ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

登録日 :2012/11/18(日) 02:09:29
更新日 : 2017/03/02 Thu 20:03:39
所要時間 :約 11 分で読めます




EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qは、2012年11月17日に公開された映画。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作の第3作であり同時上映は「巨神兵東京に現わる」。


以下、ネタバレ完全解禁。
ネタバレを恐れる者は、直ちにブラウザバックで退避せよ!



























繰り返す!ネタバレを恐れる者は、直ちにブラウザバックで退避せよ!

























ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」から14年後の世界でネルフと人類との戦いが描かれ、TV版を完全に離れた完全オリジナルストーリになっている。
また、サードインパクトが発生した世界崩壊後が舞台となっているためか、終始シリアスな展開が続き、前2部とは違いコミカルなシーンはほぼ皆無となっている。

同じガイナックス制作で本作と裏設定で繋がっている『ふしぎの海のナディア』の劇中音楽の一部が使用されている。



【ストーリー】

エヴァンゲリオン初号機の覚醒により発生したサードインパクトから14年後の荒廃した世界。
そこではフォースインパクトの発生を目論むネルフと生き残った人類との戦いが続いていた・・・。
14年の歳月を経て人類の組織「ヴィレ」で目覚めた碇シンジは崩壊した世界と彼に憎悪の視線を向ける人々という過酷な現実を前に困惑し、絶望することになる。

しかし程なくして使途の襲来と共にシンジを迎えに来た零号機と共に彼はネルフに戻ることになる。
そこで出会った少年、渚カヲルに導かれ、世界と自らの救済のためにターミナルドグマ最深部に新型エヴァンゲリオン第13号機と共に侵入する。

それがフォースインパクトの始まりとも知らずに・・・。


【登場人物・組織】

■ネルフ
サードインパクトによって壊滅した旧第3新東京市の廃墟に存在するジオフロントを拠点とする組織。

不完全に終わったサードインパクトに次ぐフォースインパクトの発生を目論む人類最後の敵。
既に職員のほとんどが離反し、残った職員は実質的に碇、冬月のみで「人としての」組織としてはすでに崩壊している。

  • 碇シンジ
エヴァ初号機専属パイロット。14歳(実年齢は28)。
14年の歳月を経て覚醒するも、周りの環境の激変や自らの「願い」によって崩壊した世界を目撃し自分の罪に苦悩する。
世界を再生するためにカヲルと共にエヴァ13号機に搭乗し、ターミナルドグマの最深部に侵入するが・・・ぶっちゃけ今作一の被害者。
能動的に動いてこそいるが、やる事なす事裏目に出る。

  • 渚カヲル
元エヴァMark.6専属パイロット。
苦悩するシンジを導き、彼の願いを叶えるべく共に13号機に搭乗しターミナルドグマの最深部に向かうが・・・。
いろんな意味でシンジに冷たい登場人物の中で唯一彼と真正面から向き合って接した存在。

  • アヤナミレイ(仮称)
エヴァMark.9パイロット。
アヤナミシリーズの初期ロッドであり、シンジの知るかつての綾波レイではない。

また、本作で彼女のオリジナルとなったシンジの母親である碇ユイの旧姓が綾波ユイであることが判明する。

  • 碇ゲンドウ
ネルフ司令にしてシンジの実の父親。62歳。
ゼーレのキール・ローレンツに似たバイザーを装着している。
自らの望む形の人類補完計画の完成のため暗躍し、シンジにカヲルと共に13号機に搭乗するように命令する。

  • 冬月コウゾウ
ネルフ副司令。ゲンドウと共に人類補完計画を推し進める老人。74歳。
シンジに対して真実の一部を話す。

●ゼーレ
世界を裏で操り裏死海文書のシナリオ通りに人類補完計画の完成を目論む組織。
既に彼等の計画は半ば完成したためかゲンドウに対して計画の完遂を託し、舞台から退場する。
本作で彼らは肉体を捨て、死を克服した意識だけの存在として描かれており、ゲンドウによって「安らかな死」を与えられることになる。

◆エヴァンゲリオン第13号機
ネルフが完成させた人類補完計画の鍵となる機体。
ダブルエントリーシステムを採用しておりシンジとカヲルが搭乗する。
外観は初号機に似ているが4つの複眼、腕を持ち。従来のエヴァシリーズを凌駕する性能を持つ。
また、ATフィールドを持たない。
シンジの願いと共にターミナルドグマ最深部に侵入するが・・・。

