天照帝(アマテラス・ディス・グランド・グリース・エイダス4世)

登録日 : 2011/08/20(土) 03:30:20
更新日 : 2017/07/04 Tue 08:07:55
所要時間 :約 6 分で読めます




「やはり、行く事にしよう……持っていく物もある」





◆天照帝(天照・ディス・グランド・グリース・84世)

「あまてらすのみかど」は永野護の漫画作品『ファイブスター物語』の登場人物で、同作の主人公。
正式な御名はアマテラス・ディス・グランド・グリース・エイダスフォース(天照家の男皇、グリース皇家、及び東方諸国の84代目の君主)。
劇中での呼称は上記の様に「天照帝」だが、他に「帝」「陛下」「エイダスフォース(フォース)」「ソープ様」等の呼び名が使われる。
デルタ・ベルン星の東方諸国の一つ、グリース王(皇)国の女帝であり、
強大なダイバーパワーを持ち「ダイバーズ・パラ・ギルド」の支配者でもあった天照の命(アマテラスのミコト)の処女受胎により誕生した、
グリース王国84代目の帝にして、グリース王国を中心としてデルタ・ベルンの全国家が統合されて誕生した、
超巨大国家A.K.D(アマテラス・キングダム・ディメンションズ)の永世皇帝である(統一を成し遂げたのは天照自身で、その絶対的なカリスマによる)。

先天性白子(アルビノ)であり、白い髪に白い肌、赤い瞳の持ち主。

生まれながらにして騎士の力とダイバーパワーを兼ね備え、イケメンで頭脳もずば抜け、さらに不老不死と云う……まさに、

完 璧 超 人。

なぜなら彼は光の神なのである。
神様なのである(大事なことなので二度(ry)
しかもそんじょそこらの神ではなく全能神。
……舞台となるジョーカー宇宙を作り出した全能神ジョーカーを作り出した存在(ああややこしい)。
つまり、彼がその気になれば生命だろうが現象だろうが空間だろうが時空だろうが因果律だろうが自由自在なのである(余りにアレなので、普段は自ら封印しているが……)。
因みにジョーカーの人々は天照がいつまでも綺麗なまんまで生きている事を訝しんでいるが「神様」とは思っていない。
……余りにバカらしい解答だからである。
……しかし、一部の……本当にごく一部の頭が良すぎて、逆に何とかが近づいて来てる人達、
(Dr.バランシェ、ダイヤモンド・ニュー、ディス・ボスヤスフォート)はちゃんと気付いており、挙げ句に対策も練っている。

……『ファイブスター物語』は「人」が「神」に挑もうとする物語でもあるのだ。

しかしそれは完全体である全能神「天照大神(アマテラスオオミカミ=アマテラス・ディス・グランド・フォーチュン・エイダスフォース)」になった時の話。
現在ではまだ全能には程遠いが、それでもその能力は作中に登場するあらゆるキャラクターを凌いでいる(カレン、U.R.Iなど未来のキャラを除く)。

一国の王としても優秀で、自身の圧倒的能力と頭脳がもたらす余裕からか、
感情論を一切取り入れない彼の政治はあまたの国の王、指導者から一目おかれるほどである。
そして国政には感情を挟まないものの部下の心情はしっかりと汲み取るため人望も厚い。

さらに天照はエイリアスと呼ばれる分身を使うことができ、その分身それぞれに人格があり、様々な場所へ出向いている。

【分身】

◆レディオス・ソープ
物語の実質的な主人公。
恐らく天照が1番良く使う姿。一般では超凄腕MHマイスターとして通っている。
某大統領(水戸黄門野郎)が危ない世界に突入しかけるほどいい男(美少年)なメカニック、
しかも後日、白昼のバスで襲われくそみそな体験? をしてしまう(キスまでです)。
英語表記を逆から読むと「ポセイダル」。
天照が人格を学ぶ為の最良のモデルであり、天照本人とは別の、情に篤い性格をしている様だ。
幾つもの時代に同じ名前の人物が現れる為に、一種の称号と星団の人々には思われている。

◆ソープ'(ダッシュ)
♂ソープと名前は変わらないが性別は女のコ。
星団史上最高の美少女(公式)。
バイア(魔導士と騎士の複合)である。
……厳密には違うけど。
記憶力が怪しいボケ娘だが、デイモス・ハイアラキに認められた剣の使い手。
尚、レディオス・ソープとは天照の幼名であり、ソープとソープ'は「分身」と云うより「変身」に近い。

◆メル・リンス・ウザーレ・ターマ
強力なダイバーであり、ミコトから引き継がれたダイバーズ・パラ・ギルドのリーダー。
分身の中で最も感情的に優しいが、友人のバランシェを彼の息子であるカイエンから守る為に彼の両腕を落としているとか……。
英語表記を逆から読むと「アマテラス」。


◆東(あがり)の君
和風の男性で最も冷徹。現在能力は不明。
ダイバーと思われるが……?



【その他】
イケメンで不老不死で頭脳明晰で人望もある彼だが唯一の欠点? は感情を持たないことである。
彼は神であるため人間の持つ感情を持ち合わせていないのだ。
作中でコロコロと豊かな表情を見せているが、あれは全て母であるアマテラスのミコトの教育による反射に過ぎないのだ。

本人もそのことを自覚しており、第二の妻であり本作のヒロインであるラキシスを娶る時も、
感情のない自分に果たして愛するということができるのだろうかと苦悩し、その悩みは暫く彼を苛めた(後にバカップル化するが)。
ちなみにギャグ、ユーモア等は道化のスペクター(人に化けたジョーカー)が教えたとか……。

自らは戦争をおこさず、その政治手腕から多くの国から好感を得ていたA.K.Dと天照であったが彼は突如として星団侵攻を開始した。
彼の設計したL.E.Dミラージュの圧倒的性能もあり各国の抵抗もむなしく星団は天照の手によって統一される。
しかし星団統一後隠居し自身のコピーであるファティマ、ユーパンドラに全権を委譲した。
ユーパンドラの失政と反乱軍の活動によりA.K.Dは崩壊、
天照は星団侵攻の際に行方不明となったラキシスを探しにA.K.D国民、ミラージュ騎士団と共に旗艦ザ・ウィルで星団を去る。

恐らく彼は争いの堪えない星団の現状を嘆き、自らを共通の敵にさせることで、
各国を協力させるために星団侵攻に乗り出したのであろう(契機となるのは友人であるミッション・ルースの間際の遺言)。

ザ・ウィルで星団を去ってから数千年後、彼は緑の星フォーチュンにてラキシスと再会。
娘カレンを誕生させ、自身も更に上位の存在へとシフトしていったのだった。
※他、カレンとその夫となるU.R.I(ユーリヒ)、タイカ十曜の巫女シルヴィス、
その騎士であり夫となる剣聖マキシ(ファーンドームの星王)の姿も確認出来る。

余談ではあるが彼とラキシスの乗機であるナイトオブゴールドは、
幼少のラキシスの「黄金のMHで迎えに来て」という約束をそのまま丸呑みにした機体であり、装甲は全て硬化処理を施された純金である。
国税ェ……と云う事は無く、全て天照の私財である。
※挙げ句にミラージュ騎士団の装備と給料も天照のポケットマネーから支払われる……神ェ……。
原型となったのは『FSS』自体の原案でもある『重戦機エルガイム』の敵役であるオルドナ・ポセイダル。
レディオス・ソープの名称の由来でもある。

劇場版アニメでは堀川亮(現:堀川りょう)が演じていた。
熱血なソープはともかく、クールなイメージの天照には合わないと云う意見も……。





追記・修正はA.K.D国民の方よろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/