鳥居みゆき

登録日 :2012/02/17(金) 18:21:17
更新日 : 2017/01/17 Tue 22:42:22
所要時間 :約 4 分で読めます




う~わぁぁぁぁぁぁぁぁ!
鳥居みゆきの項目だぁぁぁぁぁぁぁ!


鳥居みゆきとはカンニングや髭男爵、ダンディ坂野らと同じサンミュージック所属の女性お笑い芸人。
1981年秋田県に生まれ、中学の時に姉と二人で読モデビューを果たす。…ここまでなら普通の女の子と変わらないのだが、彼女の人生を変えた物がある。

昭和のいる・こいる師匠の漫才である。

中学時代にお笑いに目覚めた彼女は「何やってもいいんだ!」と思い芸人の道へと進む…が、元々少なかった友達が尚更減っていったとか…

そんな中、18才の時に後に相方となるラブ守永と共に松みのるお笑い塾へと入学。
ダメ出しのしようがない程の腕前で、2001年に『ラモンズスクイット』を結成したが、鳥居の下ネタに守永がついて行けずすぐにコンビは解散。
ただし交流は続いており、『ロンドンハーツ』で鳥居のプライベートを探るという企画では酒の席に森永を呼び「ラブちゃーん♪」とご機嫌になっている。

2007年、カンニング竹山のネット番組で強烈過ぎるキャラクターを残し大人気に。
2008年にはR-1グランプリ6位という好成績を残し、
辛口で知られる審査員のダンカンにしては珍しく「これからどう育ってゆくのか非常に楽しみ」と誉められている。
また、ダンカン以外にも千原ジュニアや勝俣州和、アジアン隅田など鳥居の芸風を高く評価する芸人は多い。

2009年には『ザ・イロモネア』の企画『ピンモネア』でコーナー初の100万円をゲット。
現在もライブをやればチケットが即完売という人気ぶりであり、髭男爵の山田ルイ13世やラブ森永等と共に舞台公演も行っている。

2017年には初の少女向け特撮『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』に出演決定。
題材が題材なだけあり、どんな役割になるのかは不明。


【芸風】
鳥居みゆきを語る上で欠かせないのは、白装束に裸足・ボサボサ頭に目の下の隈、マラカスを手に、
「ヒットエンドラ~ン!(野球ではなく、『鬱→うつ→打つ→ヒット』+『躁→そう→走→ラン』)」と踊る芸風である。
これは元々の持ちネタ「マサコ」から生まれた物だが、今では公私共にこのキャラクターでいる。

強烈な下ネタ、人種や思想に引っ掛かりそうな際どいネタ等が多いが、
しっかりとした伏線が張られていたり幸せそうな人だと思ったら全て妄想だったというブラックなオチが用意されていたりとストーリー面の評価も高い。

尚、彼女のコントに出てくる人は基本的に死ぬが、本人曰く「死をもって再生する」という意味が込められているとの事。


【人物】
前述した通り、基本的にマサコのキャラクターで生活をしているが、一度めちゃイケのドッキリ企画で「旦那さんが来ています!」と言われ、一瞬だけ素に戻った。
…そう、実は彼女既婚者なのである。
夫は一般人の為にテレビに出ることは無いが、
真っ赤なライトに光を通さない真っ暗なカーテン、あちこちに置かれたリアルな手首や骸骨という家に住んでて変にならないのか気になる所である。
「ロンドンハーツ」の企画で淳が泊まったが、意外な事に楽しんでいた。
(ただしその後、早朝からグロなDVDを見ていた鳥居に耐えきれず帰っている。淳曰く「最後のが無かったら楽しかった」との事)

また、姉もモデルとして活躍しているがなかなかの天然。
「ザッケローニ!」
訳:ふざけんな


【交友関係】
事務所の先輩であるカンニング竹山を始め、ユリオカ超特Qやサンドイッチマンの伊達みきお等と仲が良く、ライブのサプライズゲストに駆けつけた事がある。
おかもとまりは鳥居を尊敬しており、物真似の持ちネタにしているが肝心の鳥居はおかもとまりが大嫌いなようだ。


「コント…リサスティッグマイy…リサスティッ…追記・修正」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/