◆エヴァンゲリオンMark.9
ネルフの所有するエヴァシリーズ。
外観はかつての零号機に似ているが、形状変化や全身がコアになっているなどその構造はエヴァよりも使徒に近い。
第13号機の護衛としてターミナルドグマの最深部に侵入する。

◆エヴァンゲリオンMark.6
かつてカヲルが搭乗していた人類補完計画のカギを握っていた機体。
現在はターミナルドグマの最深部、リリス「だった亡骸」の残骸と共に眠っている。

◆エヴァンゲリオンMark.4
ヴィレを襲う謎の敵で、ヴィレからは「ネーメズィスシリーズ」と呼ばれる。
基本的に円盤にエヴァの部品が生えている謎の形状をとっており、BDブックレットで初めて名称が明らかにされた。
エヴァ4号機との可能性は不明。



■ヴィレ
サードインパクト後、生き残った人類がネルフに対抗するべく結成した軍事組織。
フォースインパクトを阻止すべくネルフとし烈な争いを繰り広げている。
旧ネルフ職員が多数参加しているが軍と民間人の寄せ集め組織であるためその練度は低い。
意味はドイツ語で「意志」。

  • 葛城ミサト
ヴンダーの艦長であり階級は大佐。43歳。
サードインパクトとネルフの真実を知ったためか、かつての優しかった彼女の面影はなく、シンジに対しても終始冷淡な態度をとっている。
破のやりとりを見て彼女を見ると落胆する部分がチラホラ。

  • 赤城リツコ
ヴンダー副長。44歳。
ゲンドウの元を離れフォースインパクト阻止のためミサトを補佐する。

  • 式波・アスカ・ラングレー
エヴァンゲリオン改2号機専属パイロット。28歳。
かつての参号機の事故による負傷から復帰したが、負傷のためか左目にはアイパッチを着けている。
また、彼女曰く「エヴァの呪縛」のため14歳当時のままの姿をしており、シンジの事を「ガキシンジ」と呼び、憎悪している。
マリには否定しているが恐らく最もシンジの帰還を待っていた人物。

  • 真希波・マリ・イラストリアス
エヴァ8号機専任パイロット。28歳。
彼女もアスカ同様14年前と姿は変わっておらず、またマイペースな性格もそのままでありある意味で最もかつての面影を残している人物であると言える。

  • 鈴原サクラ
鈴原トウジの妹であり、碇シンジの管理担当医官。階級は少尉で年齢は20代前半。

シンジに対しては兄の友人ということもあり、比較的好意的に接しているが、
一方で彼が引き起こしたサードインパクトによって人類が絶滅の危機に瀕していることから、複雑な感情を抱いている。

◆エヴァンゲリオン改2号機
アスカの搭乗するエヴァンゲリオン。
14年前の第10使徒との戦闘で大破した機体を修復・改修した機体であり、頭部右側は応急処置を施された生々しい跡が残っている。
近距離戦を得意とし、ターミナルドグマ深部でシンジの乗るエヴァ第13号機とし烈な争いを繰り広げる。
アタッチメントにより様々な武装を使い分けが可能。

◆エヴァンゲリオン8号機
マリが搭乗する新型エヴァンゲリオン。パーソナルカラーはピンク。
中長距離戦を得意とし、アスカの2号機をサポートする。

◆AAAヴンダー
ネルフに対抗すべくヴィレが開発した超巨大空中戦艦であり「神殺し」の武器。
強力な兵装を装備し、単艦で使徒を消滅させる武力を持つ。
意味はドイツ語で「奇跡」。

◆エヴァンゲリオン初号機
14年前に覚醒し、サードインパクトを起こした最も神に近い存在。
Mark.6による封印後、その力を恐れたゼーレによってシンジとレイをプラグに閉じ込めたまま月に幽閉されていたが、
冒頭で弐号機、8号機によってヴィレに奪取される。
奪取後、ヴィレはプラグからシンジをサルベージすることに成功するが、そこに彼が助け出した綾波レイの姿はなかった・・・。

現在はその体から発せられる膨大なエネルギーを利用する形でAAAヴンダーの動力炉として「ヴィレ」に幽閉されている。
その戦闘時間は約12秒。しかも左目のみ。史上最短の主人公機である。


予告


生きる気力を失ったまま放浪を続ける碇シンジ。
たどり着いた場所が彼に希望を教える。
ついに発動する補完計画。
ファイナルインパクト阻止のため、最後の決戦を挑むヴィレ。
空を裂くヴンダー!赤い大地を疾走する、エヴァ8+2号機!



次回
エヴァンゲリオン新劇場版:||(反復記号)


さぁ~て最後まで、サービス、サービスぅ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/