インプモン(デジモンテイマーズ)

登録日 :2011/09/11(日) 11:58:22
更新日 : 2017/06/05 Mon 21:42:22
所要時間 :約 7 分で読めます




インプモン進化!
魔王ベルゼブモンの戦慄


つながる心
復活のベルゼブモン



インプモンはデジタルモンスターの一種。ここでは『デジモンテイマーズ』に登場するインプモンについて記述する。

CV:高橋広樹



物語開始当時から現実世界にいたデジモン。
端的に言えば悪ガキ的な性格であり、新宿近辺で適当な相手をからかって遊んでいた。
テイマーと共にいるデジモンを「人間に飼われている」とバカにしており、「人間に頼らず一人で生きてる俺カッケー」という若干厨二的な考え方をしている。
しかし、それは過去に自分のパートナーである幼い姉弟(アイとマコ)との確執によって心に傷を負っているためで、他人をからかうのも、テイマーを持つデジモンをバカにするのも、その裏返しである。
そのため、テイマーに頼らず一人で進化して強くなるという信念を持っており、自分の非力さを嫌っている。

ギルモンやテリアモンやクルモンとは「テイマー頼りの情けないデジモン」「人間に媚びてるデジモン」とバカにしながらも一緒に遊んだりと仲良くもしていた。
またテイマー不必要を力説しているため「テイマーとはなにか」という疑問を持つレナモンと度々問答をしていた(インプモンがまともに返答できたためしはないが)

中盤でデーヴァの一体、インダラモンに戦いを挑むが、成長期が完全体に勝てるわけもなくボコボコにされた。
傷ついたインプモンは、シャッガイのトラブルでデジタルワールドと現実世界が繋がった際にスーツェーモンに導かれデジタルワールドに落下。
そこでデーヴァの一体チャツラモンに出会い「 進化の力を与える代わりに、テイマーに頼った“間違った進化”をするデジモン(つまりギルモンたち)を倒せ 」という契約を持ちかけられる。
最初はギルモンたちを殺すという契約に迷うが、幻覚によって自分の弱さを突き付けられて「力を得られるならなんでもする」と了承。
デーヴァの主こと四聖獣スーツェーモンの力で究極体ベルゼブモンに進化した。


しかし念願の“力”に酔い、ベルゼブモンは力に呑まれ増長「踊らされている」と彼を諭そうとした樹莉のパートナー・レオモンを殺してロードしてしまう。
これにキレたタカトとメギドラモン(ギルモン)に一度は追い詰められるものの、タオモン・ラピッドモン(両者共にエイリアスによる分身)・マクラモンを吸収して逆転する。

終始スピードとチャツラモン吸収によるパワーアップでデュークモンを追いつめ、そのまま独壇場になるかと思われたが、デュークモンに敗北した。

デュークモンはベルゼブモンに止めを刺そうとしたが、樹莉が「これ以上悲しい思いをするのは嫌」と戦いを止めたため生き延びる。
「チッ…なんだってんだよ…」

その後、自分の行いに苛まれながらデジタルワールドを放浪し、途中でクリサリモンの大群に遭遇。
「もう力なんていらねぇ!!」
と嘆きながらエネルギーを吸われ(?)インプモンに退化。
タカト達が現実世界に戻る際、留姫とレナモンによって連れられ一緒に戻った。

現実世界に戻ってからは、いままで避けていたアイとマコに会いに行きインプモンに対する接し方を反省した姉弟と仲直りした。
テレビでギルモンたちがデ・リーパーと戦い苦戦していることを知り助けに向かう決意を固める。
オレのダチがピンチなんだよ…

待ってろ!アイ、マコ!おれは必ず帰ってくる…(インプモン)…この戦いが終わったら…必ず!(ベルゼブモン)
ベルゼブモンに進化、ブラストモードとなる

タカトたちを助けたことでテイマーズとも和解、この時のラピッドモンとのやりとりは微笑ましい。
インプモ〜ン

インプモンじゃねぇ!今の俺はベルゼブモン様だ!それも…本当の究極進化…ベルゼブモンブラストモードだぜ!!

カッチョいい〜インプモ〜ン♪

だからベルゼブモンだって言ってんだろ!

そして樹莉救出のためゲートキーパーと対峙

ウルセェェーッ!!樹莉の声真似なんかしやがって!貴様に…何が分かるってんだよ!!
……今更…許してくれなんて言うつもりはねぇんだよ…でも…それでもなぁ……それでも俺が樹莉を助けるんだよ!!

カオスフレア!!!

