殿堂入り(DM)

登録日 :2010/11/11(木) 20:57:12
更新日 : 2017/06/30 Fri 10:28:05
所要時間 :約 7 分で読めます




殿堂入りとはデュエル・マスターズにおいてあまりに強力で、一枚しかデッキに入れてはならないカード。
つまり他TCGで言うところの制限カードである。

更に悪名高くなるとプレミアム殿堂(禁止)になる。
一見輝かしい称号だが、要は強すぎて環境でを荒らしまくった問題児どもである。
ただしメインターゲットである子供達に配慮したのか、プレ殿共々「特別な切り札に与えられる称号」とあくまでポジティブなものとして扱われている。
また、キクチ師範代が後にツイッターで語るところによれば、そのカードを産みだすまでの過程で、様々な人たちが関わっており、そういう人たちの努力を無下にするような呼称を導入したくなかったということもあるらしい。
確かにイラストを描いたカードが公式から「クソゲーを産むカードだ」みたいな扱いされたら嫌だろう。

ちなみにDMでは殿堂入りからプレミアム殿堂になる事はあっても、殿堂入り(プレ殿)から解除された事はなかったのだが、近年ではボルメテウス・サファイア・ドラゴンプレミアム殿堂から殿堂入りに格下げになった。
その後2016年に入り新たに6種(+プレミアム殿堂から2種)の殿堂解除が発表され、これからの殿堂システムに新たな可能性が見出された。

殿堂入り一覧

アストラル・リーフ VR 水文明 (2)
進化クリーチャー:サイバー・ウイルス 4000
進化-自分のサイバー・ウイルス1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを3枚引いてもよい。
DM最強クリーチャー候補。詳しくは項目で
このカードが殿堂止まりなのは、序盤の動きを支えるカードだからという面が大きい。

ディープ・オペレーション (2016年2月1日付で解除)  UC 水文明 (4)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにある相手のクリーチャーの数と同じ枚数のカードを引く。
同期の殿堂入りと比べると微妙な性能、正直他のドロー規制に巻き込まれたとしか……。
その後時が過ぎた2016年、12年もの月日を経て、ようやく制限解除となった。

ストリーミング・シェイパー R 水文明 (3)
呪文
自分の山札のカードを、上から4枚をすべてのプレイヤーに見せる。その中の水のカードをすべて自分の手札に加え、それ以外のカードを自分の墓地に置く。
水単色ならサイバー・ブレインを凌ぐ最強ドロー。墓地肥やしにも使われる。

エメラル C 水文明 (2)
クリーチャー:サイバーロード 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札を1枚、裏向きにしてシールドに加えてもよい。そうした場合、自分のシールドを1枚、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
カードの回収とSTの仕込みを同時に行える優秀な子。

クローン・バイス UC 闇文明 (3)
呪文
相手の手札を1枚見ないで選ぶ。その後、すべての墓地にある《クローン・バイス》1枚につき、相手の手札から他の1枚を見ないで選んでもよい。選んだ手札をすべて捨てさせる。
1発目は他ハンデスの劣化だが、2発目は1マナ軽い「スケルトン・バイス(禁止)」、3発目以降はそれ以上の極悪呪文。だが1枚制限だと使う意味が無くなるので事実上禁止。
余談だが、後に登場した「墓地から呪文を唱える能力」で墓地にあるこれを唱えても、 唱えてる時は墓地に存在しない扱いになるので、ハンデス枚数は増えない

予言者マリエル R 光文明 (4)
クリーチャー:ライトブリンガー 1000
パワー3000以上のクリーチャーは攻撃できない。
ロックの代名詞でフィニッシャー封じ。対策がなければ完全に詰む。

アクア・ハルカス (2016年2月1日付で解除)  C 水文明 (3)
クリーチャー:リキッド・ピープル 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。
同じステータスを持った「クウリャン」との8枚積みを防ぐ為に殿堂入りさせられた不運な子。
最近はクゥリャンの方が危険因子なのに……つかどんどん上位互換や相互互換が出てるのに……

とまあ殿堂入りに関して色々いじられていたハルカスも、2016年2月1日で無事釈放。
よかったね!

魂と記憶の盾 VR 光/水文明 (3)
呪文
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
進化ではないクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。
闇文明涙目な優秀軽量除去呪文。敵クリーチャーを回収が難しいシールドに埋めたり、味方に使えば防御にも。

超竜バジュラ SR 火文明 (7)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン 13000
進化-自分のドラゴン1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選んでもよい。相手はそれを自身の墓地に置く。
T・ブレイカー
最強の進化ドラゴン。みんなのトラウマ。

パシフィック・チャンピオン (2016年2月1日付で解除)  R 水文明 (2)
進化クリーチャー:マーフォーク 5000
進化-自分のマーフォーク1体の上に置く。
このクリーチャーは、進化ではないクリーチャーから攻撃またはブロックされない。
二代目青単速攻の主役。進化クリーチャーでしか触れないというまさにチャンピオン。
そんな彼も時代の流れか、2016年に殿堂解除されることになった。

