リリスモン

登録日 :2009/07/14(火) 23:15:05
更新日 : 2016/09/16 Fri 01:46:50
所要時間 :約 5 分で読めます




世代:究極体
タイプ:魔王型
属性:ウイルス
"暗黒の女神"と呼ばれる魔王型デジモン。
七大魔王」の一角にも名を刻み、【色欲】を司る。

元々はオファニモンと同種族の上級天使だったが、ダークエリア(闇)に堕ちてこのような姿になってしまった。
悪に寛大であり、善には冷酷非道な一面を見せる。

右手の金色の爪「ナザルネイル」は触れるもの全てを腐蝕させ、妖しくも美しいリリスモンの誘いに乗ったものには必ず死が与えられるという。

名前の由来は、妖怪や悪魔として神話や伝承に登場する『リリス』から。
なのだが何故か姿のモチーフは花魁。

初めて七大魔王の存在と所属を示されたデジモン。
リリスモンが出るまではデーモンベルゼブモンは七大魔王に属していなかった。

実はアニメ、漫画では未登場。
必殺技がガス兵器に類する物や対象を腐食させてしまうという映像的に難がある物である為に、今後の作品で活躍する機会は多くは無く、スタッフも動かしづらいと感じたのだろう…。

と思いきやデジモンクロスウォーズに出演。

容貌はデジモンにしては珍しくほとんど人間の女性の素顔そのもの。デザイン上最も人間に近い部類である。

何気に和風でふつくしく、そしてエロい…。


◇必殺技
◆ファントムペイン
暗黒の吐息で相手を呪い殺す技。この呪いは体の末端からデータを消失させ、死してなお、痛みに苦しめられるという。
種死は関係ない

◇得意技
◆ナザルネイル
右手の爪で相手を腐蝕させる技。


◇アニメでのリリスモン
前述の通りデジモンクロスウォーズにて登場。

長いことアニメへの登場を期待していたファン達は第一話でほぼシルエットのみとはいえ不適に笑うリリスモンの姿を見て歓喜したことだろう。
だが、第三話にて予想以上のケバくなったリリスモンの姿に少しガッカリしたファンも多く、デジカのデザインのが良いじゃないかと言う声もちらほらあった。

作画に恵まれた回では美しいため最近ではそんな声はあまりない。

ちなみにこの作品ではバグラ軍三元士であり七大魔王としての設定はない。
そのためか、現時点では同じくクロスウォーズに登場しているベルゼブモンよりも強いと思われる。

氷鏡の幻術や 左手の毒爪 などを作中では使用。

そしてクロスウォーズでのリリスモンの最大の特徴は 爆発 である。
この 爆発 をすると言動が激しくなり、周りのデジモン達を強化吸収させ、使役する。

噛ませな時もあるが基本ガチで強いのであまり気にならない
しかし、CV.桑島法子でガチの悪役とか、不安でならないぜ。


そのほかの媒体では七大魔王というネームバリューに加え、貴重な綺麗どころなので結構目立つ位置に居ることが多い。



◇ちなみに
……実は、デジモンには性別が存在しない。
なのでデジモンに通じる色欲とは一体何なのだろうか?
なので紅一点に"?"をつけさせて頂きました。

案外、その対象は我々人間(テイマー)なのかもしれない。
日夜、リリスモン様に出会うためにカードに資産をつぎ込まされるテイマー達……うん、まさに魔王の所行。


デジモンクロスウォーズ(漫画版)でのリリスモン
アニメと同じく三元士の1人であり魔王級デジモン。
ロイヤルナイツからは、自らの欲に忠実なために誰かの傘下に下ることはないと思われていたが、その思惑も外れバグラ軍に加わっている。

バグラモンこと陛下に恋心を抱いており、魂を別の器に移されるような真似事をされてもそれすら愛の鞭と考えてしまうくらいゾッコン。
これもまた色欲という業にかせられたリリスモンのあるべき姿なのだろう…


その戦闘能力は他の三元士の中では一番低いものの、ダークナイトモンとの戦いでかすり傷1つくらうだけ(ダークナイトモンは腕1つ無くす)等と魔王級だけはあって高い。
魔法陣の防御壁や、巨大魔法陣からの黒魔法と好守に優れている。

コミカルなシーンではかなりかわいらしい表情を見せるが、
やはり感情か高まると“爆発”してしまい、ゾーンを全て飲み込むブラックホールを出現させてしまい、度々ゾーンを崩壊させている。


X7との戦いでは、既に並みの魔王級デジモンの力を越えているX7に歯が立たず、複数の防御壁を張るもクロスバーニングロッカーの衝撃を緩和しき切れず髪飾りが外れ黒髪ロングになってしまう。

X7とタクティモンの戦いではサポートのような攻撃を行い、皇帝陛下を守るためとリベンジマッチを仕掛けた。
…か、そこにブラストモンを吸収したダークナイトモンが現れ、ブラストモンの敵を打とうとするも敗れ、 服はビリビリになり壁に張り付け状態に

最終的に強制デジクロスによりダークナイトモンの一部となった。
彼女は最後まで皇帝陛下のために、自分の“色欲”に忠実に戦ったのだった…


その後、ダークナイトモンを取り込んだズィードミレニアモンが強制クロスオープンした時に一緒に分離したらしく、愛する主人が消えたことに打ちひしがれていた。
が、後日談では懲りもせず元気にシャウトモンたちにチョッカイを出し続けているようである。




リリスモン、七大魔王が好きな人、腐る前に追記・修正頼みます。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/