東城歩(銀魂)

登録日 :2012/09/04(火) 21:57:33
更新日 : 2016/12/12 Mon 19:18:54
所要時間 :約 5 分で読めます




12月10日……若にゴスロリ風の衣装をプレゼントした爆破される。
12月11日……カーテンのシャーっていうのが気になるので呂太に買いに行く。


東城歩は『銀魂』の登場人物の1人。


名前の由来は『いちご100%』からなのは読者の間では有名。


長髪に糸目が特徴。
キレると目が糸目ではなく恐ろしい目に変わる。

名門柳生家に仕える武士であり柳生四天王の1人で柳生四天王の中では最強。

幼い頃から九兵衛の世話をしているが彼女を溺愛するあまりストーカーと同じような行為をしている為九兵衛からは嫌われている。

初登場の柳生篇では身体に身につけた皿を割られたら負けというルールの下、
皿は割れてないが腕を負傷した神楽と足の骨を神楽に折られた沖田のタッグに圧倒された南戸を自らの手で脱落させ只者ではないと思わせる一面を見せた。


しかし、トイレットペーパーの紙切れにより銀時と近藤をトイレに閉じ込めることに成功するも、
オババが出した卵が腐っていたことにより下痢を起こし自滅 というネタっぷりを披露。

敏木斎を含む4人でトイレの中の心理戦を行い九兵衛の写真でケツを吹き同じタイミングでトイレを出た近藤と戦うが一撃で撃沈。
これで柳生篇の出番は終了。

その後は、九兵衛絡みもあってか四天王で唯一レギュラーキャラになるが、
後述のソープ通いと九兵衛へのストーカー紛いの行為が殆どで他のレギュラーキャラ同様完全なギャグキャラとなった。


九兵衛を溺愛して本人からは嫌われているが、
九兵衛の誕生パーティーの時に呼ばれてもいないのに柳生家へのパイプを作ることで幕府との関わりをもとうとした汚い人間に立ち去ることを命じたり、
塾頭篇では九兵衛の愛するお妙と仲間である万事屋の為に協力する目的で土方らとサポートに回る等、いざとなった時はやればできる一面を見せる。
(真面目な描写がこれぐらいしかないのは内緒だ)


九兵衛絡みのネタに関しては。

汚れたバベルの塔の回では冒頭の日記を披露し、毎回九兵衛にゴスロリ風の衣装やナース服をプレゼントしては爆破され、
翌日はカーテンのシャーっていうやつが気になりLoftに買いに行く生活の繰り返し だということが発覚。

プールの回では水中から盗撮を行い、近藤・さっちゃんとのストーカーネタの三連コンボを発生させた。

さらに、ラブチョリスではピン子を九兵衛コスにしたうえに赤ちゃんプレイを楽しみ性癖が暴露された。
因みに、大会でピン子を選んだのは銀時・東城・さっちゃん(改造データ)のみである。

さるお方が来た時は九兵衛の注目が全てさるお方に行き自分は忘れられるのではと1人心配していた。

そして、もうひとつ彼を語るうえで欠かせないのが ソープ・ヘルス通いネタ

兎に角暇さえあればソープに行く。

昼間だろうと重要なことの合間だろうとソープに通う。

以下ソープ・ヘルス通いネタ

  • 将軍の初登場した回にてすまいるのピンチに九兵衛と共に現れたがキャバクラがソープと同じものだと思っていた。

  • 汚れたバベルの塔建設を阻止すべく銀時と神楽が合コンに協力する仲間を探している傍ら1人ソープに通う(後に制裁を食らった)。

  • ゲームの世界でもそういう店に通っており、彼女と思われたピン兵衛は実はデリバリーピン子の1人だった(直後にラブホの店長にフルボッコにされた)。

  • 銀時がメールデスキャンサーに狙われた際に銀時がパ チンコでフィーバーしてることのメールに、
    「偶然ですね、私も今イったところです」 と店内での行為の実況をメールで返した。

  • 金魂篇にて金時の洗脳によりかぶき町の住民が銀時を捜索する中1人どさくさ紛れにソープを探していた。
    さらに、1人だけ状況が把握できていなかった。


さらに、劇場版第1作のオマケ映像にて皆が映画本編の主役を狙う中、九兵衛が主役なら 「濡れ場は当たり前」 だと決めつけ放送禁止用語を連発し、
新八から「あんたは普段どんな映画見ているんだ」とツッコまれていた。


下ネタが多い漫画においてレギュラーキャラの中では下ネタ比率上位に食い込むある意味危険なキャラクターである。


微妙に銀時達の師である松陽先生に似ている……気がする。


追記・修正はカーテンのシャーが気になってLoftに買いに行ってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/