム』は、サバイバル用品の一種。

ゴムやポリウレタンでできた円筒形で使用前は数cm四方の正方形の袋に収められている。
主にジャングルで水筒を無くした際に使用し、普段は小さいにも関わらず、伸縮性に優れていて1Lもの水を入れる事ができる。
ジャングルや戦場でのサバイバルには欠かせない代物だ。

…自分の知ってる使用法と違う?
軍曹が言ってたから間違いない。

何故か一般学生も持ってたりする。
理解に苦しむ。



追記・修正お願いします。




水が
一リットルも入るんだぞ



























『本当に愛してるなら、0.1mm離れて』

実は 最もポピュラーな避妊具の一種。
一般に『ゴム』『スキン』とか言われる。
この項目では一般的な男性用のコンドームを紹介する( 女性用コンドーム も存在するが、ここでは主に男性用について述べる)。


概要

性交の際、男性器に被せて精子が膣内に侵入しないようにすることで妊娠を防ぐ避妊具。
細長い袋の中に精子を殺す薬品が塗られている。
非常に簡単・単純な方法だが避妊具の中でも トップクラスの避妊能力 を誇る。
無論付けたから絶対に妊娠しないという訳ではないが、90%以上の避妊率を持つのでするとしないでは全く違う。

「外出しするから大丈夫」のような発言もあるが、
膣内射精をするしないに関わらず男性器からの分泌液には多少なりとも精子が含まれているので、
これなしで男性器を挿入する以上は妊娠する可能性があるという事である。妊娠を望まないなら着けて当たり前だろう。

また、粘膜の接触そのものを遮る為、性感染症の予防にも効果がある。
さすがに感染リスクを完全になくすことはできないが、感染予防のためのほぼ唯一の方法と言って良い。
特に風俗店などでは不特定多数の人間が性行為に及ぶため、使わないと病気をもらう可能性が跳ね上がる *1

女性用コンドームも存在する。
男性用コンドームと同じ材質で形は大きな筒状。
膣の入り口から奥まで入れるものだが滑りがよくなりすぎるため男性から不評らしく、とても人気がない…


歴史

古来から動物の腸などがコンドームとして用いられていたようだが、19世紀頃からゴム製のものの開発が始まった。
現在は天然ゴム(ラテックス)系とポリウレタン系の二つが主流。ゴムアレルギーの人はポリウレタン製を使用するとよい。

現在の物は超極薄であり、着けていても性感を殆ど損なわない。
最薄は市販製品で0.01ミリ台。

最近は各社ともさまざまな工夫を凝らしており、女性にも買いやすいデザインになっているものや一個あたり数百円もする高級品などもある。


保管

長期間未使用でいると樹脂が劣化して裂け目ができる場合があり、そうなると避妊具としての存在価値は無い。

箱や個包装に使用期限が書かれているため、必ず期限内の物を使おう。
それも定められた保存方法(高温多湿を避け、物理的刺激を受けず、薬品などの影響を受けない場所)で保管された場合の話なので、
使うときだけでなく置き場所にも気を遣うこと。

特に、
  • 窓際(紫外線に晒される)
  • タンス(防虫剤が危険)
  • 車内(温度変化が激しい)
  • 財布(硬貨などの金属で劣化しやすいうえに擦れる)
これらの場所に長期間忍ばせたコンドームなど論外である。

持ち歩くときも曲がったり擦れたりしやすいズボンのポケットなどは避け、バッグの中に箱ごと入れるかせめて胸ポケットにコンドームだけで入れると良い。
またあまり知られていないがコンドーム専用のポータブルケースもあるので覚えておこう。


使用

2次元では口を使って装着する場合があるが歯や爪等がわずかに当たった時の傷でさえ、精子が漏れ出る場合があるので、乱暴に扱ってはいけない。
袋を切るときも指の腹で袋の隅に押してコンドームを出し、正しく装着しよう。

大抵のコンドームの先端には小さな袋状の部分があるが、これは射精された精液をためる場所。
装着の際はこの部分を潰して空気を抜いておくこと。そうしないとプチプチみたいに破裂する可能性がある。

射精後は速やかに取り外し(挿入したまま萎えると膣に残ってしまう危険があるため)、精液がこぼれないよう口部を結んで廃棄する。
耐久性が落ちているのでそのままもう一回はダメ。

一応、長期戦用に厚め(0.09ミリ~0.1ミリ)のコンドームも販売されているが、これは刺激を鈍くして射精までの時間を伸ばすものなので、複数回射精していいというわけではない。面倒でも1回1回取り替えること。

