タクティモン

登録日 :2012/05/06(日) 21:42:34
更新日 : 2017/03/22 Wed 23:14:34
所要時間 :約 6 分で読めます





「タクティモン」はデジタルモンスターの一種。
デジモンクロスウォーズからの新種であるため、世代・属性はない。


基本データ
種族:魔人型

《必殺技》(アニメ・漫画版のみの使用技も含む)
◆タネガシマ
◆鬼神突
◆星割り

◆壱の太刀:「蛇鉄封神丸」を地面に叩きつけ衝撃波を放つ。

◆弐の太刀:デジタルワールドに漂う消滅したデジモン達のデータを悪霊の如く甦らせる。

◆参の太刀:タクティモンの最終奥義。

◆天守閣

◆地鎚閣

◆死の太刀
アニメより。「蛇鉄封神丸」の封印を解いた後に使用。

◆悟の太刀 五稜郭
◆無の太刀 六道輪廻
漫画より。「蛇鉄封神丸」を鞘から抜いた後に使用。


「蛇鉄封神丸」と呼ばれる無双の剣を持つ武人デジモン。
「蛇鉄封神丸」には星を真っ二つにする程の禍禍しき力が封じられており、この剣を抜くことは星の崩壊を意味する。ゆえにタクティモンはこの剣を抜かずに闘うが、それでも脅威の破壊力を発揮する。
絶大な威力を秘めた「蛇鉄封神丸」は誰にでも扱える剣ではない。それだけでもタクティモンの実力の深さがうかがい知れる。
武人としての実力もさることながら、「知謀、泉が如く湧くがごとし」と言われるほど計略と戦略に長けており、タクティモンの真の実力は腕力ではなくその知謀にある。
タクティモンが軍団を率いるとき、既に勝敗は決しており「闘う前に勝利が決まっている」と言われる。様々に張り巡らされた計略によりタクティモンが戦場に立つ時にはすでに絶対的な有利さが保証されているのだ。


◆登場人物としてのタクティモン

「デジモンクロスウォーズ」
CV:島田敏
「パーフェクト」という言葉を好む、バグラ軍の三元士の一人。
手に持った巨大な刀「蛇鉄封神丸」と、背中に装備した大砲「タネガシマ」を使用して戦う。
同じ三元士のブラストモンからは「タクちゃん」と呼ばれている。

三元士の中で最初にタイキたちの前に姿を現した。初めて対面したのはマグマゾーンの時。
マグマゾーンのボスのエンシェントボルケーモンをはじめ、それより前のゾーンのボスだったマッドレオモンネプトゥーンモンは彼の部下だった。
クロスハートと対面する前から、これらのデジモンを使い、その戦略によってタイキたちを妨害していた。
また、バグラ軍時代のドルルモンの上司にあたる。

「蛇鉄封神丸」は封印によって抜刀することが出来なくなっており、その封印はバグラモンにしか解くことが出来ない。
フォレストゾーンでは「蛇鉄封神丸」を封印した状態でシャウトモンX4Bと戦闘。この状態では両者互角だった。

三元士達によるコードクラウン争奪戦では、獲得したコードクラウンの数が一番多かった。

ソードゾーンでは「蛇鉄封神丸」の封印を解いた状態でタイキやキリハ達と交戦。この時はシャウトモンX5とデッカーグレイモンの2体を圧倒する程の力を見せた。
最終的にシャウトモンX5Bとグレイモンの攻撃によって人間界へ飛ばされた。

人間界ではデジタルパワーを吸収し続け巨大化し、暴れまわっていた。その姿にもはや「知将」の面影は無かった・・・。
最期はオメガシャウトモンによって倒された。この時、遺された刀は海へと落ちていった。


さて、タクティモンの特徴はというと、その手に携えた刀「蛇鉄封神丸」なのだが、なんとアニメ作中においてこの刀は一度も


抜刀された事がない

つまり、 ずっと鞘に納められたままだった のだ。
設定にある様な「星を真っ二つにする程の禍禍しき力」は流石にバランスブレイク過ぎると判断されたのだろうか?

しかし、上で「刀の封印を解いた」と書いていたではないか?と疑問に感じる人もいるだろう。
紛らわしいが、これは「刀に封印された力を解放する」という意味合いであり、「刀の封印を解く≠刀を鞘から抜く」という事である。

三元士の中で唯一、第1期の内に倒されており、第2期に登場した新幹部のデスジェネラルはオメガシャウトモンを圧倒する程の力を持っていたりと、立場が無い。

特に、デスジェネラルの一人であるグラビモンは、「知謀、泉が如く湧くがごとし」のタクティモンに対し「知謀、湧くが如し」と、 おもいっきりキャラが被っている


しかし、タクティモンが人間界に遺した「蛇鉄封神丸」はバグラモンが人間界に侵攻するための足がかりとなった。
また、人間界に飛ばされたタクティモンに干渉したことによって、デジタル空間を彷徨っていたウォーグレイモンエグザモンのデジメモリが人間界へ接近する事ができた。

実は最終決戦において、敵味方双方に影響を与えていたのだ。


デジモンクロスウォーズ(漫画版)
アニメ版と同じくバグラ軍三元士の一人。三元士の中でも最強とされる。

アニメ版とは比べ物にならない程の強敵として描かれている。また、 アニメ版では最後まで鞘から抜いたことが無かった 刀も抜いている。

刀の封印を解き、 鞘から抜刀した状態 では、三体以上のロイヤルナイツを同時に圧倒し、シャウトモンX7をも退けるという桁外れの力を誇る。
超進化したデジモン達がエヴォリューションクロスしたシャウトモンEX6とも渡り合っている。

その正体は、「蛇鉄封神丸」を振るう器として、数万年分の武人デジモン達の無念の残留魂魄のデータを練り固めて作られたデジモン。

「蛇鉄封神丸」は、デジタルワールドを分断するためにゼロアームズ<オロチ>のデータを元にバグラモンによって建造されたという設定になっている。

最期は、シャウトモンEX6とシューティングスターモンの合体技「リュウセイロックダマシー」を喰らい、シャウトモン達の夢に期待し、彼らを称えながら倒された。

(フッ…!この堅物が呵々と笑う未来とな!!?


面白いっ…!!!)

特別編のスタジアムゾーンでは、タネガシマでスタートの合図をしようとするもドンドコモンに阻害されてしまう。
コードクラウンが便所に流れていくのを見届けた後、タイキ達の健闘を称えて去っていった。

スタディーゾーンでは算数教師として登場。
「定積分」の問題を出すもバリスタモンに解かれてしまい、かなり落ち込んでいた。OTZ

ばぐら家ではお父さんに。家族想いで親バカ。かなり愉快な人になっている

「あ、でもチョイ悪なネネも悪くないかも……」

「良い子は先のとがったモノで友達に鬼神突しちゃだめだぞ!!!タクティモン先生との約束だ!」



追記・修正はパーフェクトにお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/