キャンチョメ(金色のガッシュ!!)

登録日 :2011/05/17(火) 00:47:30
更新日 : 2017/08/30 Wed 23:03:36
所要時間 :約 5 分で読めます







もう僕のせいで誰かがいなくなるのは嫌なんだ!!


キャンチョメとは金色のガッシュ!!に登場する百人の魔物の一体である。
(CV.菊地正美)

パートナー;パルコ・フォルゴレ
魔本の色; 黄色



アヒルのような容姿に赤ちゃんのような服を着ている。
臆病で泣き虫な性格であり、魔界では泣き虫キャンチョメと呼ばれていた。

暴力を嫌い、時には敵わない相手にもたち望む勇気を持っており、優しい心の持ち主である。

常に持ち歩く程お菓子が大好きであり、その所為でサーカスや南極に行く羽目になることも…


魔界で同じ落ちこぼれだったガッシュを狙いに日本にやって来たが、返り討ちにされる。
その際にフォルゴレからの言葉もあり、強くなろうと決意する。



千年前の魔物編では清麿の指示もあってだが、「化ける」術の特性をフルに活用し、自分でも皆の役に立てた事に喜びを感じていた
(現に何体かの魔物の本を燃やしている。殆ど不意打ちだが)

キッドと共にベルギム・E・Oと対戦するも、キッドが魔界に帰ってしまい、仲間を失う事への恐れが芽生え始める。



ファウード編にて、ガッシュと共にキースと戦うも全ての術を見破られてしまい一時戦線を離脱する。
しかし、キッドが魔界に帰った時の“失う事への恐怖心”が甦り、満身創痍の身体で再び戦いに。
そんな彼の勇気が魔本に新たな呪文を出現させ、勝利へ導いた。
この辺りからギガノ級の術を打ち破り、ディオガ級の術を止める等周囲と遜色ない力を付けてきている。



クリア編では本来の術の潜在能力(後述)が目覚め、修業過程で一度ガッシュに勝利した。
その実力は清麿に躊躇いなくバオウを選ばせ、そのバオウをあっさり打ち破るほど。

ゴームに圧倒的差をつけ優位に立つも、大きな力を手にした事で負の心が芽生えてしまい残虐な性格になってしまう。

しかし我らがフォルゴレの身体をはった説得(※本人の項目を参照)により、元の優しいキャンチョメに戻る。

その後、その術を危険と見なしたクリアの遠距離魔法によって本を燃やされてしまうものの、
ゴームとは魔界で友達になる事を、フォルゴレとはいずれ彼の様な強さと優しさを兼ね備えたヒーローになる為に頑張ると約束した。




【術一覧】

『物に化ける』『幻影を生み出す』等といったトリッキーな術を使用する。


●第1の術《ポルク》
自分の身体を特定の物に変身させる。(大きさの上限は不明)
変身した物の能力は使えず見かけ倒し。人物に変身した場合は身体の一部が異なる(鼻が長い、頭が長い等)。が、千年前の魔物編以降はほぼ完璧な変身をするようになった。
千年前の魔物編では「相手の視覚を欺く」ことに利用される。コポルクと共に不意打ちで使われたり、仲間の姿を一時的に隠したりした

●第2の術《コポルク》
自分の身体を小さくする術。
主にこの術でマッチ棒を使用して気付かれないように本を燃やす。
恐らく全術でも例のない「弱くなる術」。

●第3の術《ディカポルク》
自分の身体を巨大化させる術…ではなく、巨大化した自分の幻を出現させる術。
主に相手の技の無駄撃ちを誘う事が狙いだが、一度バレてしまうと…

●第4の術《ディマ・ブルク》
自分の実体のある分身を8体出現させる。
単体能力も高く、連携攻撃によって相手を翻弄する。集まればギガノ級を跳ね返し、ディオガ級にも数秒耐えられる。

●第5の術《フォウ・スプポルク》
手から出した音と光を魔物かパートナーに浴びせ、「術を止める」「心の力を止める」信号を脳に伝え術を強制終了させる。
初見の相手は「自分の術が消された」と思い込む。

●第6の術《ミリアラル・ポルク》
特殊なガスを発生させ、一度見たことのある呪文を唱えると、そのガスによって相手に「呪文が発生した」という強力な暗示がかかり、肉体的にダメージを与える事ができる。
ただし唱える呪文を標的が正確に詳しく知っていなければならないので使う場面が限られる。基本的にはこの術でダメージを与えるには、対象がその呪文を唱えられる魔物である必要がある。
(例えばブラゴの術を唱えてティオを攻撃しようとしても、ティオがその呪文を正確に知っていないと効果が薄い)

●第7の術《シン・ポルク》
今作の最強術の一つ。
キャンチョメの“シン”の術。
効果は大別すると「自分の身体を思った通りの姿に変える」「周囲の空間に思った通りの幻を作る」
「身体や幻に思った通りの暗示効果を付ける」の3つ。
これにより例えば「術を消す」という暗示効果を体や幻に加えれば、相手は術を自ら強制終了させてしまうし、
さらには「痛み」を暗示で与え、幻による強烈な苦痛を味わわせることもでき、
身体が千切れる、血を流す等の幻と合わせればさらに苦痛は増す。
早い話が発動中は全部キャンチョメの思い通り。


この能力は視覚や聴覚だけでなく接触した部分にも直接かかる為、
相手は目を瞑っていても暗示から逃れられず、精神ダメージをくらい、
いずれは 精神崩壊を起こす可能性 もある上に、現にこの術を覚醒させた張本人であるデュフォー曰く 「(ガッシュと清麿ですら)手加減していなければ死んでいた」 と言わしめる程。

あくまでも彼の術の特徴である幻覚・変身・神経操作を総駆使した精神攻撃である為、実際の肉体ダメージは小さいらしい。術を解くと肉体へのダメージは殆ど残らない。

なお、本来の使い方は前述のゴーム戦を終えた直後の本人曰く「楽しい幻覚や美しい風景を見せて術を受けた者を楽しませる」というものらしい。

●第?の術《ガポルク》
ゲームオリジナル呪文。ポルクと 違って実際に変身したものの能力 を使用することができる。 




魔界に帰ったら追記・修正しよう

この項目が面白かったなら……\ポチッと/