仙人界(藤崎竜版封神演義)

登録日 :2010/06/09(水) 17:52:11
更新日 : 2016/08/23 Tue 06:18:08
所要時間 :約 2 分で読めます




上空に浮かぶ崑崙山脈と金鰲列島からなる、仙人達が住む特別な空間。
人間界とは空気が違うらしい。



○崑崙山脈
教主は元始天尊。
総本山である崑崙山の他にも山々があり、仙人はそこに住み着いて、修行の日々を送っている。
人間の仙人が大半だが、妖怪仙人も全くいない訳ではない。
太公望をはじめ、味方仙人達の多くはここが出身。
仙道の総数はおよそ300人。

  • 崑崙山
崑崙山脈の総本山。
巨大な岩。大きさは金鰲島の1/5。
太公望や黄巾力士の杏黄旗にエネルギーを供給している。

元始砲・十数の砲門・バリアを搭載しているが、整備不良とエネルギー不足のため全ては使えない。
操作が非常に困難らしく、現在崑崙山を操作できるのは竜吉公主のみ。それでも太乙真人の補佐が必要。


○金鰲列島
教主は通天教主。
総本山である金鰲島の他に複数の島がある。
技術的には崑崙山よりも進んでいる。
主に妖怪仙人が生活している場所。
人間の仙人もいるが、人間に恨みを持つ妖怪人間も少なくないため、そういった者達に襲われる危険が大きいようだ。
仙道の総数はおよそ1000人。

  • 金鰲島
直径15Kmの碗型の巨大な島。
内部には星と呼ばれる球体が大量に浮いており、それぞれの星を繋ぐ廊下が張り巡らされている。
星の中には仙人達が住んでいる。

スーパー宝貝に匹敵する出力を持つ通天砲の他、バリア機能、100機の蒼巾力士を搭載している。
中心部に動力炉があり、それで島全体にエネルギーを供給している。




ここからネタバレ









仙界大戦により崑崙山脈・金鰲列島共に大破し、地上に落下。
仙人界は消滅した。




○崑崙山2
太乙真人が崑崙山と金鰲島の残骸から作成した新たな崑崙山。
通天砲をそのまま搭載した他、高速移動が可能になった。自動操舵機能、小型宝貝ロボによる自動修復機能もある。
小型化したことで省エネにも成功したが、操作が崑崙山よりも複雑になり、太乙真人にしか操縦できない。
『省エネルギー』だが操縦士の負担はほとんど変わらないため、一度エネルギーを酷使しすぎた太乙真人がミイラ化し、崑崙山2ごと海に墜落したこともあった。
大きさは崑崙山の1/1000。











読者「崑崙山2の大きさは崑崙山の1/1000だそうですが、直径15kmの金鰲島が崑崙山の5倍ということは、崑崙山2の大きさは3mしかありませんよね?」
フジリュー「しまったぁぁぁ!もう3mでいいっす!」
※完全版ではちゃんと修正されました。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/