斬鉄剣

登録日 : 2011/08/05(金) 14:52:36
更新日 : 2017/07/31 Mon 14:29:25
所要時間 :約 5 分で読めます





┌────────┐
│斬鉄剣とは、│
│鉄を切断する│
│ことができる│
│刀剣のこと。│
└────────┘




ズバッ



\パカッ/
┌────┐┌────┐
│斬鉄剣││とは、│
│鉄を切││断する│
│ことが││できる│
│刀剣の││こと。│
└────┘└────┘












◇現実の斬鉄剣
刀匠・初代小林康宏が作刀した日本刀のうち、極めて強度の強い複数の刀のこと。
居合家たちがその素晴らしさを讃えて呼んだのが始まりである。
まあ日本刀の場合、余程のナマクラでなければ細い鉄筋を斬るくらいなら余裕だったりする。
昔は鉄兜の試し斬りをしていたらしいしね。

某番組では、特殊な材料と製法で刀を作ったところ、
車のドアに斬りつけても刃こぼれせず曲がりもしない凄まじい逸品が出来てしまった。
(並みの刀なら刃こぼれした上に鞘に収まらないほどにひん曲がる)
試し斬りした藤岡弘、はこれを リアル斬鉄剣 と称した。


創作の斬鉄剣
斬鉄剣と言って真っ先に思い浮かぶのは、
  • ルパン三世の斬鉄剣
  • FFシリーズの斬鉄剣
の二つだろう。

ルパン三世 の斬鉄剣
十三代石川五ェ門が使用する、何でも斬れる凄い刀。
……と言いたいところだが、実は斬れないものが結構ある。
ひどい時には刃こぼれしたり最悪折れたりする。
これは『ルパン三世』という作品自体が原作やTVアニメ、劇場版などで様々な設定を持つ上、それが矛盾しまくるからである。
(例えば銭形警部の下の名前だけでも4種類もある)
多少おかしなところがあっても鮮やかにスルーしよう。

●特徴
  • 白鞘の刀で鍔がなく反りがほとんどない、またはない
    様々な設定が入り乱れる中、これだけは全ての作品で一致している。

  • 切れ味が異常
  • 19世紀に開発された
  • 製法を記した巻物を示刀流なる組織が奪い、斬鉄剣を大量生産していた
  • 五ェ門の斬鉄剣は虎徹、良兼、正宗の三本の名刀から打ち直された逸品
  • 切れ味が尋常じゃないのは、刀身の温度が普通の刀よりも遙かに高いから

  • 300年に一度、切れ味が極端に落ちる
    それを解消するために、 男剣と女剣を交わらせる添い寝式(決してエロいものではない) をする必要がある。

  • 何でも斬れる
鉄、床、壁、ダイヤモンド、車、飛行機、潜水艦、銃弾、ミサイル(三枚に卸せる)、
風、雷、流れ星、超斬鉄合金(斬鉄剣を超える金属)製のステルス爆撃機 など、
明らかに刀身より大きいものや斬れるはずのないものも斬ってるが気にしない。

ちなみに五ェ門以外の者が、斬鉄剣を借りたり奪ったりして使用した場合も、五ェ門が使う時にはかなわなくとも、かなりの切れ味を発揮している。
不二子がクレーンで吊られながら斬鉄剣を振り回し、周囲のビルが斬られまくって大変な事になった例も…

  • 斬れないものも結構ある
蒟蒻(アニメ版第2シリーズ第61話のみ)、卵形金庫、マリンタワーの強化ガラス、合金チョッキ(映画第1作)、
マイアミ銀行の壁、オリジナル・メタル、インベーダー金庫、ゾンビ、吸血鬼、漂流島の防御システム、惚れた女 など。
明らかに斬れそうなものも斬れなかったりするがノープロブレム。

ゾンビや漂流島の防御システムに至っては斬れたものの、再生能力を持っていたため、斬ってもキリがない物となっている。

原作では「流星」という名前が付いている。
隕鉄を鍛えて作られたという設定である。

ちなみに原作初期の五ェ門は 竹光 で鋼鉄を斬っていた。
……あれ? 斬鉄剣要らなくね?

五右衛門の卓越した技量も相まって、
本来強度的に斬れない筈の、超斬鉄合金製のステルス爆撃機すらも、同じ箇所を寸分の狂いもなく何度も斬る事で斬り裂いている。

最近では 宇宙に浮かぶ衛星砲台を、地上から飛ばした斬撃により斬り裂いた。

流石斬鉄剣だ、相手が大気圏に居ようがなんともないぜ!




FFシリーズの斬鉄剣
主に幻獣オーディンが使う剣。
対象(単体又は全体)を一撃で倒す。
敵が真っ二つになるさまが実に爽快。

ちなみに本来オーディンの獲物であるグングニルよりも先に登場した。
(斬鉄剣はFF3より、グングニルはFF5より)
詳細は当該項目参照。


FF6では装備品として登場。

攻撃力208
装備可能者 ティナ、セリス、エドガー、カイエン

カイエンが装備できる唯一の騎士剣。
たまに敵を一撃で倒す。
デスとは違いアンデッドにも有効。
ただし即死耐性を持つ相手には効かない。



追記・修正は真っ二つにされる前にお願いし ズバッ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/