インフィニティ・ドラゴン R 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 7000
自分のドラゴンがバトルゾーンを離れる時、自分の山札の上から1枚目を墓地に置く。そのカードがドラゴンまたはファイアー・バードであれば、自分のドラゴンはバトルゾーンを離れるかわりにとどまる。
W・ブレイカー
ドラゴンを不死身の軍団にする連ドラの救世主。

バジュラズ・ソウル SR 火文明 (5)
クロスギア
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+2000され、シールドをさらにもう1枚ブレイクする。
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置いてもよい。
簡易版バジュラを生み出す大量破壊兵器。誰でも最凶最悪のフィニッシャーになれる。

雷鳴の守護者ミスト・リエス (2016年2月1日付で解除)  UC(R) 光文明 (5)
クリーチャー:ガーディアン 2000
他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。
生かしておくだけで危険極まりないクリーチャー。ブーストや展開力に長けたデッキに入っていれば脅威。
昨今は除去カードに優秀なものが増えたからなのか、2016年になんと殿堂解除。
全盛期ほどの活躍が見込めるかは分からないが、今後は警戒すべきカードのひとつになるかもしれない。

英知と追撃の宝剣 SR 水/闇文明 (7)
呪文
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
バトルゾーンにある相手のクリーチャーを2体選ぶ。相手はその中から1体選んで自身の手札に加え、もう1体を破壊する。その後、自分は相手のマナゾーンからカードを2枚選ぶ。相手はその中から1枚選んで自身の手札に戻し、もう1枚を墓地に置く。
一度に4枚のカードに干渉するアドバンテージの塊。選ぶカードによっては相手に究極の選択を迫れる。

インフェルノ・サイン P(UC) 闇文明 (5)
呪文
S・トリガー
コスト7以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
調整版「インフェルノ・ゲート」。コスト制限が付いたが、むしろSTが付いた分強化されている。

不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー (2017年2月26日付で解除)  VR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 9000
シールド・フォース
SF-このクリーチャーは「ブロッカー」を得る。
SF-このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、離れるかわりにとどまる。
W・ブレイカー
条件付きだが「場を離れない」というわかりやすいチート能力を持つフィニッシャー。

パラダイス・アロマ C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバー・ウイルス 2000
G・ゼロ-バトルゾーンにサイバーロードが1体でもあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
青単速攻の屋台骨。低コスト進化サイバーロードのお供としてその展開力を見せつけた。

龍仙ロマネスク SR 光/火/自然文明 (6)
クリーチャー:アポロニア・ドラゴン/アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 5000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から4枚を、マナゾーンに置いてもよい。
自分のターンの終わりに、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。
大量のマナブーストで爆アドを叩き出す。充実したドラゴンのサポートを受けて高速召喚し、やりたい放題できる。
意外な運用ではヘブンズ・ゲートからの踏み倒しも可能。

スパイラル・ゲート C 水文明 (2)
呪文
S・トリガー
クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
最軽量&元祖バウンス。速攻で活躍した上に超次元メタにもなったため殿堂入りさせられた。実はコスパも異常。

光牙忍ハヤブサマル C 光文明 (3)
クリーチャー:ガーディアン/シノビ 3000
ニンジャ・ストライク4
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、次の自分のターンのはじめまで、自分のクリーチャー1体に「ブロッカー」を与える。
きたない忍者その1。攻撃した瞬間手札から飛び出すブロッカー。

威牙の幻ハンゾウ VR 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド/シノビ 5000
ニンジャ・ストライク7
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーを-6000する。
このクリーチャーが破壊される時、自分のマナゾーンに闇のカードが1枚でもあれば、かわりに自分のシールドをひとつ墓地に置いてもよい。
きたない忍者その2。
この-6000がでかく、大抵のクリーチャーは潰せる(DMではパワーが0以下になったクリーチャーは破壊される)。

ラッキー・ダーツ R 光文明 (1)
呪文
自分のシールドをひとつ相手に選ばせ、見る。それが呪文であればコストを支払わずにすぐ唱えてもよい。
当初はネタカードであったが、クリーチャーを呼び出す超次元呪文の登場により凶悪呪文と化した。

超次元ドラヴィタ・ホール UC 光文明 (5)
呪文
コスト3以下の呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。
次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►自分の超次元ゾーンから好きな数のサイキック・クリーチャーをコストの合計が5以下になるように選び、バトルゾーンに出す。
►コスト7以下の光のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
これで不滅オロチやドロマーが暴れた。

天雷の導士アヴァラルド公 UC 光文明 (3)
クリーチャー:アーク・セラフィム/ナイト 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚をすべてのプレイヤーに見せる。その中から呪文を好きな数手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に戻す。
脅威のドロソ。ドラヴィタ同様大暴れ。