最終局面では樹莉を助けたい一心から、彼女を囲う壁を破壊するためにレオモンの『獣王拳』を使用した。
バリア破壊に成功するが、獣王拳を使ったがためにレオモンを思い出した樹莉はベルゼブモンを拒否。
救出は失敗し、樹莉救出に一心不乱だったベルゼブモンは背後から攻撃を受けて重傷を負ってしまう。
このため劇中の戦闘はこれが最後となる。
その後、アイとマコに看病される最中、紫のデジヴァイス(ディーアーク)が出現。
ようやく姉弟はインプモンのテイマーとなった。

最終回では樹莉から無事を喜ばれ、他のデジモンたちと共に幼年期に退化、デジタルワールドに帰っていった。


劇場版『暴走デジモン特急』ではベルゼブモンで登場。
暴走するロコモンに対してベヒーモスで並走しながらベレンヘーナで攻撃するが通じず、 転倒事故 を起こし退場。
その後はパラサイモンに襲われた小春とロップモンの下にブラストモードで駆けつけ二人を守った。

EDでは皆と仲良くパーティーしている。
余談だが、『デジモンクロスウォーズ』のベルゼブモン(XW)が、急に出てこなくなった時は「ロコモンにやられたトラウマでグランドロコモンがいるダストゾーンを避けた」と言われていた。


なお、インプモンは元々主人公のパートナーデジモンの予定だったが、さすがにこの内容で主役はまずかったのか取りやめになったらしい。そのため主役はギルモンになり、インプモンは『テイマーとの関係で悩みを持ち一人孤独に生きるデジモン』『悩みゆえに道を誤り挫折』『そこから再び立ち上がる』という“デジモンとテイマーの関係”の過ちを描きつつ王道で成長する裏の主役となった。


【進化形態一覧】
インプモン
成長期/ウィルス種/小悪魔型
必殺技:ナイト・オブ・ファイアー
得意技:サモン・フレイム
基本の姿。赤いスカーフが特徴。
当初は指から火の玉を飛ばして人間を脅かすなどイタズラばかりしていた。
建築物の上を跳び回って移動している辺り、それなりに身軽。
テリアモンに攻撃して技ごとプチツイスターで吹き飛ばされたり、大人しいグラウモンを火の玉で追いかけ回し、怒ったグラウモンにエキゾーストフレイムうたれてビビって逃げたり戦闘(にもなってないが)ではいろいろ情けない。
インダラモン(完全体)に挑む姿は男らしいが、同時に哀しくもある……。



オレの名は……ベルゼブモン


ベルゼブモン
究極体/ウィルス種/魔王型
必殺技:ダブルインパクト
得意技:ダークネスクロウ・ハートブレイクショット
十二神将との契約によって進化した究極体。
クリサリモンやインフェルモンを瞬殺するなど凄まじい力を持つが、その力に溺れることになる。
左腕にインプモンの赤いスカーフを巻いており、レナモンは真っ先にインプモンの進化体だと気付いた。
レギュラーキャラではレオモン、ラピッドモン、タオモン、マクラモン、チャツラモンのデータをロードしており(ラピッドモンとタオモンはパワーのみ吸収)最初は圧されていたメギドラモンに逆転するなどかなりパワーアップした。
ちなみに本作での進化の特殊性から、未だに明確な正規進化ルートの成熟期、完全体がいない。

〈ベヒーモス〉
デジタルワールドを走り続ける呪いの暴走バイク。“鋼の獣”と呼ばれる。
認めた乗り手でなければ乗った者の意識を支配してしまう。
ベルゼブモンが乗りこなし、以降はベルゼブモンの愛車となるが、デュークモンとの戦闘中に破壊された。
パラレル設定の劇場版ではリアルワールドで登場するが、ロコモンに破壊された。



アイ、マコ。ありがとよ!
ベルゼブモン、ブラストモードォッ!!


ベルゼブモン ブラストモード
超究極体/ウィルス種/魔王型
必殺技:カオスフレア、獣王拳
得意技:デススリンガー

アイ&マコと仲直りしたインプモンが本当の究極進化を果たした姿。
ベルゼブモンの目が赤から緑に変わり、背中から翼が生え、マコから貰った玩具の光線銃が変化した陽電子砲を右手に備えている。
初進化は作中でも有数の名シーン。
設定の技以外に、樹莉を救うためレオモンの『獣王拳』を使った。
陽電子砲はデ・リーパーとの戦いで破壊されたため、恐らくテレビ本編の世界では完全なブラストモードは不可能になったと思われるが、パラレル設定の劇場版では普通にブラストモードになっている。


ニンゲンがオレ様の項目を書き換えるってぇ?
あり得ね〜

この項目が面白かったなら……\ポチッと/