因みに、ちゃんと着けないと違和感があるらしい。
使ったことないからよく知らんが。


主なメーカー&ブランド

  • オカモト
  • サガミオリジナル(相模ゴム工業)
  • ベネトン(オカモトがOEM供給)
  • JEX
  • 不二ラテックス
  • 中西ゴム


二次元でのコンドーム

エロ漫画やエロゲーでは出番少なめ、だいたい生でやっている。
アダルトビデオでも途中はつけていてもクライマックスでは外していることも多く、コンドームを前面に出した作品は少ない。

もちろんこれを現実で真似するのははっきり言って 愚行

しかし、出番こそ少ないものの使いようによっては生より燃えることがある。
ベッドインの前にちらつかせて誘ったり、相手に口を使って装着してもらったり、
行為に及んだ後に使用済みのコンドームを見て「いっぱい出たね……」などと妖艶に微笑まれたら、それだけで、うっ……ふぅ。

また事後の女の子の周りに大量のコンドームを散らばせることによって、
それだけの「激戦」があったことを示す描写ともなる(大量射精とかで不明瞭なぶっかけと違い明確に回数が分かるため)。
さらにはコンドームをつけさせていたのを止めることによって、女性の心情の変化を表すアイテムとしても使われる(特に人妻不倫物)。

よりニッチなものでは様々な事情で望まない性交渉をしなければならない女性に使わせることで相手の心を支配しているような感覚になる、というようなものも。

エロ以外でも対象年齢の高いラブコメやギャグマンガでは下ネタや誤解を招く小道具になる。


余談

  • オリンピックの選手村にはコンドームが置いてある
バルセロナ五輪から始まったらしいが、これは性交による性病拡大を防ぐ為。なんでも、男性同士の性交が一番危険 *2 らしい………

  • 先のバンクーバー冬季五輪では…
用意された10万個で足りず、さらに8500個が追加されたとか。
健康な精力みなぎる選手が一緒にいて、何も無いわけがない 」全くである。

  • 2020年の東京五輪に向けて
「50万個は用意したい(オカモト幹部)」と言っている。夏の五輪のほうが競技数が多いため、消費が早いらしい。

  • 某お笑い芸人兼オリンピック選手が…
選手村のコンドームを 三桁 持って帰ったらしい。
いくら「ご自由にお持ちください」とはいえそれは…

  • 海外では?
コンドームは性病予防の為のものという認識が一般的で、避妊が目的の場合はコンドームではなくより避妊率が高いピルを使うことが多いと言われている。
先進国の中でコンドーム使用数が圧倒的に多い日本に対して 日本はそんなに性病が流行っているのか… と言われる始末。

  • 戦時中…
アメリカ軍がLサイズ並のコンドームにSサイズと書いて日本の町にばらまき、日本の志気低下を狙ったとかなんとか。
何がしたいんだアメリカ軍……
まあ爆弾よりは平和的だが………

  • コンドーム禁止の国!?
バチカン市国は世界で唯一、コンドームの使用を認めていない国である。
そもそもカトリックの総本山であるローマ教皇庁は「禁欲とリズム法」以外の避妊を認めていないのだから、それに統治されているバチカンで禁止なのも当然である。

  • コンドームも熟成する?
天然ゴム製のコンドームを適切な環境で保管した場合、
製造直後よりも製造後1年ほど経過したものの方が強度が増すというメーカーもある *3
繰り返すが 適切な環境で保存した場合 なので注意。


他の避妊方法について


ピル(経口避妊薬)の避妊率は99%以上とされる。
正確には99.7%前後とのことだが、やはりというか、正しく使った場合でありうっかり飲み忘れたりする危険があるため実際にはもう少し下がるらしい。

ピルは女性の月経不順の治療に使われることあるので、詳しいことは病院で聞いてみよう。

ただし

ピルは長年利用することで妊娠機能を弱めてしまうことがあり、不妊症の原因にもなっている。
安易にピルを薦めるのもよろしくない。

生でしたいがためにピルを飲ませようとする男性が増えているが、
使い方を誤るとホルモンバランスを異常にするので気持ち悪くなったり、倒れたり、自律神経失調症、鬱病などになることもある。
不妊症になる可能性も踏まえて将来のこともよく考えてから使用を判断すること。

他にもIUD(子宮内避妊具)など避妊の方法はいろいろあるため、各個人の体質や事情にあわせて選ぶようにするとよい。
可能なら複数の方法を複合することで避妊確率はより高まる。




本当に相手を大切に思うwiki籠もり達なら、一時の興奮に身を任せて使わないなんてバカな事は出来るわけ無いだろう。

追記・修正は、大人の嗜みを理解した人がお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/