斬隠オロチ VR 水文明 (6)
クリーチャー:サイバーロード/シノビ 3000
ニンジャ・ストライク7
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある他のクリーチャーを1体選び、持ち主の山札の一番下に置く。その持ち主は、自身の山札の上から進化ではないクリーチャーが出るまでカードをすべてのプレイヤーに見せ、出たクリーチャーをバトルゾーンに出して、残りのカードを好きな順序で山札の一番下に戻す。
遅れて殿堂入りしたきたない忍者その3。
不滅オロチなどで暴れたため殿堂入り。

再誕の社 UC 自然文明 (3)
呪文
カードを2枚まで、自分の墓地からマナゾーンに置く。
その汎用性の高さとドラヴィタ・ホールでの使い回しが非常に強力。僅か1年で殿堂入り。

王機聖者ミル・アーマ (2016年9月15日付で解除)  P(C) 光/水文明 (3)
クリーチャー:グレートメカオー/イニシエート 3000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
自分の呪文を唱えるコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。
バイス・ホールと共にディアボロスを大暴れさせるきっかけを作ったカード。

ダンディ・ナスオ C 自然文明 (2)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中からカードを1枚選んでマナゾーンに置き、マナゾーンからカードを1枚選んで墓地に置く。その後、山札をシャッフルする。
茄子サファイアやロマノフサインを支えた優秀墓地肥やし。

ヒラメキ・プログラム R 水文明 (3)
呪文
自分のサイキックではないクリーチャーを1体破壊する。その後、自分の山札の上から、その破壊されたクリーチャーよりコストが1多いクリーチャーが出るまで、カードをすべてのプレイヤーに見せる。そのクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
登場以来様々なコンボを生み出し、様々なカードを一線級に上らせる手助けをした。
これが殿堂入りした時のわぁい!の意気消沈ぶりはそれはそれは相当なものだったらしく、あまりのショックに過去の自分の発言とまるで正反対な事を言ったりしている。

勝利宣言 鬼丸「覇」 ≡V≡  火文明 (10)
クリーチャー:ヒューマノイド/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン 9000+
スピードアタッカー
パワーアタッカー+5000
このクリーチャーが攻撃する時、相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
T・ブレイカー
みんな大好き大嫌いな「覇ァ!」。

カラフル・ダンス UC 自然文明 (4)
呪文
自分の山札の上から5枚を、マナゾーンに置く。その後、自分のマナゾーンのカードを5枚、墓地に置く。
強力な墓地肥やしとマナ調整。
後に登場したあるエイリアンの影響で殿堂入りしたと思われる。

ミステリー・キューブ R 自然文明 (5)
呪文
S・トリガー
自分の山札をシャッフルする。その後、上から1枚目をすべてのすべてのプレイヤーに見せる。それがクリーチャーであれば、バトルゾーンに出してもよい。クリーチャーでなければ、自分のマナゾーンに置く。
踏み倒し対象がクリーチャーのみになったホーガン・ブラスター。
もっぱら覇ァのために使われた強力リクルート呪文。
別名《超次元ヴィルヘルム・ホール》。

超次元ホワイトグリーン・ホール UC 光/自然文明 (4)
呪文
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
コスト5以下のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
このようにして光のサイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出した場合、自分の手札を1枚裏向きにして、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加えてもよい。
このようにして自然のサイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出した場合、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。
サイキッククリーチャーを呼び出し、その文明によってシールド追加&マナ回収。
《勝利のプリンプリン》との相性が異常なほどによく、使い回されればビートダウンはほぼ詰む。

伝説の禁断 ドキンダムX FLC 火文明 (99)
禁断クリーチャー 99999
T・ブレイカー
このクリーチャーが禁断解放した時、相手は自身のクリーチャーすべてに封印をひとつ付ける。
コスト4以下の呪文によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。
このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける。
ゲーム開始時に特定の条件ではがれる封印を6枚敷き、はがれると、相手の全クリーチャーを全封印。でも場を離れると プレイヤーが死ぬ
強力な能力を持っているのも確かだが、どちらかといえばこのカードが殿堂入りしているのはこのカードを取り巻く特殊な仕様によるものが大きい。
より具体的に知りたいなら本人の項目を見てもらった方が早い。

他にもまだまだあるので公式サイトなどで確認してみて欲しい。

殿堂入りまでの期間について

短い方のランキング
カード名 発売から殿堂までの日数
1位 《禁断 ~封印されしX~》/《伝説の禁断 ドキンダムX》 -3日
2位 《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》/《終焉の禁断 ドルマゲドンX》 0日
3位 《暴龍警報》 268日
4位 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 275日
5位 《スクランブル・チェンジ》 280日
6位 《ボルバルザーク・エクス》 294日

長い方のランキング
カード名 発売から殿堂までの日数
1位 《大勇者 「鎖風車」》 4746日
2位 《デビル・ドレーン》 4237日
3位 《盗掘人形モールス》 3010日
4位 《ハイドロ・ハリケーン》 2942日
5位 《スパイラル・ゲート》 2907日
6位 《セブンス・タワー》 2820日




追記、修正は殿堂入りしてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/