民族衣装(萌え属性)

登録日 :2012/07/22(日) 11:50:39
更新日 : 2017/07/03 Mon 03:39:49
所要時間 :約 3 分で読めます




民族衣装とは、その国、地域特有の衣料品である。


【概要】

世界には、一年を通して暑い地域、寒い地域、湿気の多い地域、
乾燥した地域、四季がはっきり分かれた地域など様々な気候の地域が多数存在する。
民族衣装はこれらの気候に対応するためにその地域で生み出され、発展してきた衣料である。

――と、お堅い概要はこんなもんでいいだろうか。

二次元における民族衣装は、特定の地域の記号として用いられることがほとんどである。
そして、それらを纏うのは可愛い女の子―。


Let's異文化交流!!



【主な民族衣装】

●東・東南・南アジア

我らが国、日本の心。
足がチラリと見える様は実にドキッとする。詳細はリンク先参照。
男性のはこちら。女性のはこちらを参照。


中国四千年の神秘……ではなく、女真族(満州族)の民族衣装が清王朝時代に漢民族に伝わりメジャー化した。
ヲタはもちろんオヤジ達のウケもいい。詳細はリンク先へ。


  • チマチョゴリ
朝鮮半島の民族衣装。
日本の女袴に似た下衣『チマ』と上位『チョゴリ』の組み合わせ。
『乳出しチョゴリ』 なる気の利いた品があるのに人気は高いとは言えない。
韓流ドラマ等のイメージが付いて回るのが原因か。


  • アオザイ
ベトナムの民族衣装。
チャイナドレスと似ているが露出がより少なく、淑やかな雰囲気を漂わせる。
腰のサイドがちょっとだけ露出するのがポイント。間違ってもつついてはいけない。


  • サリー
インドの民族衣装。一枚の布を全身に巻きつけるスタイル。
着付けができないと後で大変なことになる。あと額飾りをホクロって言うな。


●中東

  • チャドル
イスラム教圏における民族衣装。
目だけだしてるけど別に怪しい人じゃないよ。
イスラム教徒の女性は 夫と子供以外に肌を露出させてはいけない という宗教上の理由。
おかげで女子サッカーイラン代表のユニフォームは常に長袖、パンツの下にはロングスパッツ、頭はニット帽の重装備に。
露出度はてんでないが、目元しか見えないため実数値以上に美人に見える。
黒とかがポピュラーだが最近はかなりオシャレなチャドルも増えている。
だが着用者の皆さん曰く「猛烈に暑いんでできれば脱ぎたい」とのこと。
布の下には砂漠の強烈な日差しに見合わぬ白磁の肌が……。
フェミ団体様からは猛烈に嫌われているけど。


●北米

  • アノラック
登山用の防寒着を指すこともあるが、元々は毛皮でできた北極圏先住民の民族衣装である。白熊の毛皮でできたものは最上級品だとか。
もふもふを味わいたいのなら雪のブロックを積んだ家屋「イグルー」のなかでやりましょう。 外じゃ死ねます。
あと某緑豆は「毛皮を着るなら裸の方がマシだー」などと抜かすが、北極圏まで出向いてから言えと。


●南米

  • ポンチョ
アンデス地方の民族衣装。
頭からすっぽりと被る、マントの様な形状の衣装。
アンデス地方の独特の雰囲気も相まってなかなかに可愛らしい。
着脱が容易で作業性もよいので軍隊などでも採用される。
最近では日本でも見かけるようになった。


●欧州

  • ディアンドル
ドイツ、オーストリア辺りの民族衣装。
オクトーバーフェストをはじめとするビール祭りの際に着られていることで有名。
たわわな胸を強調するデザインが特徴で、多くのおっぱい星人どもを魅了した。とても人気があり似たような意匠が日本のウェイトレスの制服などに取り入れられている。
正確にはバイエルン~チロル地域の伝統衣装で、ドイツ人はこれを「ドイツ(全体)の民族衣装」と呼ばれると複雑な気持ちになるらしい。


  • キルト
スコットランドの民族衣装。
タータンチェックのスカート、ハイソックス、バグパイプは三種の神器。
じつはこれ、 本来男性用の衣装 、それも戦装束である。
しかもノーパン。もちろん路上での転倒は厳禁である。



追記・修正は民族衣装を着たこと 、もしくは脱がせたこと のある人がお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/