ジェアン・シュヴァリアー

登録日 :2010/09/02 (木) 23:03:23
更新日 : 2017/07/04 Tue 22:08:47
所要時間 :約 4 分で読めます




ジェアン・シュヴァリアー(Geant Chevalier)

全長:110.3m
重量:190.2t
装甲材質:不明
動力:レース・アルカーナ
インターフェイス:シュンパティア
開発者:クリフォード・ガイギャクス
主なパイロット:ジョシュア・ラドクリフクリアーナ・リムスカヤグラキエース(スポット参戦時のみ)

エール・シュヴァリアーのシュンパティアとレース・アルカーナをコアとしてウェポンボックスハンガーに組み込んだ機体。
巨大なジェネレーターを搭載する事で、レース・アルカーナの性能を最大限まで引き出せる。

開発者のクリフ曰く、如何なる地形においても活動できる機動兵器との事。しかし、その実態は どこぞのデンドロビウムの様な超大型機動兵器 である。
その大きさは、味方のバンプレオリジナルメカ中、「史上最強の家」に定評があるWのヴァルザカードに次いでNo.2のデカさを誇り、正に【巨大な騎士】の名の冠するに相応しい機体。


しかし、驚く事はそこだけではない。
なんとこの機体、この巨体で、 格闘戦を主体としている のだ。
実際、分身、撃ち落とし、切り払いを揃えており、それを容赦なく多用する。


■武装

  • アーマーブレイカー
OG2ndで装備。

  • ネオインパルスランチャー/ネオ・インパルス・キャノン(射撃)
エール・シュヴァリアーにおけるインパルスキャノン。火力自体は下がっているが、弾数制に変更されており、ENを食わないのが長所。

  • ブレードビット(射撃)
ウェポンボックスハンガーからビームソード内蔵式のビットを飛ばして敵を切り刻む。
サイズがサイズなので、さぞかしデカいビットが敵機を襲うことになると思われる。
第2次OGでは弾数制に。

  • ネオビームブレード/ネオ・サイファー・ソード(格闘)
ウェポンボックスハンガー右部に搭載された大型ビームブレード。
デンドロにおけるメガビーム砲がまんまビームブレードになったと考えると非常に分かりやすい。
サイファーソードの後継扱いだが、射程が1~3となり、大きさも使い勝手もサイファーソードの比ではない。
ただし、燃費も2倍である。というか、海適応Aと言う事は、これで水中に突貫するという事なのだろうか…。

  • クローアンカーバースト (格闘)
本機の必殺技。ウェポンボックスハンガー左部のクローアンカーをドリル状に回転させた上で敵機を貫き、捕獲してネオビームブレードで突貫。
一応バーストレイヴの後継技だが……まぁ、並のPTをグシャグシャにできる大きさのクローで掴んで引き寄せた後、戦艦を楽々両断できるビームブレードで貫通している。
と考えればかなり 怖くてえげつない 技なのではないだろうか。うん……
地味だけど。

第2次OGではモーションが大きく変更され、武装一斉攻撃パターンになっている。ガンで牽制→クローアンカーで捕獲→周囲を旋回しながらインパルス・キャノンで集中砲撃→旋回の勢いでクローアンカーを引き戻しつつ空中に投げ捨てる→ブレードを最大出力にして突撃、という流れ。

某呆れるほどに有効な戦術とは無関係。無関係である。


■劇中での活躍

スーパーロボット大戦Dのリアル系後期主人公機の内の一つでエール・シュヴァリアーの後継機。
エールが抱えていた問題点は全て解決されるが、今度は陸に降りれなくなった上にシールドもなくなる。そのためHi-νとか地上の機体には援護できない。
また、設定上は分離可能だったがゲームでは不可能(分離可能だと強過ぎる為という仮説有り)。

ちなみに、武器自体は全地形で使用可能。格闘武器2種に至っては全地形適応Aである。そう、海でさえも…(使う機会がないが)。

ちなみにサイズはL。さすがにLLになる事はなかった。
しかしデカいので食らいやすくなっているため、運動性はより強めに改造しよう。

レース・アルカーナをフル機動させているため、ルイーナ機との感情共有も強まる。
作中ではルイーナとの戦闘時に一度は大破してしまうも、その後密かに修復された。
グラキエース加入フラグを立てていると、何と 本人 が乗って戻って来る。
…あ、ジョッシュさんは後ろで待機してますよ。

なお、陸と海には適応されず、空だけ適応されている。そのため地上に降ろせない。
どうしてこうなった。


因みに、あのエール・シュヴァリアーの後継機ということで期待したプレイヤーを絶望させた機体。
エールが良く動いたため、ジェアンの あまりのずんぐりむっくりぶり にその絶望は半端なかったという。
お陰で、エールに比べて人気が低く、愛称も 「青マンボウ」「青デンドロビウム」 などと酷い。
…本当にどうしてこうなった。


第2次OGではかなり設定画に近いものとなり、マンボウからは脱却した。サイズもLLになっている。
クローアンカーバーストの動きもパワーアップしているので見応えがある。


追記・修正はずんぐりむっくりになってからお願いします。




この項目が面白かったなら……\ポチッと/